199件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮代町議会 2020-06-03 06月03日-04号

その状況、結果によって、陽性か陰性かということでございますが、これは検査してみないと、何とも判断できませんけれども、検査数を増加、増やすということが大事、さらに発症なり、ちょっと疑わしい、感染が疑わしい方がすごく不安になるということが言われておりますので、その点の安心の確保、さらに、検査を迅速に行うことで、感染経路特定が容易になってくるというふうに考えております。 

深谷市議会 2020-03-12 03月12日-04号

新型コロナウイルス感染症の一般的な感染経路というのは、飛沫感染接触感染ということでございますが、流水と、流すことですね、それから石けんによるまめな手洗いせきエチケット、それから手とか指の消毒液の活用などの感染症対策に加えまして、発熱等風邪症状が見られるときは学校会社等を休んで自宅療養とし、外出を控え、毎日体温を測定して記録することとなっております。  

深谷市議会 2020-03-11 03月11日-03号

まず、ア、現在、中国に端を発する新型コロナウイルス感染が問題視されている、ウイルス感染症流行による深谷市内での状況を伺いたい、また消毒液マスクの配備、受入先医療機関確保など、深谷市の保健防疫体制について伺いたいでございますが、国内におきましては、本年の1月5日に初めて新型コロナウイルス関連肺炎患者発生が確認され、現時点におきましては国内複数地域感染経路が明らかでない患者が散発的に発生しており

川島町議会 2020-03-11 03月11日-05号

現在までの対応につきましては、令和2年2月13日付、厚生労働省からの事務連絡保育所等における新型コロナウイルスへの対応について及び感染症ガイドラインでは、マスク着用を含むせきエチケット手洗いアルコール消毒等により感染経路を断つこと、発熱等症状により感染が疑われる場合の対応、発症した場合の対応が示されており、それらを基に厚生労働省及び首相官邸で作成した正しい手の洗い方ポスターせきエチケットポスター

川口市議会 2020-03-09 03月09日-04号

公共施設感染対策といたしましては、ウイルスを持ち込まない、広げないことに留意し、感染経路を絶つために利用される市民が触れる場所を消毒することは有効な対策でございます。 こうしたことから、まずはウイルスを持ち込まないために、症状のある方の施設への入館を控えていただく旨のポスターの掲示や、関係部局を通じた手洗い咳エチケットの励行につきまして周知を図っております。

川口市議会 2020-03-06 03月06日-03号

この基本方針には「現在、国内複数地域感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部の地域には小規模患者集団が把握されている状況であるが、大規模感染拡大が認められている地域があるわけではなく、感染流行早期に終息させるためには、ある場所発生した感染者集団早期に見つけ、次の集団を生み出すことを防止することが極めて重要であり、徹底した対策を講じていくべきである」とされました。 

加須市議会 2020-03-04 03月04日-06号

国内では、令和2年1月15日に最初の感染者が確認され、現時点では感染経路の明らかでない感染者複数地域で散発的に発生し、一部地域では小規模集団感染が把握されている状況ですが、大規模感染拡大が認められる地域はないとされております。 埼玉県内感染は1例確認されておりますが、市内での感染は確認されておりません。 

毛呂山町議会 2020-03-03 03月03日-02号

中国湖北省武漢市を中心に感染が拡大している新型コロナウイルス感染経路特定されない新型コロナウイルス感染者国内はもとより、世界中に広がっています。国内においても毎日のように感染者が増え続けています。このウイルス感染によりお亡くなりになりました皆様には、心よりお悔やみを申し上げます。また、そのような中、安倍首相より全国の小中学校及び高校、特別支援学校臨時休校が表明されました。

吉見町議会 2020-03-03 03月03日-一般質問-03号

国が2月25日に取りまとめました「新型コロナウイルス感染症対策基本方針」では、これまで水際対策を講じてきているが、ここに来て、国内複数地域感染経路が明らかでない患者が散発的に発生しており、一部地域においては小規模患者クラスター集団)でございますけれども、それが把握をされている状態になってきています。現時点では、まだ大規模感染拡大が認められている地域があるわけではないとしてございます。

鳩山町議会 2020-03-03 03月03日-02号

しかし、現在は、感染経路が不明の市中感染のおそれが指摘され、各種イベントの取りやめや学校休校など、感染防止対策の強化が必要な状況になってしまいました。 経済活動にも支障が出始め、社会的危機と言えるのではないでしょうか。社会危機との言葉から、大規模自然災害大量殺傷テロなどを思い浮かべますが、感染症の蔓延も社会危機として考えられますので、町の健康危機管理体制について質問いたします。 

久喜市議会 2020-03-02 03月02日-06号

教育長もお話し上げましたが、そういった環境の中で国内複数地域では感染経路が分からない、症状がなくてもPCR検査陽性だったという、そういった患者さんも発生しているということで、飛沫接触感染というのがこのウイルス感染経路のもとになりますけれども、閉鎖空間の中で近い距離で多くの人と会話するとか、あと一定環境の下であればせきやくしゃみがなくても感染を拡大させるリスクがあるということなどから、こういった

吉見町議会 2020-03-02 03月02日-一般質問-02号

ご案内のとおり、我が国においても新型コロナ感染症指定感染症に指定するとともに、水際での対策を講じておりますが、現在国内複数地域感染経路が明らかでない患者が散発的に発生をしてございます。このような中、政府は2月の25日に対策本部を開き、新型コロナウイルス感染症対策基本方針を決定いたしました。

鴻巣市議会 2020-02-26 02月26日-01号

基本方針によれば、現在の状況国内複数地域感染経路が明らかでない患者が散発的に発生しており、一部地域では集団も把握されている状態だが、現時点ではまだ大規模感染拡大は認められていないとし、まさに今が今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で極めて重要な時期と位置づけております。  このため、情報提供では正確で分かりやすい情報提供や呼びかけを行い、冷静な対応を促す。