1709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新座市議会 2019-09-25 令和 元年第3回定例会-09月25日-11号

また、特定健診の受診率も若干ですが、上がっておりますし、生活習慣対策人間ドック助成などもあり、評価ができます。認定します。  別の方です。今後も生活習慣などの特定健診を随時推進していただきたい。また、積立金が11億円になる点も評価するのですが、次の保険税のときには応能応益割をしっかりと考えていただきながら、激変緩和という形の中でも、それも含めた中で保険料は算定していただきたいと思います。  

川越市議会 2019-09-24 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

こちらのほうの進捗状況でございますが、まず個別の事業といたしましては、生活習慣の予防事業、それから啓発ということで、保健事業はいろいろと啓発をしていかないと、皆さんなかなか御自分の御健康のことに関しても無関心という層がいるということでございますので、啓発。

川越市議会 2019-09-20 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

280 健康づくり支援課長 保健医療部で健康づくり支援課のほうでは、糖尿病に特化したわけではありませんが、生活習慣予防ということで食に関する部分では野菜三百五十グラム食べましょうですとか、また健康まつり、あるいは地域健康相談会を、例えば清涼飲料水にどのくらい糖分が入っているのか、そういったものを視覚的に見えるように、スティック砂糖何本この中に入ってますよというような

狭山市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月19日-05号

◎三ツ木正幸 長寿健康部長 特定健診に聴力検査がない理由につきましては、特定健診の健診項目は、問診、身体測定、血圧測定、内科診察、血液検査、尿検査等であり、その目的糖尿病等の生活習慣の予防と早期発見にあることから、健診項目に聴力検査は含まれていないものであります。  

狭山市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月10日-02号

5款保健事業費は、主に被保険者の健康増進を図ることを目的として義務化された生活習慣に着目した特定健康審査・特定保健指導に対する負担金であります。  なお、特定健診の受診率は37.7%であり、前年度と比べて0.5ポイント増加し、また、特定保健指導の実施率は17.0%であり、前年度と比較して2.5ポイントの増加でありました。  308ページをお願いいたします。  

狭山市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月06日-01号

次に、4目予防費、1番予防接種事業費は感染症の流行の防止及び発病・重症化の予防のための子どもや高齢者への各種予防接種に要する費用であり、2番食育推進事業費は健康のための望ましい食習慣づくりなどの推進に要する費用であり、3番成人保健事業費はがん検診や健康診査のほか、糖尿病などの生活習慣予防等に関する健康教育健康相談等に要する費用であります。以上であります。

川越市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4日・9月5日) 本文

平成三十年度に実施いたしました主な保健事業につきましては、特定健康診査や特定保健指導、さらに生活習慣重症化予防対策事業として糖尿病性腎症重症化予防事業などがございます。特定健康診査につきましては業務委託により実施しておりまして、平成三十年度支出額は三億七千十六万七千九百九十八円でございます。  

川越市議会 2019-06-19 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

これを参考に、福祉事務所データに基づき生活習慣等の発症予防や重症化予防等を推進するという方針になっております。  具体的には、生活保護受給者が医療を受けているときに、診療のデータ、レセプトデータと言っておりますが、そこから対象者をまずシステムで抽出、分析しまして特定し、保健師等の専門職によって直接その対象者に保健指導生活指導を行うと、それで受給者の自立の助長を図っていくという目的があります。

川越市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

また、令和元年度に実施予定している新規事業につきましては、子供から両親や祖父母へ健診を受けるようにするなどのメッセージを送る健康メッセージ事業と、後期高齢者医療保険など他の医療保険者と協力し合い、特定健康診査受診勧奨のチラシ配布や、生活習慣重症化予防のための地域でのイベントを共同で実施する、他の医療保険者との共同事業の実施の二つの事業がございます。  

新座市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会−03月19日-13号

生活習慣の重症化予防対策事業は、糖尿病の重症化を予防するということで、週3回やる透析まで至らないようにする大事な施策だと思うのですが、しっかり事業が進んでいるのかどうか。  答弁。これは、埼玉県埼玉県医師会と連合会で委託して実施している事業です。受診勧奨事業、保健指導事業と継続支援事業ということで実施をしているところです。

