1315件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川口市議会 2023-09-12 09月12日-03号

大きな1 公共施設マネジメント公有財産活用について (1) 公共施設マネジメントについて 本市の3大プロジェクトのうち、火葬整備市立高校の統合については、平成30年度に無事に新施設開設を迎えることができました。また、新庁舎建設は、1期棟の新築工事が着々と進められており、事業の進捗が気になるところであります。

幸手市議会 2020-03-19 03月19日-06号

他のごみ焼却場し尿処理施設火葬等の通常迷惑施設等共同で処理しなければならないものもあるわけです。皆さんそれぞれが譲り合い、妥協し、お願いをし、協力して成り立つものです。そのたびに構成市町の議会が権限外の決議を上げることなどしたならば、一部事務組合での共同処理などできません。皆さん、できないことはお分かりになるでしょう。

鳩山町議会 2020-02-19 03月02日-01号

また、このたび、越生斎場東京都内で行われた火葬研大会において、越生斎場は癒やしの火葬として、訪れた人を優しく包み込む空間が各所に設けられるなど、周囲の自然環境が生かされていると高く評価され、建築大賞を獲得しました。そのため、他自治体からの見学が7件ほど申し込まれております。 以上、広域静苑組合令和2年第1回定例会のご報告とさせていただきます。

戸田市議会 2019-09-26 令和 元年 9月定例会−09月26日-08号

次に、葬祭費について、委員から、火葬費用に対する助成検討状況について質疑があり、執行部から、火葬費用については、火葬を有している自治体がその費用の減免などを行っている例はあるが、本市には火葬がないため、火葬を有していない他自治体も参考に検討を続けていきたいとの答弁がありました。  

新座市議会 2019-09-13 令和 元年第3回定例会−09月13日-06号

そうすると、ある場所によっては許される、許されないところもあるのでしょうけれども、要らないからということで、火葬に行って骨を持ってこないそうです。でも、これが全部許すわけではないらしいのです。それで、正直言うと戸田市に聞きました。そうした場合には、戸田市の場合には、「全部持っていけとは言わないけど、全部置いていくということは、これはだめです」ということを言われました。

川越市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4日・9月5日) 本文

実績といたしましては、市役所駐車場整理業務斎場火葬業務し尿収集業務などの民間委託化、また、公の施設のうち二十八施設についての指定管理者制度の導入、定員適正化給与構造改革の実施などの取り組みを行ってまいりましたが、平成二十二年度の経常収支比率は九二・二%となっております。  

越生町議会 2019-09-04 09月04日-02号

ちょうど15年先といいますと、本当に墓地とか、火葬もそうですけれども、一番忙しくなるという言い方がいいのか需要が多くなるという言い方がいいのかわかりませんけれども、一番ピークに達しようという時期だというふうに思います。

富士見市議会 2019-09-03 09月03日-01号

続きまして、3、火葬関連整備事業は、市道第5111号線の設計及び道路整備に要した経費でございます。  続きまして、2、浸水対策事業は、図川排水機場増強設計、諏訪1丁目、西みずほ台2丁目等における浸水対策設計水谷東地区における非常通報装置設置工事市内各地におけるポンプ修繕工事臨時排水ポンプ運転業務などに要した経費でございます。  

志木市議会 2019-06-20 06月20日-04号

次に、3番、市民の利用しやすい火葬について質問させていただきます。 火葬というだけで不謹慎だとか、周辺に建設しないでほしいとか、さまざまな意見が多いですが、誰しもが避けては通れない課題なのではないでしょうか。また、時代の流れとともに超高齢社会時代とも言われております。

川口市議会 2019-06-17 06月17日-06号

市民悲願でありました川口市めぐりの森、火葬でありますが、この1年間で火葬件数は4,000件を超し、当初指摘があった待ち時間の間の仕出し弁当対応を昨年7月には取り入れられ、たばこをたしなむ方への配慮も今年度対処いただけるということで、大変ありがたい限りでございます。 しかし、そんな中でも市民の方から御相談を受けております。

越生町議会 2019-06-07 06月07日-03号

家族葬だけでなく、直葬という形態もふえてきている状況でありますということですが、直葬は、直接病院から火葬ということなのでしょうか。そこら辺の説明が、もしわかりましたら教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。 ○議長(浅野訓正君) 福島町民課長。          〔町民課長 福島 勲君登壇〕 ◎町民課長福島勲君) それでは、再質問について町民課からお答えいたします。  

川口市議会 2019-03-13 03月13日-07号

昨年は、本市の中核市移行をはじめとして、市保健所開設、3大プロジェクトである新庁舎の着工、60万市民の待望であった市営火葬めぐりの森の開設川口市立高等学校の開校と、川口市が大きく変わりつつある1年でありました。そして、いよいよこれからその成果が実を結ぶ時期を迎えます。市職員、そして議員それぞれが英知を振り絞り進んで参りたいと思います。