11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

蕨市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-03号

   │ │   │       │  ング目的だけではなく、お年寄りによる健康│   │ │   │       │  維持のためのウォーキング目的や、ケガ人に│   │ │   │       │  よるリハビリ目的で利用している場合も多い│   │ │   │       │ ①健康な方と比べると、舗装の剥がれ等の劣 │   │ │   │       │  化、木の根の成長に伴う路面の隆起沈降

加須市議会 2012-12-05 加須市議会 会議録 平成24年 第4回 定例会(12月)-12月05日−04号

この環状盛土遺構は、盛り土の厚さは1.5メートル、幅は20メートル以上、環の直径が推定150メートルにも達する巨大なものでございまして、関東造盆地運動による地盤沈降河川の氾濫によって地下深く埋没されていたため、後世の破壊を免れたものでございます。発掘調査はおよそ半分が終了したところであり、今後も調査が続きますが、最終的には出土する遺物の量はコンテナで3,000箱を超えると予想されております。

富士見市議会 2012-03-09 平成24年  第1回 定例会-03月09日−一般質問−07号

これは、荒川沈降帯というような形での位置づけになっておりますけれども、改めて災害に強い富士見市づくりが急務になってまいりました。そこで、お聞きをいたします。富士見市においては、低地の液状化対策、倒壊住宅発生の懸念、水害対策等々災害課題は山積をしております。平成24年度において、富士見市地域防災計画の見直し予算が計上され、新たな地域防災計画が作成される運びになっております。

日高市議会 2009-09-16 平成21年  第5回 定例会-09月16日−一般質問−04号

次に、市道に埋設されているマンホールぶたなどが、場所によって隆起及び沈降している箇所も少なくはありませんが、その修繕についてどのように考えているのかご答弁を求めるものであります。    3番目の下水道料金についてでありますけれども、当然日高市下水道条例に基づいて算定されるわけでございますけれども、対象住民は月額1,932円を支払っているところです。

加須市議会 2005-03-01 加須市議会 会議録 平成17年 第1回 定例会( 3月)-03月01日−04号

それが、関東造盆地運動による地盤沈降、少しずつ少しずつ沈む中で低地になった。  ですから、議員さん、今も何もしなければ1年に 3.5センチずつ沈んでいるんだと。地下水をくみ上げたり、人間がそのことを知らずにやると、大きくは 3.5センチも沈んでしまうんだと。

深谷市議会 1996-09-12 平成8年  9月定例会(第3回)-09月12日−03号

あるいは始まってからどんなぐらいの、沈降というのですか、があるかというような点だったと思います。また、県や国でも何カ所しているか。さらには県の規制は、また深谷は今後規制の対象となるかと。それから、井戸水は非常に大切だと。そういった立場から、河川のPRを積極的にやっていくかというようなご質問だったと思います。  

朝霞市議会 1995-12-12 平成 7年 12月 民生常任委員会-12月12日−01号

その後の輸送過程においても、空気中に分散した紙の粉は沈降して静置状態を形成することなく、むしろコンベアの輸送工程は振動、傾斜輸送、落下などの動作過程を含むため、粉じんの浮遊状態は持続されていたと見ることができる。つまり、紙の粉によって破砕機からガスシール機までの閉空間内は、可燃性粉じん混合気体で充満されていた。以上の状況は、2号機において特に顕著に実現されていた。  

朝霞市議会 1995-07-31 平成 7年  7月 民生常任委員会-07月31日−01号

その後の輸送過程においても、空気中に分散した紙の粉は沈降して静置状態を形成することなく、むしろコンベアの輸送工程は振動、傾斜輸送、落下などの動作過程を含むため、粉じんの浮遊状態は持続されていたと見ることができる。つまり、この紙の粉によって破砕機からガスシール機までの閉空間内は可燃性粉じん混合気体で充満されていたと推定される。以上の状況は、2号機において特に顕著に実現されていた。  

熊谷市議会 1990-09-13 平成 2年  9月 定例会(第4回)-09月13日−議案質疑−02号

また、CODにつきましては最終の凝集沈殿槽の部分で、ここで、ここにもありますけれども、塩化第二鉄を加えまして汚泥を沈降させるわけでございますが、それと同時にその出た水についてはさらに活性炭吸着法によりましてSS分、いわゆる浮遊物を吸着処理をしていくという形をとってございます。

蓮田市議会 1967-09-05 09月05日-一般質問-04号

効用として、具体的なものは交通安全性、快適性の向上や通行環境の向上、また沿道との景観の調和を図るとともに、地域全体の風致、美観の向上、さらに生活環境面では排気ガス、砂じん、ばいじんなどを吸着、沈降させ、大気を浄化します。また、騒音なども軽減させ、路面の輻射熱を遮断するとともに、樹木からの水分の蒸散により周辺温度の上昇を緩和させます。

  • 1