117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川口市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会 埼玉県川口市議会-12月13日−05号

大きな7 ブラックバス対策について  オオクチバスは湖沼にすんでいます。1980年代、外来バスはオオクチバスがブラックバスの首座を占めておりました。2018年の現時点ではどんな具合か。遊泳能力に優れ、下流域のみならず上流域にまでさかのぼるコクチバスがオオクチバスに取ってかわっている。

坂戸市議会 2017-09-12 平成29年  9月定例会(第3回)-09月12日−一般質問−04号

特に埼玉県は、湖沼面積を除くと県土に対する河川面積は日本一と言われて、水害からいかに住民の生命、財産を守ることを真剣に考えているかがうかがい知ることができます。人類の生産活動が本格的に開始され、まだ100年足らず経過したにすぎません。しかし、その生産活動が四十数億年を経て形成された地球環境に重大なダメージを与え、たび重なる異常な自然現象により世界的に人間の営みが脅かされる時代を迎えています。   

幸手市議会 2017-09-07 平成29年 第3回 定例会(9月)-09月07日−04号

なお、法定外公共物の水路ではないとのご指摘ですが、一般的に法定外公共物とは、河川法や道路法の適用を受けない公共物と解されておりまして、市の法定外公共物管理条例においても、市有土地における河川法の適用または準用を受けない河川、市有土地における道路法の適用を受けない道路、市有土地における水路、ため池、湖沼その他の土地または水面、及びこれらに附属する工作物、物件または施設と定義されております。

東松山市議会 2017-06-15 平成29年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問−03号

◆11番(斎藤雅男議員) 今答弁いただいた中で、メリットというのが、標的以外の生物、湖沼や用水、側溝とか敷地内の水たまりとか公園内の水たまりとか、そういうところにボウフラというのですか、蚊の幼虫が湧くようになるのかなと思いますけれども、それの羽化を抑制というか防御できるということが効果であると。また、ほかの生物への影響は少ないのだということは、比較的安全なのですね、そういう意味では。

幸手市議会 2017-06-06 平成29年 第2回 定例会(6月)-06月06日−04号

1、区域内の土地改良施設のうち、所有者が幸手市となっている水路、ため池、湖沼その他の土地は、水面について次に掲げる行為をしようとする者は、中島土地改良区の同意を得て幸手市長の許可を受けるものとするということで、ただいま協議の文書を配付させていただいておりますので、ご理解を賜れればと思います。 ○議長(藤沼貢議員) 14番、武藤壽男議員。

幸手市議会 2017-06-02 平成29年 第2回 定例会(6月)-06月02日−02号

◆6番(松田雅代議員) 先ほど水路の種類をお聞きしたんですが、これ、中小河川の氾濫や内水氾濫の頻発ということでいくと、幸手市の中には一級河川、準用河川、水路等の法定外公共物と、それと河川法の適用または準用を受けない河川、これ、かぶっていたら教えていただきたいんですが、市有土地における水路、ため池、湖沼その他の水面、農業用水、法定外公共施設としての水路というのが、私、たしかいろいろな条例の中から拾い集

川越市議会 2017-03-10 平成29年第2回定例会(第18日・3月10日) 本文

伊佐沼は埼玉県の平野部では最大規模の自然湖沼であり、古くからハス、ヨシが群生し、野鳥が豊富に飛来する自然環境のすぐれたところでございます。その周辺を含む区域については、以前から公園課等により市民が憩うための水辺空間として一体的な整備が求められていたところでございました。  

新座市議会 2016-12-08 平成28年第4回定例会-12月08日-05号

本市といたしましては、この柏市、山林や湖沼等がある地域と、都心に近いこの本市ということでは、やはり地理的な条件も違いますし、ある程度その柏市のほうでは、こういった廃棄物がかなり問題になっているところではあろうかと思っております。  

志木市議会 2016-09-14 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月14日−04号

河川や湖沼など、全ての水難救助事象発生時の人命救助を目的として、本市を管轄する埼玉県南西部消防本部におきましては、救命ボートはアルミ製を5艇、ゴム製4艇の合計9艇を配備しております。そのうち、志木消防署におきましては、アルミ製1艇、ゴム製2艇を配備しており、万が一の水難救助事象が発生した場合に備え、日ごろから訓練を行っているところであります。  

