3872件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

狭山市議会 2019-09-30 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月30日-07号

本市においては、これまでも教育特区により小学校において英語活動を導入し、低学年も含めてALT(語学指導助手)やAT(小学校英語活動支援員)の配置を行っていたことから、技能とともに学習に対する意欲態度についても成果を上げていたところではあるが、今後も低学年においても英語活動を継続して行っていく。  

新座市議会 2019-09-26 令和 元年第3回定例会-09月26日-12号

並木市長を初め執行部行政委員各位におかれましては、常に真摯な態度をもって審議にご協力いただきましたことに対しまして、深く敬意を表するとともに、各常任委員会委員長の報告で述べられました決算認定、各議案に対する意見や要望事項につきましては、特に考慮を払われ、行政執行に当たられますよう強く要望する次第であります。  

新座市議会 2019-09-24 令和 元年第3回定例会−09月24日-10号

今回改善勧告を求めた中で、しっかりと今後はやっていきますという真摯な態度も見受けられましたので、公表は今回しなかったといった経緯がございます。  以上のような質疑の後、結論を出しました。全会一致で原案可決です。  討論です。余りにもいいかげんというか、ずさんというか、感じるのですが、ぜひ今後こういうことがないようにお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。  以上です。

狭山市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月19日-05号

児童生徒のどのような変化を不登校の予兆として捉え、その把握をどのように行っているかにつきましては、まずは学校生活の中で児童生徒の表情や態度観察し、変化が見られる場合は声をかけ、気持ちや体調について不安がないかなど、当該児童生徒から話を聞き、この中で不登校の予兆があるかないかを注視しております。  

狭山市議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月18日-04号

2点目は、プログラムの働きを知り、情報社会コンピューター等の情報技術によって支えられていることなどに気づくとともに、コンピューター等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むことにあります。  3点目は、プログラミングを学習活動に取り入れることで、各教科等の学びをより充実させ、知識及び技能等を、より確実に身につけさせることにあります。以上であります。

狭山市議会 2019-09-11 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月11日-03号

なお、本市においては、これまでも教育特区により小学校において英語活動を導入し、低学年も含めてALT、語学指導助手やAT、小学校英語活動支援員の配置を行っていたことから、技能とともに学習に対する意欲態度についても成果を上げていたところではありますが、今後も低学年においても英語活動を継続して行っていきます。  3ページをごらんください。  

狭山市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 建設環境委員会(第3回)−09月06日-01号

大島政教 委員 今なぜそれを言うかというと、結局それでも動かしてくれれば、地元の人たちも、ああ、やる気になったんだなということ、何か一つでも動いていけば、狭山市態度が出てくるわけよ。だから、やはり一つでも動かせるところは早く動かしていってやれば、やはり全体が動きやすくなると思うんだよね。ひとつそれを早目に調整してください。要望しておきます。強く強く要望します。

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

無償化と引きかえに消費税増税を押しつける態度こそ問題と言わざるを得ません。  冒頭、日本共産党の提案についてその一端を紹介いたしましたけれども、幼児教育保育の無償化の財源は、消費税によるべきではありません。また、増税スケジュールに合わせた急ごしらえといった感も否めず、保育士基準を満たさないの認可外保育施設の扱いなど、制度が詰めきれていない、こういう状況も指摘をされているものであります。  

狭山市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月20日-05号

しかし、この学力日本一は単に学力テストの結果だけを意味するものではなく学力の三要素、つまり基礎的な知識技能のほか、思考力、判断力、表現力等の能力及び主体的に学習に取り組む態度を総合的にかつ十分に備え、このことが自他ともに認められるような子どもたちの姿を意図しているものであります。

新座市議会 2019-06-19 令和 元年第2回定例会−06月19日-09号

私たちは、それぞれの事項が市民に対してどういう影響を与えるのか、プラスになるのか、プラスになったとしても、大きく別でマイナスの部分が根本的なところにあるのかと、そういう問題も考えながら一つ一つについて共産党は検討して態度を決めていくというふうに今までも決めてきました。  

