6202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

狭山市議会 2019-09-30 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月30日-07号

新たなルートが定着するまで時間を要しますが、その中でも引き続き公共交通のあり方や方向性について、今を生きる皆様のライフスタイルを見つめ、新たな可能性も踏まえた公共交通整備を期待いたします。  次に、民生費につきましては、必要とされる保育教育が適切に確保されるよう、新たに90名定員認可保育所を整備され、1事業者に補助金を交付するとともに、新狭山保育所の土曜日保育時間を延長しました。  

新座市議会 2019-09-25 令和 元年第3回定例会-09月25日-11号

生きていることがペナルティーだ」、そんなふうに言う方もいました。介護保険料の引き下げに前向きにぜひ考えてほしいと思います。  以上です。 ○議長島田久仁代議員) 賛成討論願います。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長島田久仁代議員) 反対討論願います。  14番、高邑朋矢議員。    〔14番(高邑朋矢議員)登壇〕 ◆14番(高邑朋矢議員) 14番、高邑です。

新座市議会 2019-09-19 令和 元年第3回定例会−09月19日-09号

平成30年度の決算関係資料でも、不登校の生徒やいじめ、暴力がふえていて、新座市でも生きづらさを抱えている子供たちがふえているのかなという感想を持ちました。自殺対策計画で言われる教育は、どのように進められているのでしょうか。  埼玉県教育委員会学校教育における自殺予防には、「自殺予防教育の意義として、子供たちはさまざまなところから既に多くの情報を手に入れてしまっています。

狭山市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月19日-05号

◆11番(千葉良秋 議員) 子どもたちが社会適応していくことは彼らが生きていく上で最低限必要な人と人とのかかわりを学習することであり、自己を認識し人間的に成長することであります。学校での教育家庭でのしつけは、社会的に自立した人間性豊かな児童生徒を育てることが目的であり、そのために不登校やひきこもりの子どもたちを積極的に支え、安心して学べる教育環境の整備を強く要望いたします。  

新座市議会 2019-09-18 令和 元年第3回定例会−09月18日-08号

それから、夏休みの宿題については、教育長と非常に意見が合ったというか、これからの世の中を生きていくためには一方的に押しつけられたものではだめだというようなことを答弁されたので、これからは個別化を図っていく必要があるということで、今後十分に検討していただきたいというふうに言われたので、これは変わっていくことを楽しみにしております。  

新座市議会 2019-09-12 令和 元年第3回定例会-09月12日-05号

生きる権利、育つ権利、守られる権利参加する権利、新座市の全ての子供たちが未来に希望を持ち、社会に有為な人材に育ってほしいと願っています。また、新座市に誇りを持ってほしいとも考えています。市制50周年を新座市の子供たちの未来に向かってのスタートにすることを考え、今回再度提案をいたしました。見解をお聞かせください。  最後に、学生ボランティア事業について伺います。

狭山市議会 2019-09-11 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月11日-03号

◆内藤光雄 委員 私もコミュニティ・スクールは柏原地区しか見ていませんけれども、いい形で進んでいるなというふうに期待をしているところですけれども、そして、そのポイントの2つ目のところが、私は非常に重要視すべきところなんだろうなと思っていて、何のために学ぶのかというところが一番あって、生きる力なんですよね。

狭山市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月10日-02号

今後もこういうような形で推移をするというふうに考えているのかというのが1点と、希望に十分応じられているのだろうか、要は、一つは受け皿の問題、そして、利用できないのは受け皿がないから利用できないのか、低所得といいますか、サービスを使うのにお金を払わなければいけない、1割負担、2割負担しなければいけないというところで利用ができないのか、それとももう十分利用ができていると、自分が介護を受けて生きていくためには

狭山市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 建設環境委員会(第3回)−09月06日-01号

ただ、住んでいる方も、生活保護を今は受けていないのですが、かつて受けていたというような状況もある中で、いずれにしても、いわゆるセーフティーネットというのは、憲法保障されている生きる権利のところも視野に入れてやっていかなければいけないというふうに思いますけど、でも、それは、法律的にはやれないことではないというふうには認識をしています。                                        

狭山市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月06日-01号

◎生活福祉課長 まず失踪で一番多い案件なのですが、通常ホームレスの方がやはり保護を求めてきまして、第2種社会事業法にのっとった無料低額宿泊所等の手配をしまして、私どもがその入所のお手伝いをしてそこで生活を立て直しをしましょうというような支援をしていくのですが、やはりそういった方って非常にそういったかかわりを持つ、もしくは、そのルールの中で生きるのがどうもお嫌いなようで、二、三日でどちらかへ行ってしまうというような

新座市議会 2019-09-04 令和 元年第3回定例会−09月04日-03号

◆15番(木村俊彦議員) 今までも何度かこの線での質問はさせていただいているのですけれども、福祉について金額を下げるとか、対象を狭めるというときに、そのことで生きていることそのものが難しくなってしまう人というのはやっぱりいるわけですよね。だから、まずは聞き取りだとか、どういう生活状況にあって、下げても大丈夫なのかどうなのかというのはまずもってやらなければいけない部分だと思うのです。  

新座市議会 2019-09-03 令和 元年第3回定例会-09月03日-02号

使えるのは、我々が提案しているように均等割をやめて、その部分について充てますというのなら、これは生きます。でも、ただお金を残しておくだけだと、何の意味もない話ではないですか。  だから、この値上げしなくてもよかった部分を、情報も不足していたから、結果としては値上げしてしまってごめんなさいという、そういう段階の中で今何を考えるかという話なわけです。この点についてどんなご見解をお持ちですか。

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

突然人生100歳と言われ始めたころ、ただぼうっとして生きていくのかとか、ぼけて施設にいる期間が長くなるだけだったらどうしようなどというネガティブな話題があったことも思い出します。  そして100歳という言葉が定着してきた今、オリンピックが見られる、お友達との茶話会が楽しい、まだまだ動けるうちは楽しまなくてはというポジティブな声も聞こえてまいりました。  

蕨市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-03号

市としてもその辺も考えながら今後対応していきたいなということなんですが、そこにどんなことが書いてあるかといいますと、やはりひきこもりの方、ご家族も含めてなんですけど、今まで生きてきた中、それを否定するような対応の仕方というのはこれは絶対だめですよという大きな話ですが、書いてございます。  

狭山市議会 2019-06-26 令和 元年  6月 定例会(第2回)-06月26日-06号

また、昆虫類のヒアリは、発見時には死骸となっていたため、厳密には外来生物法で規定している生きている状態のものには該当しないが、極めて毒性が強い昆虫であり、注意喚起等の対応を行った。  狭山市内におけるアライグマによる被害状況は、平成29年度が100件、うち家屋被害が45件、家庭菜園が39件、農業被害が12件、その他被害が4件。

草加市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会−06月20日-付録

そのことが性的少数者などへの理解の促進、差別の解消につながり、性的少数者を含めた誰もが自分らしく生きられる地域社会が実現することになると考えています。 項目 1 草加市を性的少数者にとっても住みやすい、魅力ある国際都市にしていただくために、     同性同士で生活する者も含め家族として扱う「パートナーシップ認証制度」を創設して     いただきたい。