35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

川越市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第12日・3月4日) 本文

このバイパスは、川越市大字小仙波から和光市新倉の東京かく環状道路までの延長約十八・一キロメートルについて四車線で計画されております。このうち川越市から富士見市下南畑の一般国道四六三号までの区間約十一・二キロメートルにつきましては、すでに四車線で供用しているところでございます。

春日部市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会−09月06日-06号

まず、新たな産業基盤づくりの対象エリアの条件でございます既存産業団地に隣接すること、インターチェンジ出口よりおおむね1.5キロメートル以内であること、東京かく環状道路などに接続する国道等4車線以上の幹線道路沿道であることのいずれかに該当する必要がございます。  次に、市街化区域への編入を基本として農業土地利用都市土地利用の健全な調和を図り、適切な開発誘導に努める必要がございます。

草加市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会−06月14日-05号

また、当該区域は直近の東京かく環状道路を経て、東京の湾岸道路への開通により、より一層土地のポテンシャルが非常に高くなっております。  一方、平成29年4月より施行しております都市計画マスタープランにおいては、産業団地が立地する場所は、県立草加東高校の北に面する市道より北側で、県道平方東京線の西側の本市北東部に位置づけております。

草加市議会 2018-02-21 平成30年  2月 定例会−02月21日-01号

本年は、東京かく環状道路千葉県区間の開通も予定されており、交通の利便性の向上や、地域間のさらなる連携が期待されます。本市としましても、こうした「つよみ」を活かしながら、引き続き、埼玉県企業局と連携した柿木地区での企業誘致などを通じて、雇用の創出や若い世代の流入、税収の確保に努めてまいります。  

草加市議会 2017-09-20 平成29年  9月 定例会-09月20日-04号

4点目に、ハザードマップには、その他の避難場所として東京かく環状道路が記載されており、標高の目安は6m以上となっています。その他の避難所としてどのように想定されているのか伺います。  9月5日号の広報「そうか」で、カスリーン台風の被害写真パネル展開催の記事が掲載されておりました。私も、先日八潮市で開催されていたパネル展を見てきました。カスリーン台風の被害があったのは、70年前のことです。

春日部市議会 2016-03-16 平成28年 3月定例会−03月16日-10号

東埼玉道路の概要でございますけれども、起点を埼玉県八潮市東京かく環状道路から終点を春日部市庄和インターチェンジ交差点に至る延長約17.6キロメートル地域規格道路でございます。この東埼玉道路は、自動車専用部に先行して一般部の整備が進められており、平成17年3月までに八潮市八條から吉川市川藤までの区間、延長約5.7キロメートルの一般部の供用が開始されたところでございます。

春日部市議会 2016-03-08 平成28年 3月定例会−03月08日-06号

東埼玉道路の概要でございますが、起点を埼玉県八潮市の東京かく環状道路から終点を春日部市の庄和インターチェンジ交差点に至る延長約17.6キロメートル地域規格道路でございます。この東埼玉道路は、昭和63年に都市計画決定されたもので、平成17年3月までに八潮市八條から吉川市川藤までの区間、延長約5.7キロメートルの一般部の供用が開始されたところでございます。

草加市議会 2015-03-23 平成27年  2月 定例会-03月23日-08号

あれから42年、市民の皆様、歴代議員の皆様、また、歴代市長・副市長を初めとした職員の皆様と一致団結して進めてまいりましたまちづくりにより、治水都市計画道路下水道鉄道高架、東京かく環状道路などなどの都市基盤が整備され、草加の都市力は格段に向上いたしました。  私は、この42年間のうち通算17年間、街路事業、いわゆる新たに地図になる道路事業を担当させていただきました。

草加市議会 2014-09-08 平成26年  9月 定例会-09月08日-03号

八潮市では、市内に東京かく環状道路インターチェンジがないことから、現在、東日本高速道路株式会社で計画を進めている(仮称)八潮パーキングエリアを利用したスマートインターチェンジの設置について検討するため、平成23年11月に外環八潮パーキングエリア(仮称)スマートインターチェンジ勉強会を発足しました。  

