123件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

行田市議会 2020-02-26 02月26日-06号

次に、4点目の相互応援体制のうち、本市状況についてでございますが、現在、市では、県内の全市町村をはじめ、友好都市である三重桑名及び福島白河市など31の公共機関食料資機材等提供職員派遣、災害時被災者の一時受入れなどを行う相互応援協定を締結しております。昨年11月には、相互応援協定に基づき、台風19号に係る復旧作業に従事するため、福島白河市へ職員2名を派遣したところでございます。

行田市議会 2020-02-18 02月18日-02号

18節負担金補助及び交付金のうち、友好都市議員交流会実行委員会補助金70万円は、4年に一度、白河市、桑名、行田市の輪番制により開催されます友好都市議員交流会が本年5月本市において開催される予定でございますので、それに伴う実行委員会補助金を措置したものであります。 その他の費目につきましては、多少の増減はございますが、ほぼ例年どおりの計上となっております。 次に、74ページをお願いいたします。 

春日部市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-08号

こんなことが、横浜市や桑名で発生しています。醜いことには、平成26年の7月、成年後見制度を担う司法書士職能団体ナンバーツーである専務理事が後見人3人の口座から2,387万円を横領したとして、東京法務局から懲戒処分を受け廃業に追い込まれております。こんなことが春日部市民の中で起きないように、問題点を伺っていきたいというふうに思います。  

新座市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会−12月17日-09号

PFIで初めて建設、運営されている桑名図書館も見に行ったりもしました。ここ最近では、東根市のまなびあテラスとか、一宮市の中央図書館両方とも株式会社図書館流通センター指定管理をしているということで、両方ともすばらしい図書館で、指定管理でもこうやってすばらしい図書館をしていただけるのだなと、ここのところで考えを少しずつ改めていったという、そんな経緯があります。  

上尾市議会 2018-12-14 12月14日-一般質問-05号

これまでも、和光市や三重県の桑名卒業の話は知っていましたが、大東市の卒業は、この2市とは違います。大東市方式は、介護保険制度から強制的に卒業させ、2017年5月26日に成立した地域包括ケアシステム強化のための介護保険法等の一部を改正する法律で打ち出された介護予防重度化防止のための保険者機能強化先進例として紹介されています。

朝霞市議会 2018-03-23 03月23日-05号

つまり、先行してやられている自治体三重県の桑名では、実態調査をすると、1年半の間に卒業した142人の調査で、自費のサービスを使っているという方が1割、重度になっているという方が2割、亡くなられたという方が1割もいらっしゃったという実態調査があります。これは、厚生労働省調査でも同様の数字だということです。

所沢市議会 2017-12-13 12月13日-06号

三重桑名では、学習支援コーディネーターを窓口の相談員に兼務してもらっています。相談に来られた御家庭子供さんがいた場合には、教員OBと結びつけるという形で、学習支援コーディネーターを配置しているわけです。 子供がいる御家庭で学力や家庭での学習に不安を感じている御家庭があった場合、所沢市ではどのように対応しているのか、もし事例があれば、それも併せてお示しください。

新座市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会-12月06日-03号

三重桑名では、子育て中の専業主婦自営業者方々など、なかなか健康診断を受診できない人を対象に、自宅にいながら血液検査を受けられる「スマホdeドック」の申し込み受け付けを始めました。対象となるのは、いずれも桑名在住で35歳から39歳の国民健康保険加入者か、43歳から59歳の国民健康保険加入者で、3年間特定健診を一度も受けていない方々です。市によると、対象者は3,400人に上るそうです。

蓮田市議会 2017-09-15 09月15日-一般質問-03号

三重県の桑名では、2015年4月から総合事業を実施している中で、ケアプランを担当するケアマネジャーを招集して、利用者介護保険卒業して、地域活動にデビューすることを目標としてケアマネジメントを多職種共同で提案するという、地域応援会議地域ケア会議を実施していると。そして、多くのケアマネジャーが半年程度でサービス卒業を迫られていると、そういった問題が出ているわけです。

春日部市議会 2017-09-06 平成29年 9月定例会−09月06日-07号

三重桑名、和光市に倣って地域生活応援会議という会議が設けられ、要支援ケアプランは全てこの応援会議にかけなければならないと、こういう仕組みになっているそうです。応援会議では、卒業させるプランでなければ認めないと、こういうことが決まり事になっていて、応援会議にかけられない事例が多数生まれていると、こういうふうに伺っております。

久喜市議会 2017-09-04 09月04日-01号

公明党久喜市議団は、過日、8月22日から同24日まで三重亀山市、同桑名、愛知県名古屋市を訪ね、行政視察を行ってまいりましたので、内容についてご報告いたします。  初日の22日は亀山市を訪ねました。亀山市は、面積191.04平方キロメートル、人口は現在4万9,703人、29年度一般会計歳入歳出とも約210億円です。平成17年1月に亀山市、関町が新設合併しておりました。

行田市議会 2017-08-30 08月30日-02号

次に、どのような差別化が図られているかについてでございますが、本市におきましては、はにわランニング足袋など、本市独自の多彩な返礼品や、はにわづくり体験などの体験型返礼品のほか、昨年10月からは友好都市であります桑名及び白河市とふるさと応援寄附に関する友好都市連携協定を締結し、3市それぞれのふるさと納税ポータルサイトから共通の返礼品であるお米とお酒の申し込みを行うことが可能となってございます。 

新座市議会 2017-06-20 平成29年第2回定例会-06月20日-10号

調査年月日は、平成29年5月17日、三重桑名へ、1点目に国際観光まちづくりKUWANA2つ目桑名観光パンフレット。  そして、翌日18日には、岐阜県大垣市中心市街地活性化基本計画を、それぞれ調査を行いました。  調査結果の詳細につきましては、報告書をごらんいただければと思います。  報告は以上です。

上尾市議会 2017-06-15 06月15日-一般質問-05号

5月23日の参議院厚生労働委員会参考質疑でも、厚生労働省の直接指導のもと全国に先駆けて総合事業が実施された三重桑名介護保険から卒業とさせられた、自立というようになるわけですが、この受け入れ先がないまま卒業者となったということで、10.6%の人が死亡したというのです。大変深刻な事態です。参考人村瀬三重短期大学非常勤講師からの報告でした。

新座市議会 2017-06-11 平成29年第2回定例会−06月11日-05号

その中で特集記事がこのように組まれていて、写真があって少しの文字がこうやってある、解説が載っているような形になってくると思うのですけれども、こういったものの発展型というか、この間建設経済常任委員会桑名といったところに行ったのですけれども、この特集部分をまとめて、年間で1冊の特集号というものを桑名では出しています。