7901件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴ヶ島市議会 2040-09-13 09月13日-03号

また、がん検診については、がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針により、子宮頸がん検診のみ20歳以上となっていますが、その他のがん検診等については受診対象年齢を40歳以上又は50歳以上を基本として実施しています。病気を早期に発見し、早期に治療するためには、若年層であっても日頃からの健康管理が重要であると考えています。  (8)についてお答えします。

久喜市議会 2023-11-29 11月29日-02号

(1)、骨粗しょう症検診状況について伺います。  (2)、骨粗しょう症対策政策的位置づけについて伺います。  (3)、保健事業担当者骨粗しょう症に対する認識を伺います。  (4)、骨粗しょう症対策をどのように考えているのか伺います。  以上、1回目の質問を終わります。 ○議長上條哲弘議員) 大橋きよみ議員質問に対する答弁を求めます。  環境経済部長。                 

越谷市議会 2023-09-09 09月09日-03号

そのためには、さらなるがん検診受診率向上が必要となります。効果的な取り組みとしては、がん検診無料化でしょう。越谷市として一時的には財政負担がふえますが、越谷国民健康保険医療費は改善されるものと予想されますし、何よりも安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与するものと考えます。つきましては、今までに講じた財政上の措置とこれからの計画を、がん検診無料化の見解とあわせてお示しください。

川口市議会 2022-11-22 11月29日-01号

また、OECD加盟国の中で日本予防医療後進国と言われていることから、今後は、がん検診人間ドックのさらなる受診率向上など、予防医療の強化に努めていただくことを要望し、賛成いたします。 最後に、川口市下水道事業特別会計は、老朽管の更新など快適で住みよい環境づくりのため、下水道施設維持管理に努めており、平成30年度末の下水道処理人口普及率は87.2パーセントまで進捗しております。

鶴ヶ島市議会 2022-09-17 09月17日-04号

(1)、鶴ヶ島市の骨粗鬆症検診とその実績について。  (2)、検診後のフォローについて。  (3)、骨・関節疾患の要介護状態の原因としての市での状況は。  (4)、ロコモティブシンドロームへの取組について。  (5)、骨折予防医療介護予防対策の柱にすべきだと思いますが、市のお考えを伺います。  2、不妊治療について。

越谷市議会 2022-09-10 09月10日-04号

以前にも質問しましたが、春日部市のごみカレンダーは古くから30ページのごみ収集カレンダーに加えて、がん検診申し込みはがきのあるプラス13ページの健康情報が入った合計43ページのゴミニケーション・健康情報カレンダーというごみカレンダーがございます。このカレンダーは、自治会のご協力により各家々に配られております。

久喜市議会 2021-10-02 10月02日-08号

健康意識の高揚が図られておりますので、引き続き特定健康診査を初めとする人間ドック事業がん検診助成事業のさらなる取り組みを期待いたします。オレンジのポロシャツでの啓発は、関係部署職員からのアイデアと伺っております。こうした様子からも、保険給付費の増加を健康増進への働きかけで改善をしていくという本市の熱意のあらわれがうかがわれ、大変評価しております。  

東松山市議会 2021-09-13 09月13日-03号

高齢者健康づくり介護予防の視点からは、市が行う各種検診介護予防教室等への参加によりポイントが付与される仕組みは、より多くの方に参加していただくための有効な手段の一つと考えるため、今後、調査、検討を進めてまいります。  以上でございます。 ○福田武彦議長 安藤和俊議員。 ◆4番(安藤和俊議員) ありがとうございました。  

川口市議会 2020-12-11 12月11日-04号

大きな4 福祉・保健について (1) 乳がん検診受診率向上への取り組みについて 乳がん日本人女性の11人に1人が発症すると言われ、日本対がん協会厚生労働省などが10月を乳がん月間と定めています。現在日本では、乳がんが増加しており、乳がんで亡くなる女性の数は2016年には1万4,000人を超え、35年前と比べて3倍以上にもなっています。

越谷市議会 2020-12-11 12月11日-05号

神戸市の診断助成制度は、認知症診断を2段階に分け、第1段階として認知機能検診第2段階として認知機能精密検査を受けるというもので、その検診を65歳以上の高齢者無料で受けられる制度であるとともに、市内の多くの医療機関実施機関として登録されています。つまり、かかりつけ医を持ち、なおかつ登録医療機関であれば、第1段階検診が身近で受けられるということになります。  

吉見町議会 2020-12-05 12月05日-一般質問-03号

現在町では一人でも多くのがん患者が減るように、がん対策基本法及びがん対策基本計画に基づき、がん予防及び早期発見早期治療につなげるため、啓発グッズ作成等によるPR活動や、がん検診受診率向上に向けて積極的な受診検査勧奨を行うなどの取り組みを進めておりますが、今後もさらに強化してまいります。 以上です。 ○議長宮﨑雄一君) 生涯学習課長

毛呂山町議会 2020-12-03 12月03日-02号

認知症施策に伴うサービスにつきましては、徘徊高齢者見守りシール交付事業認知症検診事業、もの忘れ相談会オレンジカフェ開催など、認知症の総合的な施策によるもので、認知症となっても可能な限り住みなれた地域で暮らしていけることを目的としたものでございます。  なお、介護保険サービス高齢者在宅生活を支援するためのサービス一つになります。  

越谷市議会 2020-12-02 12月02日-01号

衛生費では、2億6,018万円を追加いたしますが、各種がん検診委託料予防接種委託料追加が主なものでございます。  農林水産業費では、973万円を減額いたしますが、市民農園整備工事費追加のほか、職員人件費整理が主なものでございます。  商工費では、200万円を減額いたしますが、職員人件費整理となっております。  

吉見町議会 2020-09-24 09月24日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

また、成人保健では、健康診査がん検診の結果を踏まえた健康管理に関する相談があります」との答弁がなされました。 次に、「悠友館利用者数が減っているが、その要因は」の質疑に対し、「施設全体の利用者数としては減っていますが、軽運動室筋力トレーニング機器が設置されている多目的ホール利用人数は増加しています。