草加市議会 2011-03-18 平成23年  2月 定例会−03月18日-付録

また、防災行政用無線子局移設等改修工事の内容はという質疑については、平成21年度から3年間の計画で進めてきた事業で、平成23年度は東武伊勢崎線の東側かつ東京かく環状道路の南側の地域で22局の改修を予定しており、改修方法はスピーカーの強化、角度の調整等を行い、難聴地区の解消を図りたいとのことであります。  

草加市議会 2011-03-02 平成23年  2月 予算特別委員会-03月02日-02号

エリアにつきましては、横軸を東京かく環状道路、それから縦軸を東武伊勢崎線としまして、T字型に市内を3分割しております。  屋外拡声子局網の再構築をそれぞれ行うんですが、平成21年度から実施しておりまして、平成23年度が最終年度になります。平成21年度につきましては、外環から北側、それから今年度でございますが、東武線の西側平成23年度につきましては、東武線の東側をやる予定としております。  

草加市議会 2011-02-28 平成23年  2月 定例会-02月28日-02号

柿木町等の市街化調整区域におきましては、東京かく環状道路や東埼玉道路の開通に伴い、地域環境が大きく変化しました。こうしたことから、無秩序な開発を防止するため、地域の方々との意見交換を踏まえ、平成20年8月に都市計画マスタープランの市街化調整区域編を策定したところでございます。  

草加市議会 2010-03-03 平成22年  2月 予算特別委員会-03月03日-02号

具体的には、縦を東武伊勢崎線で、横を東京かく環状道路、それから氷川神社通りと県道草加八潮三郷線で分けますと六つのブロックに分かれます。それを平成21年度におきましては、東京かく環状道路以北の二つを現在やっております。平成22年度につきましては、縦列の東武伊勢崎線で分けまして、それの西側二つを実施していく予定でございます。  以上でございます。 ○委員長 平野委員。

草加市議会 2010-01-07 平成22年 12月 定例会-01月07日-02号

次に、東京かく環状道路下に設けられました一般国道298号の側道に設置されております原町地区の歩道につきましては、供用開始からかなりの年月が経過しております。国土交通省首都国道事務所によりますと、歩行者の安全性を確保する上で緊急性があるものについては、アスファルト合材により緊急的な補修をし、その後、部分的な舗装をすることで維持管理を行っていると伺っております。

草加市議会 2009-03-04 平成21年  2月 定例会-03月04日-05号

本市のまちづくりを振り返ってみますと、東武伊勢崎線の高架・複々線化、東京かく環状道路建設綾瀬川の改修と放水路の建設などが行われました時期に、草加駅東口、谷塚駅東口の再開発が行われ、都市の骨格づくりが進み、徐々にではありますが、生活環境が改善されてまいったところでございます。  

草加市議会 2008-09-16 平成20年  9月 定例会-09月16日-03号

初めに、第8次住居表示の取り組み状況についてでございますが、実施区域といたしまして、八幡町全域と東京かく環状道路の南側にあります青柳町の一部を対象に検討してまいりました。しかしながら、街区のとり方で町名の統廃合が生ずることや、旧町名への愛着など、従来からのコミュニティ組織の再編が余儀なくされるおそれがあるなどのことから、地域の皆様と合意形成にまでは至っていない状況にございます。  

草加市議会 2008-02-28 平成20年  2月 予算特別委員会−02月28日-03号

それで2階以上の施設を利用して避難所で約12万人は収容可能、あと残りの約9万人でございますが、これにつきましては、東京かく環状道路の上に避難していただきたいというふうな形で、河川管理者には草加市はこういうふうなことを考えているということで届け出を出しております。そういった部分も含めまして、防災会議の中で決めさせていただきたいというふうに考えてございます。  以上でございます。

草加市議会 2002-09-10 平成14年  9月 定例会-09月10日-03号

次に、東京かく環状道路から中央橋までの葛西用水西側車道確保につきましては、整備計画といたしまして地域の皆様方と協議を図る中で、幅員4mの車道と用水側に遊歩道を整備し、歩車道分離を行いまして通行の安全を確保する予定でございます。  次に、釣り場でございますが、今後、整備計画を策定する中で、魚釣りができるように階段護岸や親水デッキ等を活用した釣り場の確保を検討してまいりたいと考えております。  

  • 1
  • 2