21801件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴ヶ島市議会 2040-09-13 09月13日-03号

改めて現今の自然災害の異常さを思い知らされ、備えを固めることに思いをいたしました。被害に遭った皆様には心からのお見舞いを申し上げます。一刻も早い復旧を願うものであります。  さて、私の一般質問を、3件でありますが、行いたいと思います。  1、立地適正化計画市民福祉の向上に役立つか。読売新聞は、2017年8月10日付けで立地適正化コンパクトシティーについて、次のように報じていました。

熊谷市議会 2032-06-19 06月19日-一般質問-05号

警戒レベル5は、災害発生警報として既に災害発生している状況、命を守るための最善の方法を選択といったように、警戒レベルが大きくなるにつれて危険度が高まる区分とし、自分の命を守るため、警戒レベル3、4のうち避難するように発令されることになります。こういった動きの中で、現状を確認しながら災害から身を守るために何をしなければならないか、それを考える必要がございます。 

久喜市議会 2029-06-28 06月28日-07号

次に、議案第47号 久喜災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例質疑の後、討論はなく、採決の結果、全員をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、議案第48号 久喜介護保険条例の一部を改正する条例質疑の後、討論はなく、採決の結果、多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  

美里町議会 2026-06-13 06月13日-一般質問-02号

次に、大規模災害時における安全対策のとれていない狭隘道路状況と今後の対策についてでございます。狭隘道路は、災害時に緊急車両が通行できず、防災上好ましくないと認識しております。それらの道路は、地元から陳情をいただく中で、地権者のご理解をいただき、整備効果等から優先順位を決めて、順次整備を進めてまいります。  

東松山市議会 2025-12-20 12月20日-05号

その災害復旧のための修繕費を計上したものである。」との答弁がありました。  また、委員より「同じく防災施設災害復旧事業について、災害復旧事業債原状復帰工事にしか使えないため、一般財源495万円を支出して太陽光発電畜電池設置箇所かさ上げを実施するということだが、災害復旧のために使えるほかの補助金はないのか。」

吉見町議会 2025-12-04 12月04日-一般質問-02号

2点目、災害対策について。近年自然災害全国各地発生しております。生命や財産が失われ、悲しみや途方に暮れる姿を私も被災地で目にします。災害で亡くなられた方、けがをされた方、財産を失われた方などに対しましてお悔やみとお見舞いを申し上げます。吉見町でも台風19号による豪雨災害発生し、建築物被害や多くの財産被害を受けました。お見舞い申し上げます。

日高市議会 2024-12-09 12月09日-一般質問-03号

しかしながら、今後発生が予測される各種災害につきましては、災害の種類や土砂災害警戒区域分布等安全確保状況を考慮し、災害状況により学校施設を大規模避難所として活用することが重要であると考えております。   4点目の自治会館の活用についての見解につきましてお答えいたします。今回は、自主防災組織等により9カ所の自治会館等自主避難所が開設されております。

東松山市議会 2024-06-25 06月25日-07号

議案第16号は、財産取得についてで、小川消防署嵐山分署に更新配備する災害対応特殊化学消防ポンプ自動車購入について、議会議決を求めたいとするものです。  議案第17号も財産取得についてで、現在建設中の東松山斎場待合室等に配置するテーブルや椅子などの備品購入について、議会議決を求めたいとするものです。  

東松山市議会 2024-06-18 06月18日-04号

具体的には、水害、土砂災害に関する避難情報について、自治体防災行政無線などを通じて発令した情報から、住民がとるべき行動を直観的に理解することができるよう5段階の警戒レベルが盛り込まれ、例えば警戒レベルが3では高齢者等避難するとし、警戒レベル4では全員避難をするとして、避難のタイミングを明確化するものでございます。  

鶴ヶ島市議会 2023-12-16 12月16日-05号

被害は軽微で、鶴ヶ島には川もない、山もない、災害もない、何もないのが鶴ヶ島などと半ば自虐的な気持ちも込めて話していましたが、現実にこのような被災状況を目の当たりにして、改めて風雨災害に対する備え近隣自治体との災害時の連携についての本市の検証対策について質問します。  (1)、台風19号被災にどう対応したか。  ア、災害情報の伝達。  イ、住民避難避難所の設定。  ウ、河川の増水。  

熊谷市議会 2023-12-13 12月13日-一般質問-05号

次に、災害補償の過去の支給事例ですが、平成23年3月の東日本大震災のときに災害見舞金を支給したほか、25年9月の竜巻被害のときに災害見舞金復旧支援金被災者生活再建支援金、県や市の義援金等を支給しました。 次に、福川にある樋管の管理につきましては、山下議員さんにお答えしたとおり、福川が現在のように整備されたときから、地域の事情に詳しい地元土地改良区などにゲート操作を依頼しています。 

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

2点目といたしましては、災害復旧復興事業実施に当たり、また災害防止に当たり、国、県等との連携をさらにより一層密に実施してほしいと思います。  令和元年11月7日の令和元年台風第19号非常災害対策本部、これは18回目の会議になりますが、会議資料によりますと、緊急対策として、国においては4点挙げております。

久喜市議会 2023-11-29 11月29日-02号

災害時などの電源喪失時に電気自動車を蓄電池として利用が可能であることは広く認知されているところであり、各家庭において活用することは有効であると考えております。一方、災害時における公用車は、現地確認など災害対応としての使用を優先する必要がございますことから、電気自動車購入を図り、市民の方々への電力供給源として活用することは想定していないところでございます。