草加市議会 2019-03-12 平成31年  3月 福祉子ども委員会−03月12日-01号

次に、6款1項保健事業費につきましては、医療費通知人間ドック助成金、生活習慣重症化予防対策事業、ジェネリック医薬品利用差額通知書作成に係る負担金などで4,423万6,000円を計上させていただいております。  2項特定健康診査等事業費につきましては、特定健康診査及び特定保健指導にかかわる費用でございまして、2億6,897万8,000円を計上させていただいております。

川越市議会 2019-03-12 平成31年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文

三十代以降のいわゆる生活習慣を原因とするがんについては、そういう予防法が科学的に実証されていますけれども、それ以外のもっと若い方がかかる白血病とか肉腫は実は原因がほとんどわかりません。遺伝的なものとかそういうことはいわれているんですけれども、予防については、国のほうも施策の位置づけとしてはございませんで、そういう方々に対しては診療体制を強化するというようなことになってございます。  

ふじみ野市議会 2019-03-08 03月08日-05号

これまでも小中学校における口腔衛生指導は、虫歯予防だけでなく、広く生活習慣等の予防につながる健康教育の一環として取り組んでまいりました。今後は、歯磨きによるインフルエンザの予防等に取り組む自治体学校の実践及び成果について、学校情報提供し、健康教育のより一層の充実を図ることができるよう指導をしてまいります。 ○堀口修一議長 篠澤こども・元気健康部長

川越市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第15日・3月7日) 本文

さきの調査では、健康づくりで関心のあることについては、食生活との回答が最も多く、次いで運動、生活習慣と続きますが、今回の質問では、運動による健康づくりを中心に伺っていきたいと思います。  二〇一六年の一般質問において、「健幸」、ここでは健康の健に幸せという字を当てます。

春日部市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-07号

このように身近なかかりつけ医との関係を深くすることが、被保険者の健康増進、生活習慣の予防につながるものと考え、その受診率、利用率の向上に努めているところでございます。今後におきましても、被保険者の健康増進、医療費の適正化に最も効果的である特定健診と各種がん検診等の同時受診を推進し、生活習慣予防、がんの早期発見、早期治療につなげてまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。

狭山市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月06日-06号

こうしたことから、現在の健康状態の維持のための健康づくり介護予防のさらなる拡充が課題やニーズと捉えられ、これらの解決に向けては、おりぴぃ健康マイレージ事業や健康遊具による健康づくりの推進、健康相談や生活習慣予防教室の開催などによる健康の普及啓発、介護予防・日常生活支援総合事業の充実や、一般介護予防事業の拡充などによる介護予防・重度化防止の推進などに取り組んでまいります。以上であります。

新座市議会 2019-03-04 平成31年 3月厚生常任委員会−03月04日-03号

それから、18、19ページになると、1つつけ加えてしまって申しわけない、生活習慣の重症化予防対策事業がありますが、これは糖尿病の重症化を予防するということで、透析まで至らないようにするという大事な施策だと思うのですが、ここら辺のところはしっかり事業が進んでいるのかどうなのか、今年度何か工夫するようなことがあれば教えていただきたいと思います。  

新座市議会 2019-03-01 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号

次に、18ページ、2段目にあります疾病予防費ですが、主に人間ドックの助成と生活習慣重症化予防対策事業に係る経費などを措置しています。このうち生活習慣重症化予防対策事業は、糖尿病の重症化を予防する事業で、朝霞地区医師会のかかりつけ医の先生と連携しながら対象者を絞り込み、個別に生活指導を行うもので、平成26年度から実施しています。  

狭山市議会 2019-02-28 平成31年  2月 文教厚生委員会(第1回)−02月28日-02号

3番生活習慣重症化予防対策事業費は、糖尿病が重症化するリスクの高い患者に対しての受診勧奨及び保健指導を行うための費用であります。  以上で説明をおわりますが、よろしくお願い申し上げます。 △議案質疑 ◆大沢えみ子 委員 353ページの歳入からお伺いをいたします。  調定見込額のほうの収納率を92%ということで見込まれているということでございます。