883件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊奈町議会 2023-10-01 03月07日-01号

令和3年度にコロナ禍により業績が悪化した中小企業償却資産事業用家屋に関わる税の軽減措置があり、売上げ減少率によりゼロ、もしくは2分の1が軽減されますが、この措置が今年度においても延長されるのではないかと見込んでおりましたが、予算編成時が終わった後に、令和3年度限りとの措置と決定となりましたので、この特例の廃止による収入増がかなり占めました。 

伊奈町議会 2022-11-22 11月29日-01号

委員より、総務費の前年より減少率が大きい理由庁舎等維持管理事業役場庁舎整備事業地質調査人材育成事業研修内容職員福利厚生事業ストレス判定、委託料がワクチンを除くと減少防犯カメラ設置事業情報公開審査会委員新型コロナウイルス感染症対策職員感染拡大防止事業ふるさと寄付金事業防犯まちづくり推進事業町村情報システム共同化推進事業いじめ問題対策事業、非常食備蓄状況公共施設基金積立金

熊谷市議会 2022-09-14 09月14日-一般質問-04号

やはり減少率が拡大する前に何か対策をと思います。 それでは、その状況は、地域間での差異や特徴はあるのでしょうか。また、その地域特性に合わせた支援はあるのでしょうか。 ◎田島尚栄市民部長 お答えします。 本年4月1日時点の地区別加入率は、熊谷地区70.7%、大里地区72.6%、妻沼地区81.1%、江南地区68.3%です。

草加市議会 2022-09-13 令和 4年  9月 定例会-09月13日-04号

労働力の主力となる生産年齢人口が想定以上のペースで減少しており、現在の人口増加減少率のままでは、2050年には総人口9,000万人前後、2105年には4,500万人まで減少すると言われています。  労働力人口は、第2次ベビーブームに生まれた団塊ジュニア労働力として加わった頃がピークとのことであり、平成7年、1995年には8,000万人を超えていましたが、それ以降は減少の一途をたどっております。

草加市議会 2022-09-06 令和 4年  9月 決算特別委員会-09月06日-03号

これはそもそも国がこれらの制度融資利用当たりまして、原則としてはゼロゼロ融資と言いまして、信用保証料無償化、3年間の支払い利子無償化措置を講じたところなんですが、売り上げ減少率一定程度以下の中小法人については、一部負担が発生しておりました。こちらの部分について市が補助を行っているという形でございます。  

行田市議会 2022-06-29 06月29日-07号

次に、中小企業等物価高騰対策緊急支援金について、売上げまたは粗利益が5%以上減少と定めた理由についてでございますが、国の事業復活支援金においては、給付要件となる売上げ減少率を30%から50%の範囲内と設定していることも踏まえ、国の支援が及ばない事業者を広く対象とするため、減少率を5%以上としたものでございます。 以上、答弁とさせていただきます。 ○吉田豊彦議長 再質疑ありますか。

熊谷市議会 2022-06-15 06月15日-一般質問-04号

課題としましては、支給当たり事業者当たり定額支給としましたが、事業規模売上げ減少率に応じた細やかな支援ができれば、事業者にとってよりよい制度になったものと考えております。 以上です。 ◆影山琢也議員 ありがとうございます。当然ながら、コロナ禍で深刻な打撃を受けた事業者さんにとって、様々な経済支援施策は大きな支えとなったと思います。

鶴ヶ島市議会 2022-06-14 06月14日-04号

非常に効果があるのかなと見たら、人口はやはり減少率は非常に高いと。一定程度効果はあるかもしれませんが、なかなか大きな効果は生み出ていないのかなというふうに感じております。  そういった中で鶴ヶ島市ではどういう移住促進を促していったらいいかということでございますが、やはり飯能、日高とは少し違うのかなと。

行田市議会 2022-06-08 06月08日-02号

それから4番目に、コロナ影響でということで先ほども同じですけれども、売上げ減少率この園芸業者がどれぐらい、コロナ前とコロナ後においての減少率それなのでこの事業を行うんだということだと思うので、どれぐらい売上げが落ちているのか、それをお願いします。 それから5番目に、デザインの作成委託先をお願いいたします。 6番目に、物品作成仕事内容委託先をお願いいたします。 

毛呂山町議会 2022-06-02 06月02日-03号

それから今日までの減少数はどうだって、この間の議会でもちらっとこの場で申し上げさせていただきましたけれども、具体的に言いますと、平成27年の人口ビジョン全国各地の自治体が人口ビジョンをつくって、それから人口減少を防ぐために、あるいは定住促進を促すためにいろいろ施策を打ってきていますけれども、この間の減少率毛呂山町が6.79%です。

鶴ヶ島市議会 2022-03-22 03月22日-07号

特に鶴ヶ島市は年少人口減少率県下ワーストツーと言われていたときがあります。そして、それに引きつられて、生産年齢人口、若い労働者世代の30歳、40歳のお父さん、お母さんが転出してしまう。そういったのが鶴ヶ島の大きな課題なわけであります。その結果、小・中学校の統廃合を早め、学校が維持できなくなる。子どもがどんどん減っているから学校が維持できなくなっているわけです。

北本市議会 2022-03-17 03月17日-06号

また、埼玉県においては、飲食店の休業、時短営業外出自粛等影響を受けている事業者に対する支援金として、中小法人等に対して5万円、個人事業者等に対して2万5,000円を給付する埼玉外出自粛等関連事業者協力支援金酒類提供自粛等による影響を受けている酒類販売業者等に対する支援金として、売上げ減少率に応じて、中小法人等に対して20万円から50万円を上限として、個人事業主に対して10万円から25万円までを

東秩父村議会 2022-03-08 03月08日-一般質問-01号

給水人口減少率に比べて年間給水量減少率が小さいため、1人当たり使用量平成21年当時より増えていることが把握できます。  施設老朽化についても、建設から40年以上も経過している施設の代表的なものは入山浄水場帯沢浄水場清正公浄水場萩平浄水場白石浄水場の5施設となっています。特に機械、電気設備耐用年数が短いため、全体的に多くの設備更新対象となっています。