26499件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日高市議会 2059-06-20 06月20日-一般質問-03号

最後に、(3)、新たな施策の検討状況でございますが、市といたしましては、現在実施しております高齢者等おでかけ支援事業デマンド交通としての地域自主運行事業基本として、今後も移動手段支援を進めてまいります。買い物や通院、子どもの送迎など、日常生活に必要な移動手段を市が支援することは、大切なことであると認識しております。

熊谷市議会 2048-09-11 09月11日-一般質問-04号

続きまして、大きな2として、継続した子育て支援策を考えるです。前回は、子育て前の、産みたい、育てたいと思える環境体制づくり支援環境についてお尋ねいたしました。今回は、その後の周産期から未就学児くらいまでの子育て支援状況についての質問をいたします。 (1)として、未就学児までの各種子育て支援策の実施状況についてです。

鶴ヶ島市議会 2040-09-13 09月13日-03号

また、移住、住み替え支援制度につきましては国の補助制度が存在するところです。例えばハード面では、既存ストックを活用した高齢者子育て支援施設等の整備や若年世帯の住み替えを促進するリフォーム事業等に対する支援があります。また、ソフト面では住宅金融支援機構による住宅ローン金利引き下げ等支援があります。

熊谷市議会 2032-06-19 06月19日-一般質問-05号

今後、大会の誘致を進めていく上で、本市が主催や共催となることは想定しておりませんが、ラグビーワールドカップ日本陸上競技選手権大会のように大会の規模やその目的等により開催都市にも費用の一部や人的な支援を求められるケースがございます。こうした要請にも的確に対応できるよう、スポーツコミッション制度を構築していく中で、支援のあり方について検討してまいります。 

東松山市議会 2025-12-20 12月20日-05号

次に、10款教育費について、委員より「1項3目教育指導事業について、児童登下校支援業務の誘導員数は。また、誘導員は毎回同じ方が来るのか。」との質疑に、「登下校支援員については、桜山小学校区に6班あり、支援員の数は6名である。支援員が頻繁にかわってしまうと子どもが安心できないため、できるだけ同じ支援員を継続して配置し続けられるように努めることと仕様書に入れて、担当は決まっている。

吉見町議会 2025-12-04 12月04日-一般質問-02号

また、町の防災力強化のため、平常時から取り組むべきことや、災害が発生した場合には迅速、効率的な被害応急対策が遂行されるための活動体制の確立、災害発生後の迅速な現状復旧被災者への生活再建等支援を定めてございます。避難所の開設の時期や避難所での高齢者障害者対応けが人等医療対応につきましても定めてございます。

熊谷市議会 2025-09-10 09月10日-一般質問-03号

質問の8、家族支援の視点からの取り組みについて、以下3点お伺いをいたします。 1点目、窓口来訪者の傾向について。 2点目、家族への支援重要性に対する認識。 3点目、具体的な取り組み内容。 質問の9、アウトリーチ訪問支援取り組みについて、以下3点を伺います。 1点目、国が示すひきこもりの評価支援に関するガイドラインや所管府省からの通知等において、どのような取り組みが求められているのか。 

日高市議会 2024-12-09 12月09日-一般質問-03号

その原因として、コンパクトシティ化を進めたい国の支援には条件や制約があり、支援策が使いづらいということがあります。日高市も立地適正化計画との整合性などで支援を受けるのに難しい面があります。そのような状況下市民の合意を得ながら、公共施設再編公的不動産の処分を進めていくためには、その効果や影響、課題についてもっと市民に知ってもらい、その上で市民との話し合いを進めていくべきと考えます。

東松山市議会 2024-06-11 06月11日-02号

2点目ですが、聴覚障害者等の当事者や支援するボランティア、手話通訳派遣事業実施者である東松山市社会福祉協議会障害者相談支援事業所学識経験者等に参加をいただく協議の場を想定しております。なお、関係団体のご意見も伺い、設置をしてまいります。  以上でございます。 ○福田武彦議長 以上で通告による質疑は終わりました。  ほかにございませんか。  蓮見 節議員

熊谷市議会 2023-12-13 12月13日-一般質問-05号

次に、災害補償の過去の支給事例ですが、平成23年3月の東日本大震災のときに災害見舞金を支給したほか、25年9月の竜巻被害のときに災害見舞金復旧支援金、被災者生活再建支援金、県や市の義援金等を支給しました。 次に、福川にある樋管の管理につきましては、山下議員さんにお答えしたとおり、福川が現在のように整備されたときから、地域の事情に詳しい地元の土地改良区などにゲート操作を依頼しています。 

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

外見からはわかりにくいため、周囲理解支援が重要となります。特に幼児期において親の理解周囲支援が不足すると、本人が自信をなくし、将来不登校や引きこもりになる可能性が高くなります。このため、親やその子にかかわる周囲の大人が就学前の早い時期に発達障害に気づき、その特性を理解し、適切な支援をしていくことが必要であると考えております。  

久喜市議会 2023-12-02 12月02日-03号

防災相互支援協定がありますよね。それに基づいて支援要請というのはしなかったのですか。支援準備の要請をしなかったのですか。そこまで考えが及ばなかったということなのですか。 ○議長上條哲弘議員) 市民部長。 ◎市民部長市川竜哉) 今現在、埼玉県、それから近隣の4市2町と相互応援協定締結しているところでございますが、今回の台風におきましては支援要請のほうはしていないところでございます。