44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-03-13 平成31年第 1回定例会-03月13日-04号

◆4番(大石圭子議員) 公園火遊びも可能みたいなプレーパークをしているんですけども、多分地域住民の方からも想像としてはいろいろ、直接どろんこの王様に意見があったかとは思いますけれど、そこを乗り越えて地域の皆様と話し合いながら進めてきたという過程では、市のほうにも迷惑はかけていなかったのかなというふうに理解しております。  

春日部市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会−09月12日-09号

自身、火や煙の怖さというものは、防災訓練の際に改めて感じ、もちろん私自身子供たちにも火遊びは絶対にしてはいけないよと常日ごろ教えながら、日々においても火を扱う際には十分に注意を払って生活をしております。とはいえ、十分注意しても、不意に起きてしまうのが火災でもあります。ろうそくの火の消し忘れやたばこの火の消し忘れであわやという話も聞くことがあります。

行田市議会 2017-08-30 08月30日-02号

1歳6カ月児検診、2歳児歯科健診では、問診の際に事故やけがの既往の聞き取りを行い、事故予防のために個々の家庭に見合った生活環境の整備について助言を行っており、3歳児健診では行動範囲が広がることによって起こり得る交通事故、水の事故、転落、誤飲窒息火遊び等による事故防止の内容のパンフレットを配布しております。今後も不慮の事故防止に向けて、各健診時等における注意喚起に努めてまいりたいと存じます。 

毛呂山町議会 2017-03-03 03月03日-03号

次に、マッチ、ライター配線器具が各3件、電気機器放火が各2件、枯れ草焼き、ストーブ、火遊び、ごみ焼却が各1件、その他が2件という状況でございます。 ○長瀬衛議長 小室高齢者支援課長。                 〔小室永治高齢者支援課長登壇〕 ◎小室永治高齢者支援課長 ご質問の4問目、介護保険住宅改修費補助の2点目、高齢者などへの防火対策につきましてお答え申し上げます。  

富士見市議会 2016-10-03 10月03日-04号

禁止事項といたしましては、そのまま読みますが、火遊び花火はやめましょう、危険なボール遊びはやめましょうのほか、富士見市都市公園条例に定められているものといたしまして、公園の施設を破損させる行為危険行為、他の利用者の迷惑となる行為都市公園の管理に支障がある行為につきまして禁止事項とさせていただいております。  続きまして、ご質問の2点目、ボール遊びについてお答えいたします。

上尾市議会 2016-03-09 03月09日-一般質問-03号

県内において、平成26年度の火災発生件数は2,364件、そのうち子ども火遊びによる火災は58件発生しており、5歳未満の幼児が起こしたライターによる火災が多く、7割の幼児が尊い命を落としています。埼玉県のホームページにも「幼年少年消防クラブに入りませんか」との案内が載っていますが、前述したスポーツ少年団の話同様、青少年の時期に防火防災活動に接することには大変意義があると思います。

鶴ヶ島市議会 2014-09-18 09月18日-04号

平成16年から平成25年までの過去10年間の市内出火原因別火災発生状況では、放火放火疑いこんろたばこ火遊び出火原因の上位を占めています。平成25年の建物火災では、放火放火疑いが5件、こんろ2件、たばこ1件、電灯、電話等配線1件、その他3件の合計12件となっています。 ○金泉婦貴子議長 三村健康福祉部長

八潮市議会 2014-09-16 09月16日-03号

それほど多くはなかったんですが、子供たち火遊びして、ドラム缶を半分に切った中に火を炊いて、そこでマシュマロを焼いて食べておりました。それからあと、お兄さん、お姉さん、指導員、プレイリーダーと鬼ごっこをやったりもしておりました。

狭山市議会 2014-09-09 平成26年  9月 総務経済委員会(第3回)−09月09日-01号

そして、コンロだとか火遊びだとか、あるいは電気機器関係だとか、そういうものが各3件ほどございます。各ですね、おのおのですね。そして、たばこだとか配線関係、あるいはたき火なんかが各2件ほどございます。これが主な原因でございます。  以上でございます。           (「火災予防関係」と言う者あり) ◎防災課長 予防ですね。

蕨市議会 2013-12-13 平成25年第 5回定例会−12月13日-05号

このお考えをぜひお聞きしたいのと、あと放火というと子ども火遊びというのは少なくなってきているのかなと思うんですけれども、先日の11月末の桜並木南小学校の近くのごみ捨て場放火では、若者が3人組で逃げ去っていくというような目撃情報もあったり、なかなか犯人はつかまらないわけですけれども、そういった中で、子どもたち、小さいころからの火災予防教育がますます重要になってきていると思うんです。

新座市議会 2013-03-18 平成25年第1回定例会-03月18日-10号

保育園のころから、火遊びをしない、火事の怖さ、また火に対しての理解を高める、火の用心の意識も高めてもらう、こういったことは子供のときから私は必要だと思います。こういった努力をされている市内法人保育園の皆さんには感謝を申し上げたいと思います。  この件につきましては、埼玉県のいわゆる4市県南西部消防本部、こちらでもこの幼年消防クラブ組織化につきまして今検討に入っております。

新座市議会 2013-03-13 平成25年第1回定例会−03月13日-08号

夏になると高校生が中で火遊びをしたりして、これはたばこの箱が落ちているところです。  次お願いします。お隣との境目ですが、2つの道路に挟まれている空き家で、前は子供たちが入り込んだりして大変危険でした。  次お願いします。家の様子です。次お願いします。そのアップです。コケむしています。  次お願いします。フェンスを子供たちが何かはしごのように立てかけているところです。

熊谷市議会 2012-12-11 12月11日-一般質問-03号

構成員は、指導者152人、クラブ員1,206人で、主な活動といたしまして、指導者各種防災研修会に参加し研さんを積むとともに、クラブ員は、正しい花火遊び方や火遊び防止などについて学び、効果を上げております。また、小学生では4年生を対象に、防火住宅用火災警報器の周知を図ることを目的に、毎年防火ポスターコンクールを実施しております。

春日部市議会 2012-09-06 平成24年 9月 6日総務委員会−09月06日-01号

火災原因でございますが、放火放火疑いが44件、こんろが12件、電気等配線が9件、たばこが6件、たき火が5件、火遊びが4件などでございます。  次に、平成20年度から平成22年度における空き家から出火した火災は、とのご質疑ですが、平成21年度の1件でございます。  以上でございます。

上尾市議会 2012-06-13 06月13日-一般質問-02号

100円ライターとして広く普及していた使い捨てライターによる子ども火遊び事故を防ぐため、レバーを重くするなど、国の安全基準に適合しない使い捨てライターが昨年9月27日から販売禁止となりました。販売禁止となりましたが、相当数の古いタイプの使い捨てライター家庭内に残っていると推測されるそうです。子どもさんが火遊びをして亡くなってしまったニュースを何度も耳にして、非常に心が痛みました。