狭山市議会 2019-06-18 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月18日-03号

また、どのような行動が大けがにつながるのかを自分たち自身で考えられる態度能力を身につけられるよう、例えば、何の気なしに投げた雑巾が蛍光灯に当たったらどうなるのか、窓の近くにあるロッカーに上るとどんな結果が予想できるのか等について児童生徒に投げかけ、自分たち自身の課題として捉えられるよう指導しております。  

春日部市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-07号

◎柳田敏夫 学務指導担当部長  支援籍学習を行うことにより、通常学級児童生徒においては、障害のある子や特別支援教育に対する理解が深まり、思いやりや優しさを持つことができるようになった、特別支援学校に在籍する児童生徒においては、同じ地域に住む友達と知り合いになり、自然にかかわることができるようになったなど、心情面、態度面ともに変容が見られております。

春日部市議会 2019-06-05 令和 元年 6月定例会−06月05日-03号

そこのところはいいのですけれども、やっぱり毅然とした態度、こういうものを先生方に私は持ってほしいと、こう思います。  それでは、いじめ、不登校自殺、こういうものが昨今は毎日のように報道されていますけれども、そういう教育課題、今の教育との関係、こういうものはどうなっているのでしょうか、お伺いします。 ○金子進 議長  柳田学務指導担当部長

新座市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会−03月20日-14号

議員初め、執行部行政委員の皆様方の常に真摯な態度をもって審議にご協力いただきましたことに対し、深く敬意を表しますとともに、各常任委員会委員長の報告で述べられました意見や要望事項などにつきましては、特に考慮を払われ、行政執行に当たられますよう強く要望いたします。  いよいよ春の息吹が感じられる季節となりました。

新座市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会−03月19日-13号

後でも出てきますが、大和田二・三丁目は基本的な考えが違って、企業誘致の区画整理事業が中心ですから、そのことは態度が同じように反対に見えるけれども、態度が違うということだけは表明をしておきたいと思います。  賛成の委員の方です。おくれを取り戻すべく頑張っていただきたいと思います。  同じく賛成の委員の方です。

新座市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会-03月18日-12号

財政健全化計画の中で歳出をしっかりと考えていくという中で、一つは応能負担についてしっかり考えようということと、あと厳しい財政の中で歳出をどう使っていくかという、市としての選択の中の一つに挙がったということで、こういうところまでと思いましたけれども、いろいろ聞く中で、少しでも影響が少ないようなやり方を市のほうで考えていただいたという、そういうこともあるので、やむなく賛成ということで態度表明をしたいと思

蕨市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会-03月14日-05号

保護者に対して、当然子どもの安全確認をする必要性がございますので、そちらにお伺いしまして、保護者の方にその説明をいたしまして、理解を得られるように努めるというのがまず大前提でございますが、今のように理解が得られない、会わせてもらえないような状況になったらどうなのかということですが、例えば、保護者のほうが本当に威圧的な態度を示すであるとか、場合によっては、子どもが中にいるかどうかというのがあけてくれないだとか

春日部市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-10号

川崎信雄 学務指導担当部長  縄跳びは、富多小学校平成19年に体力の向上と規律ある態度育成目的に始めたものでございます。継続した取り組みは、一人一人に自信と誇りを育てることにつながっており、現在では江戸川中の生徒も継続して取り組み、県大会で富多小の児童、江戸川中の生徒が多数出場して入賞しております。このように子供たちが体力向上を実感できるすばらしい伝統となっております。

春日部市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-09号

◎木村浩巳 総務部長  おもてなしトレーナーの取り組みでございますが、おもてなしトレーナーにつきましては、所属長と連携いたしまして、おもてなし運動を推進いたしまして、組織全体でおもてなしの心を育み、市民の皆様に信頼される市役所を実現していくものでございまして、職員の身だしなみ、挨拶、表情、態度等に対する意識向上はもとより、聞く、話すの能力を高め、市民の立場に立って考えるという意識を各職場に浸透させる