170件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越谷市議会 2023-09-09 09月09日-03号

階段を使う際の操縦に安全確保するには気苦労があったと思われます。生徒が卒業したため、余裕教室の一角に今は置かれていました。  さて、別な角度から言えば、ノーマライゼーションという言葉、厚生労働省が提唱している障がいのある人が障がいのない人と同等に生活し、ともに生き生きと活動できる社会を目指す、こういう理念ですが、この考え方でいけば、地域の学校に車椅子でも通える施設整備が必要ということになります。

毛呂山町議会 2021-12-04 12月04日-03号

ローン飛行に当たりましては、資格を持った操縦者と場所により航空局の事前の許可が必要ということでございます。また、ドローン機器につきましては、災害の救助のための機器ということでございます。その目的に沿った利用については、また個別に消防署と協議してまいりたいと考えております。 ○長瀬衛議長 澤田巌議員。 ◆4番(澤田巌議員) 時代は、静止画時代から動画の時代に既に移っていると思います。

川口市議会 2020-03-08 03月08日-02号

次に、第2点目の、防災ヘリコプター導入についての質問のうち、1点目の、防災ヘリコプター導入にかかわる内容、体制はどのようなものかということでございますが、県消防防災ヘリコプター導入につきましては、県と市町村及び民間航空会社の3者の連携によるもので、その内容につきましては、県が機体の購入と維持管理を負担するもので、操縦整備などの運行管理業務は県内の民間航空会社に委託し、市町村消防機関としては、

行田市議会 2020-02-26 02月26日-06号

先ほど、課題と申し上げましたが、操縦する職員育成ですとか、機器安全性といったことを想定しております。繰り返しになりますけれども、まずは羽生モータースクール行田ドローンスクールとの協定を有効に活用することで考えていきたいと存じますけれども、導入についても調査研究してまいりたいと存じます。 以上でございます。 ○香川宏行議長 梁瀬里司議員。 ◆16番(梁瀬里司議員) ありがとうございます。 

桶川市議会 2019-12-26 12月26日-06号

答 桶川分教場は、昭和12年に熊谷陸軍飛行学校の分校として設置され、飛行機操縦に関する実技教育が行われ、昭和15年に下士官候補者のほか少年飛行兵教育を開始し、昭和20年2月に熊谷陸軍飛行学校が閉校したことに伴い、この後、特別攻撃隊訓練場となりました。展示については、当時の写真や残された遺書、解説パネルなどを行う考えです。 問 飛行学校で学んだ若者の姿が、本当に平和を発信する資料になるのか。

狭山市議会 2019-12-11 令和 元年 12月 定例会(第4回)−12月11日-05号

風化が懸念される中、周辺住民らは、操縦するのは人間だとして安全教育の徹底を求めてきた」、「大きな機体エンジン音とともに離着陸を繰り返す。入間基地周辺の日常の光景だ。基地の北側には国道16号が走り、周辺は一戸建てやマンションがひしめくように立ち並ぶ。T−33は基地の約2キロ北に墜落。100メートル余りの距離には住宅地があった」と報道しました。  

所沢市議会 2019-12-11 12月11日-07号

困難な気象条件下での空中給油訓練中における操縦士の操縦ミスであったり、夜間の低視界での着陸中でのハードランディングであったりといったような事案です。難度の高い訓練によるやむを得なき人為的ミスであり、機体性能の欠陥に由来するものではないと考えます。 また、これはMV-22とCV-22の事故率の差からも同様に説明することができるかと思います。

深谷市議会 2019-12-10 12月10日-04号

条件については、湖や河川での運行限定である2級小型船舶操縦士以上の免許が必要となり、消防本部全体で免許取得者は54名でございます。また、手こぎの場合は必要ありません。また、水上オートバイに必要な特定小型船舶操縦士の免許取得者は42名おり、船舶免許取得者は合わせまして96名でございます。  以上でございます。 ○角田義徳議長 12番 三田部議員

富士見市議会 2019-12-10 12月10日-06号

ローンの部分は、本当にいろんな分野での活躍、活動が見込めるのですけれども、特に災害対策危機管理利用というものは自分も何度も一般質問でも取り上げさせていただいておりますが、以前もお聞かせいただいた、ドローン操縦ができる職員に対して、何か育成などを考えている、お考え等、進捗があればお聞かせください。 ○副議長斉藤隆浩) 総務部長

白岡市議会 2019-12-04 12月04日-一般質問-04号

その折にドローン活用について座学と、ドローン操縦方法など実践研修をさせていただきました。大変参考になった交流会でした。ドローン機能については、上空からの撮影と放送機能もあるようです。被災状況の調査や、使い方によっては上空から避難誘導ができるというような話も伺ったところでございます。  

川越市議会 2019-11-20 令和元年 総務財政常任委員会 閉会中(第1日・11月20日)本文

飛行中に操縦士が操縦桿から手を離して写真をとったり、読書していたりという常軌を逸したパイロットが空を飛んでいるわけです。  このような米兵の犯罪についても、墜落した飛行機についても日本が大幅に裁判権捜査権を奪われている、あるいは日本が余り取り扱いませんというふうにやった。で、その最たる例を一つだけお話しします。  一九五七年になりますが、群馬県でジラード事件というのがありました。

蕨市議会 2019-09-25 令和 元年第 4回定例会-09月25日-04号

当然ながら、ボートを出す、操縦する人員もございます。なおかつ、例えば、荒川の決壊等により、大規模な災害等になりますと、指揮本部設置だとか、警防本部設置だとか、また、救急車両運用消防車両運用等も入ってまいります。さらに水防団である消防団との連携ということもありまして、その中でボート活用ということになると思いますが、なかなか蕨市だけでの活動となると限界はあると思います。  

桶川市議会 2019-09-18 09月18日-04号

市で保有している資料によりますと、教える授業内容飛行機学操縦学のほか、地形学航空各部隊の任務に関する授業など、飛行に関する技術を身につけるための役割でございます。 ○議長佐藤洋議員) 星野議員。 ◆4番(星野充生議員) すなわち、どういうことなのでしょう。これって、すなわちもう一つ飛行技術平和利用ということになるのですか、お伺いします。 ○議長佐藤洋議員) 市民生活部長

春日部市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-07号

議員ご案内のとおり、平成29年10月にドローン操縦技術と知識を取得するためのスクールが本市に開校しております。このスクールでは、全天候型の屋内の飛行練習場を備えており、初心者向けコースから近年技術の発達とともに需要が拡大している産業用ドローン操縦士育成コースまであり、国土交通省登録管理団体認定資格も取得できると伺っております。  以上です。 ○金子進 議長  木村圭一議員

吉川市議会 2019-06-13 06月13日-05号

今、部長からご答弁があったように、いざというときには、降りられそうな場所であれば降りるというふうなご答弁があったかと思いますが、ドクターヘリ操縦される方も含めて、きちっとここだよということが分かっていれば、まずドクターヘリ事故が防げるということもございます。そういうことで、指定をしていただくのがいいのかなというふうに思います。 

上尾市議会 2019-03-13 03月13日-一般質問-06号

◆17番(大室尚議員) 2月16日の新聞に、陸上自衛隊朝霞駐屯地がドローン操縦者の養成等資格認定を行っている日本UAS産業振興協議会災害応援協定を締結したという新聞記事が載っておりました。そこで、本市でもドローン導入とともにドローン業界操縦訓練災害防災協定を結んでみるのも得策と考えますが、見解をお聞かせください。 ○議長小林守利議員) 須田総務部長