591件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草加市議会 2019-03-19 平成31年  2月 定例会−03月19日-08号

多くの市民が利用するスポーツ施設であり、災害時の避難場所、また、東海第二原発の事故が発生した場合、水戸市民の受け入れ先にもなる施設です。早期のエアコンの整備が必要です。  その一方で、工業団地野球場、総合グランド、八幡小学校の防球ネットの新設・嵩上げが実施されます。予算は3事業総額で5,860万8,000円です。設置理由は、近隣住民、通行者の安全確保のためとのことでした。

草加市議会 2019-03-14 平成31年  2月 予算特別委員会−03月14日-05号

多くの市民が利用するスポーツ施設であり、災害時の避難場所、また、東海第二原発の事故が発生した場合、水戸市民の受け入れ先にもなる施設です。早期のエアコン整備が必要です。  その一方で、工業団地公園野球場、総合グランド、八幡小学校の防球ネットの新設・嵩上げが実施されます。予算は3事業総額で5,860万8,000円です。設置理由は、近隣住民、通行者の安全確保のためとのことでした。

草加市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会−12月20日-付録

        │ │  │       │3 障がい者施策について      │ 92 │健康福祉部長  │ │  │       │ ア、障がい福祉に関する申請について│  │総務部長    │ │  │       │ イ、障害者手帳について      │  │市長      │ │  │       │ ウ、障がい者雇用について     │  │        │ │  │       │4 東海第二原発

朝霞市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−資料

の運転期間を延長しないことを求める意見書平30.12.17原案可決                ●請願の審議結果 付託 委員会受理番号 付託年月日件名委員会 審査結果議決年月日議決結果総務平成30年 第5号 平30.8.31東海第二原子力発電所の運転期間延長を行わないよう意見書提出を求める請願不採択平30.12.17採択 議員提出議案第3号    東海第二原子力発電所の運転期間を延長しないことを求

朝霞市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−06号

東海村の太平洋沿岸は、全て原子力発電の関連の施設で埋め尽くされています。水戸黄門は、東海村の村松を伊勢に例えて風光明媚なところと褒めたたえていたところが、今では、先ほども言ったように原子力発電で埋め尽くされています。それが、即座に東海原子力停止すると廃墟と化すわけです。  地元の経済地域性を考えると、今とめることについては賛成できません。

上尾市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−一般質問−03号

また、茨城県東海村では、全庁的に依頼業務の見直しを行い、行政が依頼していた回覧文書を全て廃止する取り組みを行ったとのことでございます。なお、両自治体とも広報誌等の定期刊行物の配布については、自治会へ依頼するものではなく、行政側が担っているとのことでございます。 ○議長(道下文男議員) 9番、星野良行議員

白岡市議会 2018-12-07 平成30年  第4回(12月)定例会-12月07日−議案質疑−05号

当該請願の内容は、東海第二原発の再稼働を行わないこと、そして速やかな廃炉を求めるものです。東海第二原発の再稼働には、原発が立地する茨城県東海村を含む周辺6自治体の事前同意を得る必要があります。6自治体の中には、市民意思を酌み取るため市民代表でつくる組織を設置することを表明する自治体もあり、各自治体が民意を集約する取り組みをされている最中です。   

白岡市議会 2018-12-01 平成30年  第4回(12月)定例会-目次

………………………………………………………………………………6〇市長提出議案の報告………………………………………………………………………………………………………………7〇一般行政報告………………………………………………………………………………………………………………………7〇請願第1号の審査報告、質疑…………………………………………………………………………………………………10 ・請願第  1号 東海第二原子力発電所

白岡市議会 2018-11-29 平成30年  第4回(12月)定例会-11月29日−議案説明−01号

11月29日-議案説明-01号 平成30年  第4回(12月)定例会             平成30年第4回白岡市議会定例会 第1日平成30年11月29日(木曜日) 議 事 日 程 (第1号) 1、開  会 1、開  議 1、議事日程の報告 1、会議録署名議員の指名 1、会期の決定 1、諸報告 1、市長提出議案の報告 1、一般行政報告 1、請願第1号の審査報告、質疑   請願第 1号 東海第二原子力発電所

