10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

桶川市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−04号

(1)、東京国立博物館特別展に後谷遺跡のみみずく土偶とくしが展示され、その後、みみずく土偶が日本フランス160周年友好においてフランスで展示されますが、展示された経緯をお伺いいたします。  (2)、後谷遺跡、みみずく土偶や漆のくしは、どのような点が評価されたのかお伺いいたします。  

所沢市議会 2013-12-16 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月16日−07号

次に、黄林閣と市民の関わりについての教育委員会の認識でございますが、黄林閣は、かつて電力王と言われた実業家、故松永安左ヱ門氏が別荘として使っていた柳瀬荘の中心的建物であり、昭和23年に東京国立博物館に寄贈され、昭和53年に国の重要文化財に指定されました。現在は、東京国立博物館のもとで管理されております。

熊谷市議会 2007-03-14 平成19年  3月 定例会(第1回)-03月14日−一般質問−05号

とりわけ議員さんご指摘の古墳群につきましては、東京国立博物館所蔵の「踊る埴輪」を出土した野原古墳群を初め、2基の前方後方墳を持つ埼玉県指定史跡「塩古墳群」など、歴史的に価値の高いものがございます。そこで、これらを貴重な観光資源としてとらえ、市のホームページや19年度に新たに作成する観光パンフレット等で、市内外へ積極的に周知を図ってまいります。  

川口市議会 2004-03-15 平成16年3月定例会 埼玉県川口市議会-03月15日−04号

上野帝室から東京国立博物館と名称が変わったのは昭和22年で、村上氏の資料は約57年前のもので、すぐには資料が出ないとのこと。約2時間待たされました。担当者によると、本来、国立博物館が特別観覧の許可を得る場合、この鎗は長い間、倉庫に保存しているため、錆びていて磨きにかけ撮影するが、刃物は光が当たって撮影は特殊技術専門家が撮影するので、2、3か月はかかるとのことでありました。  

志木市議会 2001-07-19 平成13年  7月 定例会(第2回)-07月19日−03号

その内容は、去年の11月4日に東京国立博物館平成館で開催されました日英両国の関係者によるシンポジウムで、調査に携わったバーミンガム大学のバリー・ウエイド教授から、ブックスタートパックを受けた家族と受けない家族を対象に、8年にわたってアンケート調査やモニタニング調査をした結果についての報告がありました。  

蓮田市議会 1985-06-28 06月28日-一般質問-03号

今後の分析調査の方法につきましては、上野にございます東京国立博物館において、かめ及びその内部をCTスキャンで分析することが検討されたようでございます。また、かめの状態は、もともと亀裂が入ったかめを使用しております。使用当時に漆で補修しておりますが、劣化が進んでいるようでございます。このため、埋蔵銭を含んだかめを動かすことが現状ではかなり厳しい状態であり、重量もいまだ不明の状態でございます。

  • 1