狭山市議会 2016-03-01 平成28年  3月 定例会(第1回)−03月01日-04号

最初に、逆ざやの補填につきましては、公共下水道事業が生活環境の改善にとどまることなく、公衆衛生の向上や、さらには公害防止計画と整合し、河川や湖沼などの公共水域の水質保全など、極めて公共性の高い事業効果があることなどから、汚水処理にかかわる一部の経費については一般会計から補助を受け入れ、逆ざや等の補填財源としております。  

狭山市議会 2014-06-16 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月16日-05号

また、埼玉県では、県土面積の約5%を占める水辺空間は県民のゆとりと安らぎを創出する貴重な空間と位置づけ、水辺、すなわち河川や湖沼、農業用水等の豊かな環境を再生し、県民誰もがそれらの水辺に愛着を持ち、ふるさとを実感できる川の国埼玉を名実ともに実現するため、川の再生基本方針を定めて事業を展開しているところでもあります。  

川越市議会 2013-12-04 平成25年第5回定例会(第7日・12月4日) 本文

川越らしい良好な都市景観の形成として蔵造りの町並みを初めとする歴史的な景観や伊佐沼や新河岸川のような湖沼、河川、田園、樹林といった自然的景観がございますが、法の委任により担保性を備えた施策と自主部分における市独自の施策を総合的に展開することにより、それぞれの地域における個性及び特色ある景観の保全や育成をより一層推進できることと考えております。  

新座市議会 2013-09-17 平成25年第3回定例会-09月17日-06号

場所別に見ると、プールでの事故はわずか3.3%で、河川が55.7%、海が18.0%、湖沼が13.1%、用水路が9.8%です。つまり水難事故のほとんどが着衣のままで遭遇していることがわかります。しかし、ほとんどの方は着衣のままで水に入った経験はないのではないでしょうか。  実は私、川で溺れた経験があります。怒られると思いまして、きょうまで親にも話していません。

東秩父村議会 2013-09-10 平成25年  9月 定例会(第6回)-09月10日−一般質問、議案説明−01号

埼玉県では、河川や湖沼等の公共用水域における水質汚濁の防止を図るため、水質汚濁防止法及び埼玉県生活環境保全条例並びに小規模事業所排水指導指針等に基づき、工場または事業所から排出される排出水について規制あるいは指導等を行っております。村内には、水質汚濁防止法に基づき届け出のある特定施設が9施設あり、そのうち3施設が排水規制の対象となっています。

杉戸町議会 2013-09-04 平成25年  9月 定例会(第4回)-09月04日−一般質問−04号

ただ、今現在町で使っていますこの環境浄化剤につきましては、湖沼や池や川等に直接投入することを目的として開発されているものでございますので、各家庭において使用することを想定されているものではございませんので、これを各家庭に配布をして環境浄化をするということは、その環境浄化剤の効能として不可能だと思いますので、ご理解賜りたいと思います。 ○稲葉光男議長 よろしいですか。   9番、石川敏子議員。

さいたま市議会 2013-06-27 さいたま市議会 会議録 平成25年  6月 予算委員会-06月27日−03号

人の住んでいない湖沼だとか沼、森林などを除く可住地面積25平方キロメートル当たりで1台の設置が決められているところでございます。また、その地域の大気の状況、発生源の状況、人口分布だとか気象状況を見た中での算定も検討していくことはできるとなっているところです。事務処理基準に基づきますと、さいたま市内では設置数が9台ということが目標になってきます。

東秩父村議会 2013-03-06 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月06日−議案質疑、討論、採決−02号

次に、河川管理施設等構造令の参酌概要としまして、条例全般、高潮区間・高規格堤防・湖沼・高水敷・取水塔に関して本村の準用河川では存在せず、また今後も整備する見込みがなく、本村の準用河川では想定し得ないことから条文を削除するものでございます。   次に、条例の内容ですが、第1章の総則では、第1条から第2条で、この政令の趣旨、用語の定義を規定したもの。   

幸手市議会 2013-02-20 平成25年 第1回 定例会(3月)-02月20日−01号

したがいまして、国の河川管理施設等構造令のうち、ダムに関すること、堤防の基準のうち、湖沼の堤防、波浪の影響に関すること、高規格堤防に関すること、可動堰に関することなど、また、準用河川の幅を考慮した場合、可動内の橋脚の設置が想定されていないことから、これらの基準等については除いた条例となってございます。  なお、詳細な数値基準については規則で定めることとしております。