新座市議会 2018-11-09 平成30年第1回臨時会−11月09日-01号

議第16号議案 資産課税の軽減に関する意見書につきましては、内閣総理大臣総務大臣財務大臣農林水産大臣宛てに、議第17号議案 東海第二原発の運転期間延長を行わないことを求める意見書につきましては、内閣総理大臣経済産業大臣環境大臣原子力規制委員会委員長宛てに、議第18号議案 水道施設戦略的な老朽化対策を求める意見書につきましては、内閣総理大臣厚生労働大臣国土交通大臣宛てに、議第19号議案

白岡市議会 2018-10-03 平成30年  第3回( 9月)定例会-10月03日−委員長報告・討論・採決−06号

ただいま総務常任委員長から報告がありましたが、請願第1号 東海第二原子力発電所の運転期間延長を行わないことを求める意見書に関する請願書につきましては、少数意見の留保がなされ、会議規則第103条第2項の規定により報告書が提出されております。会議規則第41条第2項の規定により、少数意見の報告をすることについて、これを許します。   2番、渡辺聡一郎議員。        

朝霞市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−06号

記  平成30年請願第5号 東海第二原子力発電所の運転期間延長を行わないよう意見書提出を求める請願 ○野本一幸議長 ただいま朗読したとおりです。  お諮りします。  平成30年請願第5号については、審査終了するまでの間、閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○野本一幸議長 御異議なしと認めます。  

朝霞市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−資料

議案調査等)第28日9月27日木 ◯休会(議案調査等)第29日9月28日金午前9時◯委員長報告及び同報告に対する質疑、討論、採決 ◯閉会                ●請願文書表 受理番号受理年月日件名請願者の住所氏名紹介議員付託委員会名第4号30.8.20消費税10%への増税中止を求める請願朝霞市根岸台2−15−71 医療生協さいたま朝霞支部 支部長 村田とき子山口公悦総務第5号30.8.22東海第二原子力発電所

新座市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会−09月27日-13号

東海第二原発の再稼働に反対する陳情に対しまして、委員長報告どおり私は採択すべきという賛成討論を行います。  昨日原子力の規制委員会東海第二原子力発電所について、新基準を満たしていたという審査書を正式に決定いたしました。本当に言語道断だというふうに思います。この東海第二原子力発電所は、東日本大震災のときに津波で外部電源を失うなどして重大事故の寸前に陥って停止をしているものです。

志木市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月26日−06号

教育費 第4項 幼稚園費                第11款 公債費                第12款 予備費    第64号議案 平成29年度志木市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について    第66号議案 平成29年度志木市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について    第67号議案 平成29年度志木市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について    請願第2号 「老朽化した東海第二原発

新座市議会 2018-09-25 平成30年第3回定例会−09月25日-11号

議第16号議案 資産課税の軽減に関する意見書が平松大佑議員外10名から、議第17号議案 東海第二原発の運転期間延長を行わないことを求める意見書が平松大佑議員外2名から、議第18号議案 水道施設戦略的な老朽化対策を求める意見書が川上政則議員外6名から、議第19号議案 キャッシュレス社会の実現を求める意見書が鈴木秀一議員外4名から、議第20号議案 児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書が野中弥生議員

草加市議会 2018-09-21 平成30年  9月 定例会-09月21日-06号

議第13号議案 東海第二原子力発電所の住民理解のない再稼働を認めないことを求める意見書。  東海第二原子力発電所は、国内初の大型原子力発電所として、1978年11月に営業運転を開始し、東京電力東北電力に売電をしてきたが、2011年3月に発生した東日本大震災による津波により、3台ある非常用電源のうち1台がとまり、現在運転を停止しているところである。