184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日部市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会−12月14日-08号

次に、請願第7号 憲法改正にあたっての国民合意・慎重審議を国会に対して意見書上申することを求める請願を議題とし、紹介議員からの説明を省略し、意見を求めたところ、憲法改正に当たって国民合意を得ることや慎重な審議を行うことは、ごく当然のことだというふうに思います。民主主義を否定するような立場でない限り、反対する理由はないのではないかと思いますとの意見がございました。  

朝霞市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−06号

現在、政府として憲法改正の機運が出てきています。この機会を捉えて、憲法改正の発議を行っていただき、国民の間に議論を起こす必要があると考えています。憲法改正の是非については、最終的には国民全体で決めることであり、国民自衛隊存在意義について考えていただくいい機会になると思っています。  

上尾市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−06号

当時の岸内閣アメリカ軍事的に協力するため憲法改正を進めていた、この時期です。その後、毎年8月に行われる原水爆禁止世界大会に向けて原水爆禁止国民平和大行進が行われています。   この上尾を通るコースは、北海道を出発し、山形県新潟県を通り、埼玉県に入ります。7月19日は、鴻巣市役所を出発し、北本市役所、桶川市役所、北上尾駅で上尾に引き継ぎ、上尾市役所までのコースでした。

春日部市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会−09月06日-06号

ちなみにこの石川議員は、福島みずほ社民党参議院議員秘書でしたけれども、福島みずほ参議院議員といえば憲法改正反対の急先鋒です。しかし、憲法第24条は、同性婚は違憲と言っています。同性婚を認めれば、次に来るのはきょうだい婚であり、親子婚であり、多重婚であります。それをどんな理屈でストップできるのでしょうか。  

小川町議会 2018-07-06 平成30年  6月 定例会(第2回)-07月06日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号

日本外交安全保障政策については慶應義塾大学教授の細谷先生、そしてこの日本国憲法改正につきましてはこの草案をともに憲法改正推進本部長、副本部長、平沢衆議院議員さんのお話を聞きました。請願の中に今国連を中心とする国際貢献の必要性や安全保障環境の変化に対応して憲法の改正を検討すべきとする意見がある。その後、また反対のということで、そのことが明記されております。

草加市議会 2018-06-18 平成30年  6月 総務文教委員会−06月18日-03号

また、4月末の憲法改正に関する世論調査では、9条改正が必要と答えた方が46%、不要が44%と拮抗しています。こうした憲法の改定について、さまざまな意見や考え方がある状況において、拙速に憲法9条の改定を行うのではなく、一人ひとりの国民の思いに寄り添い、さまざまな意見を酌み取り、丁寧かつ慎重な議論によって国民的な合意形成を図ることこそが広範な国民平和への願いに応える道だと考えます。  

越生町議会 2018-06-01 平成30年  6月定例会(第2回)-06月01日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

一方、日本国憲法施行から71年を迎えたことしの憲法記念日も、憲法改正の問題が報道等で取り上げられました。国民主権平和主義基本的人権を3原則とする憲法改憲論議が高まっている現在、いよいよ国民の意見を踏まえた活発な議論の段階へ移行しつつあります。改憲の有無も含めて、日本の将来を真剣に考え、国民意思に沿った結論が出されることを切に願うところでございます。   

蕨市議会 2018-03-23 平成30年第 1回定例会−03月23日-07号

憲法改正の手続については十分に丁寧な議論が行われ、慎重な手続がされている。  以上の理由により、私ども新生会は本陳情に反対する。  続いて、委員より、日本共産党蕨市議団を代表して、陳情第1号「日本国憲法九条の改正の発議について慎重に取り扱うよう求める陳情」について賛成の立場から討論を行う。  

鴻巣市議会 2018-03-20 平成30年  3月 定例会-03月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−08号

そして、こうした憲法改正の中で軍隊の設置と権限が導入されました。防衛以外の軍の出動は、基本法が明文で定める場合に限定されるとしていますが、この規定のもとで軍の出動範囲については国外の場合でもNATO域内に限ると限定されてきました。しかし、東西ドイツが再統一を果たした後、1990年にドイツ連邦政府はNATO区域外の派兵に踏み出しました。

越生町議会 2018-03-20 平成30年  3月定例会(第1回)-03月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号

以上、国に国民を守る義務を課し、憲法国防に関する規定を明示するとともに、地方自治確立のため課税自主権地方自治体憲法保障するように憲法改正の論議を速やかに行うことを求めるものであります。よって、日本国憲法九条の改正の発議については、慎重に取り扱うよう求める請願の採択には反対いたします。

