4204件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

吉見町議会 2025-12-04 12月04日-一般質問-02号

荒川、市野川につきましては、流域市町村を会員とした各期成同盟会を通して、水害軽減する安心、安全の川づくり流域とのかかわりを踏まえた人と自然に優しい川づくりの形成が図られるよう、国、県へ要望しているところでありますが、今後は先般の状況を踏まえ、関係機関と連携し、町民の生命、財産、生活を守るための治水並びに豊かで潤いのある河川整備早期完成を強く要望してまいります。 以上でございます。

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

また、現在国土交通省においては、これまでのたび重なる豪雨災害等を踏まえて、全国の中小河川緊急点検を行い、3カ年計画中小河川緊急治水対策プロジェクトを取りまとめ、実施しております。主な内容としては3点ほどあり、土砂流木対策として、土砂流木補足効果の高い透過型の砂防ダム、美里町の場合はこれは該当しないと思いますが、の整備

東松山市議会 2021-12-13 12月13日-04号

治水対策には、河川流域の両面から水害軽減と防止を図ることが有効です。河川改修のほかにも調整池浸透施設整備土地利用適正化などの総合的な治水対策が必要と言われており、国や県でも検討していると聞いております。ご質問のありました調整池整備は有効な手段の一つですので、今後河川管理者である国や県と調整してまいります。  以上でございます。 ○福田武彦議長 坂本俊夫議員

熊谷市議会 2021-12-12 12月12日-一般質問-04号

福川では調整池を増設する計画はないとのことですが、今回の台風経験を踏まえ、福川流域治水安全度向上を図るための働きかけを行ってまいりたいと考えています。 以上です。 ◆山下一男議員 6番、山下です。ありがとうございました。それでは、最後の質問に行きます。 河川監視カメラは適切に機能したか。解像度の高いカメラを増設する考えはあるか、本市のお考えをお聞かせください。

川口市議会 2021-12-09 12月09日-02号

さらに、公助取り組みとして、街づくりを担う行政が国や県と協力しながら治水対策などの事業を一層推進していくことが、市域全体の被害軽減につながるものと考えております。 今後も引き続き、安全安心な街川口のため防災減災に鋭意取り組んで参る所存であります。 以上です。 ◆37番(吉田英司議員) 市長答弁ありがとうございました。 

毛呂山町議会 2021-12-04 12月04日-03号

議員ご指摘のとおり、今回の台風19号による近隣市町被害状況を見ましても、河川や水路、農業用ため池などの治水対策が急務と考えます。現状、台風などの豪雨が予想される場合の対応としましては、用水路から田に水を引くために水稲農家用水路内に設置した柵板の取り忘れがないか、流木等が滞留しやすい箇所に詰まっていないかといった箇所を職員が巡回確認し、必要な場合には除去等の作業を行っています。

久喜市議会 2021-09-09 09月09日-02号

建設部長武井保) この冠水対策治水対策の充実ということで、市のほうの施策評価の事項になってございます。それが平成25年度からの計画で29カ所、それから今現在、昨年度まで平成30年度に24カ所やっていますよということで、その施策評価シートのほうに載ってございますので、そちらのほうを参照していただければというふうに考えてございます。

川口市議会 2020-12-24 12月24日-07号

今議会で災害復旧費、約8億6,000万円を予算計上しましたが、被災者生活再建災害からの復旧・復興に向け、国や県に対し支援の拡充とあわせ、再び被害が起こることのないよう、川口市が実施する治水事業災害対策に対し、必要な財政支援を求めるよう申し上げます。さらに、防災減災取り組みには、計画策定からの住民参加を基本とし、「誰も取り残さない」対応策を講じるよう求めます。 

越谷市議会 2020-12-19 12月19日-07号

令和元年台風第19号による災害に伴う国へ治水対策を求める意          見書  本年10月12日に上陸した台風第19号は、関東甲信越や東北のみならず、広範囲にわたり甚大な被害をもたらした。埼玉県においても記録的な豪雨により、複数の河川の氾濫や堤防が決壊し、家屋等が浸水するなど、これまで経験のない規模の災害となった。  

東松山市議会 2020-12-12 12月12日-03号

1級河川の越辺川と九十九川合流点にある九十九川水門台風19号豪雨時による治水対応をお伺いいたします。 ○福田武彦議長 答弁を求めます。  根岸知史建設部長。 ◎根岸知史建設部長 お答えいたします。  ご質問箇所は国の直轄管理となっているため、国土交通省荒川上流河川事務所に確認した内容をお答えいたします。

川口市議会 2020-12-11 12月11日-04号

今回の台風第19号では、これまで行なってきた調節池整備などによる一定治水効果がみられたところであります。議員質問江川流域におきましては、江川調節池台風接近時に計画貯留量に達し、下流域浸水軽減に寄与したところであります。しかしながら、近年の急激な気候変動の影響などを受け、さらなる改善を望む多くの市民の声が寄せられております。 

日高市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-04号

ですから、この保水力をどのように有効に活用して治水対策を進めるのかというのが非常に重要な案件になってくると思われます。   そこで、国、県、入間第二用水土地改良区、市、こういうふうに行政の横断的な対応が必要であり、そういうものを総合的に考えていけば最終的には下流側荒川流域水害を助けられるのではないかというふうに思います。

川口市議会 2020-12-10 12月10日-03号

本市においては、長年にわたり治水対策を講じたおかけで主要河川である荒川、芝川の決壊は免れ、他の自治体と比較して最小限の被害にとどまったのではないかと感じております。 しかしながら、本市の一部地域では床上床下浸水土砂崩れの被害に見舞われました。そこで、今定例会においては、台風第19号関連を5つの大項目に分けて市民の声をもとに質問します。 

越谷市議会 2020-12-09 12月09日-03号

以前に県の治水事務所に行った際に、当時の所長は、大吉調節池野鳥森周辺緑道利用者は、県内でも有数の多さであると発言していました。市としても、緑道を利用した回遊性などを目指して協議を続けている最中だと思います。この調節池野鳥の森が、まさに分断されているという状況ですので、利用者が安全に白鷺橋を横断できるように対策するべきと考えますが、ご見解をお示しください。  1回目の質問は以上です。