8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

春日部市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例会−12月06日-05号

上野長宮線につきましては、岩槻区古ヶ場の都市計画道路慈恩寺古ヶ場線を起点とし、増戸地内の国道16号を終点とする延長約4,110メートルの幹線道路でございます。都市計画につきましては、昭和41年に旧岩槻市において旧岩槻市の上野から春日部市増戸までの延長約2,980メートル都市計画決定し、その後昭和51年に旧岩槻市の古ヶ場まで延長しております。

春日部市議会 2014-06-12 平成26年 6月定例会−06月12日-06号

慈恩寺のほうから16号バイパスまで抜ける車が多く、豊春地区の幹線道路になっているところでございます。このような劣悪な道路状況の中で子供たちは通学しておりますが、歩道がない区間が長いため、大変な状況でございます。この間の主要な横断歩道際では、毎日交通指導員、スクールガードリーダー等のマンパワーによって安全が保たれている状況です。

春日部市議会 2013-02-28 平成25年 2月28日建設委員会−02月28日-01号

橋梁のかけかえ工事につきましては、県が実施しております古隅田川の河川改修工事に伴いまして、豊春駅前通りから慈恩寺方向に向かう道路の古隅田川にかかる市道1−18−9号橋が対象箇所でございます。平成25年度は、橋梁上部工架設及び護岸工を実施してまいります。事業費は1億1400万円を予定しております。  続きまして、3点目でございます。  予算書161ページ、概要書では115ページでございます。

春日部市議会 2012-12-12 平成24年12月定例会−12月12日-07号

国道16号から埼葛斎場へ向かう主要な道路として、内牧地内、岩槻区の慈恩寺方面などに向かう主要な道路であり、車両の交通量が多く、あわせて歩行者や自転車など互いに危険にさらされている状況です。さらに、近隣の方々や豊春中学校宮川小学校PTAなどからも道路の改良要望が多く出されています。そこで、これまでの経緯について伺います。  

春日部市議会 2012-03-06 平成24年 3月定例会−03月06日-06号

ご存じのように、この道は国道16号から埼葛斎場へ向かう主要な道路というだけでなく、内牧地内あるいは岩槻の慈恩寺方向などに向かう抜け道として、以前より交通量の増大と特に歩行者、自転車の通行の危険が指摘をされておりました。近隣の学校PTAなどからも要望が出されたとお聞きをしておりますが、この間の経過についてお示しをいただきたいと思います。  

春日部市議会 2010-03-10 平成22年 3月定例会−03月10日-07号

岩槻区の慈恩寺方面に至る道路として、都市間を結ぶ幹線道路でもあり、多くの皆さんが通勤通学の足として利用する豊春駅に至る主要な道路でもあり、また豊春商店街を形成するお買い物のための道路でもあります。国、県の管理ではない、専ら市の管理に属する最も重要な道路が、豊春地域においてはこの駅前通りなのです。市の道路行政においてどう位置づけているのか、まずお聞かせください。  

春日部市議会 2007-06-04 平成19年 6月定例会−06月04日-04号

この道路の概況を考えますと、市道3―251、そして3―202号は、さいたま市岩槻区慈恩寺からと蓮田方面からの抜け道として、あるいは迂回路として利用する車が最近は多くなり、混雑をきわめているところでございます。迂回路として利用する一つの要因は、信号機がほとんどないということだと思うのでございます。

春日部市議会 2007-03-07 平成19年 3月定例会−03月07日-07号

特に国道16号から豊春駅まで、そして駅から慈恩寺方面へさいたま市境まで、狭い道路には歩道が部分的にしか整備されておりません。駅や周辺商店街に通じる主要な道路として、豊春地域に住む方々が最も頻繁に利用する道路として、地域住民からその安全性の向上について強く要求が出ております。私もたびたび取り上げさせていただいておりますが、顕著な進展が見られません。

  • 1