上尾市議会 2018-03-19 平成30年  3月 定例会-03月19日−委員長報告・討論・採決−08号

今月17、18日、昨日実施と聞く共同通信世論調査でも、安倍政権のもとでの憲法改正に反対は51.4%、賛成36.0%、憲法9条に自衛隊存在を明記する憲法改正に反対は47.0%、賛成39.1%と反対が賛成を大きく上回り、国民の不安、不信が広がっています。   憲法9条は、日本だけではなく世界に対して戦争をしないとした約束です。

春日部市議会 2018-03-16 平成30年 3月定例会−03月16日-11号

国会において憲法改正の議席を得られた今こそ、誰が読んでもぶれない、世界の安全保障の常識に沿った内容に改定するべきであります。つまり、自衛隊警察的位置づけではなく、はっきり軍隊と位置づけて、軍隊として行動できるように9条を改正するべきなのであります。幾ら日本戦争を回避し平和を望んだとしても、相手がいる話です。憲法が1947年5月施行され、9条が存在した1950年6月に朝鮮戦争が行われております。

蕨市議会 2018-03-16 平成30年第 1回定例会-03月16日-04号

また、新聞等の報道を見ておりますと、憲法改正案が国会に発議されれば、その是非については国民投票により、国民意思を表明しなければなりません。しかしながら、この国民投票も低投票率の中で決まってしまう可能性も考えられます。そういった意味からも投票率の向上のため、選挙管理委員会の方々のご努力に大いに期待をしておるところでございます。  そこでお伺いいたします。  

越谷市議会 2018-03-16 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月16日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

期限を決めて議論するのではなく、憲法改正の必要性について十分に議論した上で発議することが本来のあり方と考えるため、「慎重」という言葉を使ったとのことでありました。   次に、第9条以外の憲法改正の考え方は。また、国民合意形成を図るための議論の方法はに対し、本請願では、日本という国のあり方そのものに大きく影響する第9条を代表的に示しているが、それ以外についても同様の考え方である。

志木市議会 2018-03-14 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

安倍首相は昨年5月、憲法記念日の際に、憲法施行70年の節目に、2020年施行をこの憲法改正について強く願っているとの表現で、自身の首相在任中に改憲を実現する決意を表しました。  安倍首相の発言は、憲法第9条第1項、2項はそのままにし、新たに3項を設け、自衛隊存在を明記するという憲法改正内容にも踏み込んだ内容です。  

加須市議会 2018-03-12 加須市議会 会議録 平成30年 第1回 定例会( 3月)-03月12日−08号

憲法改正の議論は9条だけにはとどまりませんが、欧米諸国では時代に合わせ適時改正されており、日本ではこれまでタブー視され、国民的議論になりませんでした。今日、ようやく国民的議論が可能になってきており、国民としてもこの責任があります。今後、各政党政党間、また、広範な国民の議論が進む中、国民としてもこうしたプロセスにかみ合った議論が行われることが大切ではないでしょうか。  

蕨市議会 2018-03-06 平成30年 3月総務常任委員会−03月06日-01号

憲法改正の手続きについては、十分に丁寧な議論が行われ、慎重な手続きがされている。  以上の理由により、私ども新生会は本陳情に反対する。 ◆鈴木 委員  日本共産党蕨市議団を代表して、陳情第1号、「日本国憲法九条の改正の発議について慎重に取り扱うよう求める陳情」について賛成の立場から討論を行う。  

越生町議会 2018-03-02 平成30年  3月定例会(第1回)-03月02日−議案説明、施政方針に対する質問−02号

昨年秋の衆議院選挙で、自民党は憲法改正を正式に公約の一つに上げて、野党の自滅にも助けられ、快勝しました。その直後に安倍首相は、党として案を国会に提出したいと発言し、意欲を示しています。今自民党憲法改正推進本部において、改定を目指す4項目について議論がされています。その中の第9条は本命中の本命であることは、誰が見ても明らかであります。   

越生町議会 2018-03-01 平成30年  3月定例会(第1回)-03月01日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

憲法改正についての議論も注目されているところでございますが、経済政策少子高齢化対策教育に対する手当てなど地方自治体を取り巻く深刻な問題に対しても積極的に取り組んでいただくことを期待しているところでございます。   さて、町長として2期目を迎え、はや1年が経過いたしました。選挙公約として掲げた政策を初め、さまざまな事業に取り組んだ結果、昨年から町が大きく動き出したと感じております。  

加須市議会 2018-02-21 加須市議会 会議録 平成30年  2月 総務常任委員会-02月21日−01号

3つ目、先ほどはあえて言わなかったんですが、どの世論調査を見ましても、安倍首相憲法改正には反対だというのが多数になっております。今、私の手元に、共同通信世論調査の、先月の15日の世論調査新聞の記事があるんですが、これを見ましても、安倍首相のもとでの憲法改正に賛成ですか、反対ですか。「反対」が54.8%です。ちなみに、「戦争は賛成」だというのは33%です。