32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

さいたま市議会 2017-02-16 02月16日-06号

それと同時に、教育委員会は、当然のことながら教育に特化された職員の皆さんですから、技術的なことあるいは建設工事的なことについては、それほど詳しくないのはよくわかっておりますので、果たして実際の工事を監督している建設教育委員会の部局と、連携がきちんととれているのかなということが心配なんですけれども、その辺をお伺いいたしたいと思うんです。 

新座市議会 2015-12-16 平成27年第4回定例会-12月16日-08号

東京都も8つの都営、墓地は東京都の場合は建設公園緑地課に入っているのですけれども、ここで大変今評判なのが小平市の樹林墓地です。映写をお願いいたします。平成24年7月から申し込みが始まりまして、500体です。1体については13万4,000円、粉で遺骨を納める場合は1体が4万4,000円だということで、毎年の管理料はかからないということで樹林墓地が始まりました。大変申し込みが多いそうです。

草加市議会 2010-03-19 平成22年  2月 定例会-03月19日-付録

トライアルプランは、平成20年度から平成22年度までの3年間で、建設と各区役所が連携して、さまざまな市民協働の取り組みを試行し、その結果を検証していくもので、現在、全24区中19区で取り組みが進められ、各地域では区役所がコーディネーターとなって、町会、商店会、警察等が参加する協議会が次々と立ち上がっている。      

草加市議会 2009-11-19 平成21年 11月 建設環境委員会-11月19日-03号

京都市建設水と緑環境部建設企画部より、京都市水共生プラン、堀川水辺環境整備事業、透水性舗装の整備、草加市からの調査事項について説明をいただきました。  良好な水環境の実現の中に堀川水辺環境整備がありますが、この事業は清流をよみがえらせようという市民の願いが発端とのことでした。  

川越市議会 2005-12-13 平成17年第5回定例会(第14日・12月13日) 本文

この委員会のメンバーですが、東京大学の小澤教授を委員長といたしまして、大学教授が四名、全国建設業協会副会長と理事東京都建設技術管理課長国土交通省大臣官房技術審議官、同じく地方課長技術調査課長国土交通省国土技術政策総合研究所センター長、そして川越市建設部長の、十三名となっております。  

草加市議会 2005-03-17 平成17年  3月 総務文教委員会-03月17日-02号

内容につきましては、平成5年4月23日、草加市建設省関東地方建設の間で、葛西用水路伏せ越し施設に関する協定書を取り交わした内容でございます。  3目ふるさとまちづくり応援基金繰入金でございますけれども、これにつきましては予算額1,600万円でございます。前年度と比較しまして700万円の増額となってございます。  4目ふるさと産業創造基金繰入金でございます。

草加市議会 2003-06-11 平成15年  6月 定例会-06月11日-04号

二つ目は、そのような制限の中での施設開放なので、東京都建設はあまり予算がかからない方式、つまり現状の公園施設を生かしながらドッグラン施設をつくりました。三つ目には、運用する運営ソフトや利用規約が決まりましたが、試行トライアルということで一部ボランティアの愛犬家の人たちが運営のお手伝いを行うというものです。

草加市議会 2001-03-19 平成13年  3月 総務文教委員会−03月19日-03号

◎藤波 企画財政参事  この基金につきましては、平成5年4月に草加市建設省関東地方建設、葛西用水路の伏せ越し施設に関する協定ということで、14年間分として9,743万円の基金を設置したものでございます。  平成13年度、予算額 774万3,000円で、対前年度に比べまして45万6,000円の減額をお願いをしております。  以上でございます。 ○委員長 執行部の説明が終わりました。  

草加市議会 2000-12-11 平成12年 12月 定例会-12月11日-05号

花栗(中)交差点交通渋滞対策につきましては、国道4号線の管理者である国、これらの関東地方建設、北首都国道工事事務所、大宮国道工事事務所でございますが、それらや県道浦和草加線の管理者である埼玉県埼玉県知事、越谷土木事務所を経由してでございますが、要望をしているところでございます。  

川越市議会 2000-03-14 平成12年 建設常任委員会 会期中(第2日・3月14日)本文

125 都市計画課長 平成十年六月に建設省関東地方建設大宮国道工事事務所で、埼玉県広域道路整備基本計画を出しております。この中で、川越市に関しましては北環状線、東環状線、外環状線、新川越越生線を環状線ということで位置づけされて、これらが川越市街地を迂回する環状道路、広域道路ということでの位置づけになっております。

草加市議会 1999-12-08 平成11年 12月 定例会-12月08日-04号

冬季における河川、水路などの水環境の改善を図るため、本年7月に利根大堰に係わる冬水懇談会が設立されておりまして、建設省関東地方建設関東農政局埼玉県土地改良区草加市、ほか関係市町村、水資源開発公団等により構成されておるところでございます。会長は埼玉県の総合政策部長で、埼玉県事務局となっておりまして調整しております。

川越市議会 1999-09-20 平成11年第4回定例会(第15日・9月20日) 本文

そのまえにも東京都が入っておりますので石原知事とか、あるいは建設省本省、大蔵省本省、それから衆参両院の議員の方、それから建設省関東地方建設等々にやはり陳情、お願いに行っているわけでございますが、九月三日にはそういうことで知事にも十分お願いしてまいりまして、そのほか私のほうとしては現場の土木事務所の所長等々といろいろと話をしておりますので、ひとつこれからもさらに強力に県をはじめとして各方面に対しましていろいろとお

狭山市議会 1998-09-09 平成10年  9月 定例会(第3回)−09月09日-06号

また、平成10年5月28日には、私自身大野代議士同行のもと、建設省及び関東地方建設に直接赴き、建設大臣政務次官を初め、道路局長に対し、早期4車線化整備が図られるよう強力予算づけの要望を行ったところであります。その結果、総合経済対策関連の補正予算におきまして、奥富地区側の狭山現道拡幅事業に8億 7,000万円の予算づけがなされたところであります。

北本市議会 1997-09-01 09月17日-08号

直轄国道の予算並びに整備に対する要望ということにつきましては、これは建設省大蔵省関東地方建設でございますが、これにつきましては要請を二回行ってございます。 それから、江川の早期改修に関する陳情でございますが、これも提出先は建設省荒川上流工事事務所長あてでございますが、これについては四回でございます。 

  • 1
  • 2