588件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草加市議会 2022-09-16 令和 4年  9月 福祉子ども委員会−09月16日-03号

調定額39億8,518万2,031円、収入済額38億7,856万2,314円、調定額に対する収納率年金からの差し引きにより収納されました現年度分特別徴収保険料還付未済額を除きまして100%、金融機関等において納付されました普通徴収保険のうち、現年度分につきましては90.8%、滞納繰越分につきましては30.0%となってございます。  

宮代町議会 2022-08-26 08月26日-02号

滞納繰越分普通徴収保険収納率については、調定額減少傾向にある中では、さらなる向上が求められるため、引き続き地道な取組に努めてください。 2025年、令和7年には団塊の世代が75歳になります。高齢者地域で長く暮らしていくためには、町内で介護、医療、福祉といったサービスを通して生活を支援することが重要です。

東秩父村議会 2022-03-11 03月11日-議案説明、質疑、討論、採決-03号

初めに、歳入でございますが、1款1項1目の第1号被保険者保険料については、令和4年1月末現在の調定額により、1節現年度分特別徴収保険料が当初見込額より107万4,000円の増額、2節現年度分普通徴収保険については当初見込額より95万円の減額となる見込みのため、合わせて97万9,000円を増額補正するものであります。  

草加市議会 2021-09-17 令和 3年  9月 福祉子ども委員会−09月17日-03号

調定額37億1,258万5,087円、収入済額35億8,121万2,880円で、調定額に対する収納率年金からの差し引きにより収納されました現年度分特別徴収保険料還付未済額を除きまして100%、金融機関等において納付されました普通徴収保険のうち、現年度分につきましては89.3%、滞納繰越分につきましては28.3%となってございます。  

宮代町議会 2021-08-27 08月27日-02号

滞納繰越分普通徴収保険収納率については、調定額減少傾向にある中での向上が求められるため、引き続き地道な取組に努めてください。 また、介護サービスに係る費用を抑制するには、要介護状態にならないよう介護予防に力を入れる必要があります。令和年度は、新たに地域交流サロン1か所が開設されたものの、3か所が活動を終了するなど課題も見受けられました。

幸手市議会 2021-03-19 03月19日-06号

その他といたしまして、  ・現年度分特別徴収保険料1,000万円の増額補正と現年度分普通徴収保険1,000万円の減額補正関係について  ・給付費準備基金繰入金給付費準備基金積立金関係について などの質疑があり、それぞれ答弁がなされました。 以上で質疑を終結し、討論を求めましたところ討論はなく、採決の結果、賛成全員にて原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上で報告を終わります。

東秩父村議会 2021-03-04 03月04日-議案説明、質疑、討論、採決-02号

初めに、歳入でございますが、1款1項1目第1号被保険者保険料については、令和3年1月末現在の調定額により、1節現年度分特別徴収保険料が当初予算額より72万2,000円の増額、同じく2節現年度分普通徴収保険についても当初見込額より52万円の増額となる見込みのため、合わせて124万2,000円を増額補正するものであります。  

春日部市議会 2021-03-02 令和 3年 3月定例会−03月02日-05号

まず、173ページ、特別徴収保険料年度分普通徴収保険年度分についてですが、こちらの特別徴収保険料が前年度に比べて4,163万円増えていますけれども、令和年度及び令和年度の被保険者見込人数がどうなっているのか。また、県内1人当たりの保険料は幾らで、春日部市は全国で何位なのかをお示しください。  次に、保険料均等割額軽減制度についてですが、令和年度の実績についてお示しください。