18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

所沢市議会 2015-09-09 09月09日-04号

音楽療法士ということを余り知らなかったので調べましたら、今のところ国家試験はないようですが、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生日本音楽療法学会理事長をされていて、この協会で必修の講習会を実施して、音楽療法士になるには、ピアノを弾くのも含めた音楽の力があることはもちろんですが、体の構造の医学心理学福祉部門教育部門の18単位の勉強を身につけ、試験に合格して、初めて資格を取得できるということです

東松山市議会 2013-09-20 09月20日-一般質問-04号

また、担い手となる音楽療法士には、現状では国の資格制度はなく、日本音楽療法学会をはじめとする民間団体自治体独自の養成講座認定制度が運営されております。なお、実際に診療として行われる場合、保険外自由診療となり、例えば市民病院入院患者対象として別途音楽療法を実施する場合、いわゆる混合診療の問題が生じるため、併用することはできませんので、正式な形での導入は難しいものと考えております。  

北本市議会 2006-09-16 09月16日-04号

日本音楽療法学会定義によりますと、『音楽療法とは、「音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身障害回復機能維持改善生活の質の向上行動変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」をさすもの』としております。この音楽療法医療福祉等の現場において取り入れられるようになってきておりまして、注目すべき治療法として認識されるようになってきているようであります。 

和光市議会 2006-09-15 09月15日-03号

この音楽療法士さんも、本当に専門の分野をしっかり学びまして、だれでもできるというものではなく、しっかりと日本音楽療法学会認定をしております。そういった音楽療法士さんのもとでこの音楽療法をまたさらに充実して、和光市としてもしっかりと取り入れて、さらに進めていただきたいと思います。 このことは要望しておきます。 

鴻巣市議会 2006-09-14 09月14日-03号

日本音楽療法学会認定する音楽療法士も、2005年には1,885人にふえています。私の義父が通所している施設ケアマネジャーさんに聞いたところ、そこでも月1回程度音楽療法を実施しているようでした。音楽療法を積極的に取り入れている横浜の病院では、就寝時間を院内放送で知らせるのではなくモーツァルトを流すことによって、睡眠薬の使用が減少し、医療費抑制にも大いに役立っている実例もあります。  

草加市議会 2004-09-08 平成16年  9月 定例会−09月08日-03号

この音楽療法につきましては、日本音楽療法学会というところがございます。そこの定義づけでは、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身障害回復機能維持改善生活の質の向上行動変容などに向けて音楽を意図的、計画的に使用することを指すものとすると、このようにされております。  

所沢市議会 2003-12-10 12月10日-07号

そもそも音楽療法とは何かということですが、日本音楽療法学会定義によると、「音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを、心身障害回復機能維持改善生活の質の向上に向けて、意図的、計画的に活用して行われる治療技法」として定義づけています。音楽の力は人間にとってどのように役立つのか、これが音楽療法の根本になっています。 

鴻巣市議会 2003-12-09 12月09日-04号

ストレスを要因とする病気が増大する中で、我が国の医学界でも肉体と精神は一体だとして全人的医療必要性が叫ばれてまいりましたが、日本音楽療法学会認定する音楽療法士は現在756人であり、音楽療法医療保険介護保険が適用されず、音楽療法公的資格がないため、正式採用が難しく、療法士の地位は不安定な状況にございます。  このため、与党の議員連盟国家資格保険適用を目指した取り組みを始めました。

和光市議会 2003-09-22 09月22日-03号

先日、都内で開催された音楽療法フォーラムにおいて、日本音楽療法学会評議員の講演の中に、痴呆症高齢者に実施した音楽療法によって約半年間で生活態度言語能力に大幅な回復が見られたという成果の報告がありました。現在の月1回の開催をさらに公民館を利用して地域へ拡大した開催が望まれますが、市の取り組みと今後の課題があればお伺いします。 

蕨市議会 2003-06-23 平成15年第 3回定例会−06月23日-03号

こうした音楽療法に対するニーズ全国各地で高まっており、日本音楽療法学会奈良市、岐阜県、兵庫県、三重県桑名市などでの地方自治体は、独自に音楽療法士養成し、音楽療法普及に取り組んでおります。  そこでお伺いをいたしますが、蕨市でもこの音楽療法事業を導入する考えはないか、お聞きいたします。  第4点は、新婚世帯向け家賃補助制度についてお尋ねをいたします。  

坂戸市議会 2002-12-11 12月11日-一般質問-03号

現在、国際聖路加病院の日野原重明氏が理事長をなされております日本音楽療法学会中心になって推進されております。全国自治体でもその取り組みは広がり、現在岐阜県、兵庫県、奈良市、大分市などは、独自の認定システムをつくり、社会福祉施設療育施設精神障害者施設でも実施されております。その他全国自治体でも独自に活用されております。

北本市議会 2000-12-25 12月25日-08号

一方で、国家資格を得たいということで現在、日本音楽療法学会を発足する準備がなされているというふうにも聞いております。それで、この辺の具体的な動きがもしわかるのであれば教えていただきたい。 

  • 1