1166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

4つに、現状、救急車や消防が入れない道路についてです。  東日本大震災以降、日本列島自体が地震の活動期に入ったとされていて、いつ首都直下型の地震が来てもおかしくないと言われています。  今後30年の間に70%の確率でマグニチュード7級の地震が起きると言われています。そんなときに消防救急車も入れない道路を放置していいわけがありません。  

蕨市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-03号

│   │ │   │       │  また、どのように解決していこうと考えてい│   │ │   │       │  るのか                 │   │ │   │       │ (4)現状、救急車や消防が入れない道路もある│   │ │   │       │  が、消防としての対応はどのようか    │   │ │   │       │ (5)ごみステーションを移設する

新座市議会 2019-06-09 令和 元年第2回定例会−06月09日-05号

屋根がついているところにとまっている車両は市長車、議長車、あと教育長車、あと消防が2台、あと障がいがある職員に1台確保しているという状況でございます。 ○議長島田久仁代議員) 11番、辻実樹議員。 ◆11番(辻実樹議員) 3台分の屋根設置の予定はないということだったのですけれども、公用車に屋根は必要でしょうか。 ○議長島田久仁代議員) 財政部長

蕨市議会 2019-03-13 平成31年第 1回定例会-03月13日-04号

司令室で受信を確認後、司令室から受信確認のファクスが届きますので、そのまま救急車や消防の到着をお待ちいただくものでございます。  利用状況につきましては、システム導入以来、ご利用はございません。  次に、3点目のNET119の導入につきましては、総務省消防庁では、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに全国の消防本部において導入を目指し、取り組んでいるところでございます。

草加市議会 2019-03-06 平成31年  2月 定例会-03月06日-05号

もし火災が発生した場合、消防は数十m離れた広い通りに車両をとめ、そこから狭い道を通って消火活動を行うことになり、被害が拡大してしまう可能性が非常に高いと感じました。  草加市においても、道幅が狭く入り組んでいて、消火活動に困難を来すと思われる地域が多くあります。そこで、自主防災組織火災を想定した訓練は何回行われているのか、そのうち入り組んだ地域での消火訓練は何回行われているのか伺います。  

春日部市議会 2019-02-28 平成31年 2月28日総務委員会−02月28日-01号

消防車1台に対する隊員数の基準につきましては、国の基準消防車1台につき5人となっておりますが、現場活動用無線機やホースカー等、一定の資機材を備えている場合には一定の省力化が図れるとして、乗車人数を4人とすることができることとなっております。  実際の乗車状況につきましては、消防車1台に対しまして4人ないし3人の乗車人員で各種災害に対応しているところでございます。  以上です。

春日部市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会−02月22日-03号

今年度の予算でも通信指令事業に関しては人件費、事務費、消防車購入などの次に大きく予算がとられております。春日部市消防年報によりますと、119番の受信状況は大きな変化はなく横ばいの状態です。内訳では119番の25.9%が火災救急以外の問い合わせや、試験、いたずら、間違いといった通報内容で、かなり多くあると感じました。

春日部市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会−12月07日-05号

先日、海老原議員がさきにご質問されていましたが、私のほうからは環境性、安全性の2面からの視点で、春日部市における公用車の保有台数に加え、いわゆる消防救急車など特殊車両を除いた公用車の保有状況や老朽化した公用車の割合、また走行距離が多い公用車の割合、さらに稼働率についてどのような現状なのかを伺って、1回目の一括質問といたします。 ○荒木洋美 副議長  答弁を求めます。  

新座市議会 2018-12-05 平成30年12月総務常任委員会−12月05日-01号

次に、危機管理のほうで防災訓練の歳末の件なのですけれども、警戒に当たるということで、これは消防で警戒をするのか、そこら辺の警戒の具体策を教えてもらいたいと思います。  次に、公益社団法人埼玉県獣医師会南支部との協定締結についてなのですけれども、これは最終的に各町会とかそういうところにお知らせをして、締結はすばらしいことなのですけれども、市民の方がどのように利用できるのか。

上尾市議会 2018-10-01 平成30年  決算特別委員会-10月01日−04号

次に、3つ下の消防につきましては、西消防大谷分署に配備されていた水槽付消防ポンプ自動車を更新したものでございます。   次に、1つ下の救急車につきましては、東消防署原市分署の高規格救急自動車を更新したものでございます。   続きまして、3つ下の軽4輪車は、購入後経年劣化したものを廃車したもので、新たにリース車両を導入いたしました。   

上尾市議会 2018-09-27 平成30年  決算特別委員会-09月27日−03号

11節需用費の備考欄左側一番下の項目、3目消防車両整備事業、18節備品購入費から流用された184万7,000円の増額でございますが、燃料価格の高騰により3月分の燃料費が不足したため104万5,000円を燃料費に、また新規採用職員制服購入費用が不足したため80万2,000円を消耗品費へそれぞれ流用したものでございます。   

蕨市議会 2018-09-26 平成30年第 4回定例会−09月26日-05号

消防救急車、それから消防団の車両、消防団消防、あとは公用車も復旧段階においては市内を走り回らなくてはならないので、やはり水が引いてからすぐに使えないと困るわけですけれども、例えば市内のショッピングモールの2階建て、3階建て以上の駐車場にとめさせてもらうように協定を結ぶであるとか、あるいは事前に取り決めを結んでおくとか、そういったことをしていただければなと思うわけなんですが、いかがでしょうか。

上尾市議会 2018-09-25 平成30年  決算特別委員会-09月25日−01号

6目消防債につきましては、原市分署救急車及び大谷分署タンク車を購入した消防車両購入事業に係る市債でございます。   7目教育債につきましては、太平中学校北校舎の外壁改修を行った中学校施設改修事業、実施設計及び建設工事の前払い金など、新図書館複合施設整備事業などに係る市債でございます。   次のページ、68、69ページをお願いいたします。8目臨時財政対策債をお願いいたします。

蕨市議会 2018-09-25 平成30年第 4回定例会−09月25日-04号

公正取引委員会によりますと、各社は自治体消防本部救急車、消防などに設置するデジタル無線の入札で落札企業を話し合って決めていたということで、談合は遅くとも2009年12月に始まり、NECが2012年5月に離脱、残る4社に談合を指摘する文書が届き、2014年4月に終わったということで、この間に全国で516件の入札、約2,700億円分があり、このうち5割強で談合成立したということです。  

新座市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会-09月18日-08号

思う存分水かけを楽しめるずぶ濡れゾーンやウォーターパレード、消防から空高く放水する放水昇天、カラフルな水風船を投げ合うウォーターバルーンバトルなど、さまざまな水かけが行われたようです。大人も子供も水鉄砲やバケツで水をかけ合ったりして楽しんだことがホームページで紹介されています。  また、別には、さいたま新都心のけやきひろばで開催されている水かけまつりは、ことしで17回目を迎えました。