70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新座市議会 2019-03-01 平成31年 3月建設常任委員会−03月01日-02号

まず、一般国道254号和光富士見バイパスの事業箇所についてでございますが、図面の右手といいますか、国道298号ですね、こちら東京外かく環状道路和光北インターチェンジ、そこから国道463号線にかけて全長6,850メートル、こちらの路線を今現在、昭和59年度から事業を進めているという状況でございます。  

新座市議会 2019-02-28 平成31年 3月建設常任委員会−02月28日-01号

まず1点目、一般国道254号和光富士見バイパスの進捗状況のわかるもの。  2点目、コミュニティ施設整備事業補助金工事箇所がわかるもの。  3点目、都市計画マスタープラン改定スケジュール。  4点目、平成31年度予算概要の雨水対策事業に伴う溢水対策工事箇所のわかる図面。  以上です。 ○滝本恭雪 委員長  ほかに資料要求のある委員の方はいらっしゃいますか。

志木市議会 2018-09-11 平成30年  9月 市民文教都市常任委員会-09月11日−01号

初めに、8款2項2目道路新設改良費の補正予算額3,956万5,000円の減額につきましては、事業別①の道路新設改良に要する経費において、12節役務費につきまして、宗岡志木環状線整備事業と交差する国道254号和光富士見バイパス事業の道路詳細設計が未完了により、交差点形状が決まらず、用地取得範囲も未確定のため、取得単価を決定する土地鑑定評価を保留したことにより、100万円を減額しております。  

朝霞市議会 2018-03-09 平成30年  3月 建設常任委員会-03月09日−01号

◎久保田哲人まちづくり推進課長補佐 一般国道254号は、現在期成同盟会の進捗状況ですけれども、現在、和光北インター入り口から県道朝霞蕨線までの間を暫定2車線で供用開始をしておりまして、その先、最終点が国道463号に、今の川越富士見バイパスの接続部分までが整備区間になるのですが、こちらのほうにつきましても、事業を進捗させているというふうに埼玉県のほうから伺っております。  

志木市議会 2018-03-01 平成30年  3月 市民文教都市常任委員会-03月01日−01号

次に、8款2項2目道路新設改良費の1の道路新設改良に要する経費につきましては、12節役務費100万円の減額につきましては、宗岡志木環状線と交差する国道254号和光富士見バイパス事業の道路詳細設計がまだ未完了により交差点形状が決まらず、用地取得範囲も未確定のため取得単価を決定します土地鑑定評価を保留したことにより減額するものでございます。  

朝霞市議会 2017-09-11 平成29年  9月 総務常任委員会-09月11日−01号

国道254の富士見バイパスの事業等もございますので、そちらの進展も見ながら、検討してまいりたいと考えております。 ○駒牧容子委員長 斉藤委員。 ◆斉藤弘道委員 ちなみにそちらは、どのような状況なのですか、254のほうは。今、志木のほうでモデル的なのをやったり、一部つくっているのかな。あれ、わからないけれども。やっているみたいですけれども、朝霞分のほうの進捗状況は。

富士見市議会 2017-03-10 平成29年  第1回 定例会-03月10日−委員長報告・質疑・討論・採決−10号

また、今後のまちづくり、市内交通、にぎわいを展望いたしますと、川越街道と富士見バイパスをつなぐ東西口立体化は、避けて通れないと思いますし、難しいでは済まない。将来の禍根にならないように視野に置いていく必要があります。   以上、評価と指摘をいたしまして賛成の討論といたします。 ○議長津波信子) ほかにありますか。   八子議員

富士見市議会 2017-03-06 平成29年  第1回 定例会-03月06日−一般質問−09号

さらには、着工中ではありますが、和光富士見バイパスも開通する予定です。埼玉県の事業で、外環自動車道の和光インターから朝霞市、志木市を抜け、富士見川越バイパスまで接続するという事業であり、第1期工事の和光から朝霞までは一部開通もしております。2020年までに開通できるように申し入れをしているとお聞きしました。

富士見市議会 2017-03-03 平成29年  第1回 定例会-03月03日−一般質問−08号

これは市道第72号線の、今度は富士見バイパス寄りの交差点になります。これは、バイパスからの道路の幅員が広がりました。そして、通行が改善されてきました。特に休日においては、この交差点交通量が増えております。富士見川越バイパスから平塚整形外科前を通って市役所方面へ右折する車両が多いため、後続の直進の車両が進行できずにいます。見るところ、通行区分が2つあるように思われます。

富士見市議会 2017-03-02 平成29年  第1回 定例会-03月02日−一般質問−07号

県では、2020年オリンピック・パラリンピックを視野に入れて、一般国道和光富士見バイパスの整備を進め、本市では水谷柳瀬川ゾーンの開発を計画しています。今後、みずほ台駅東口は鶴瀬駅東口に次いで本市の玄関口となり得る地域ではないかと思います。   そこで、みずほ台駅東通線を含めた将来像について市長にお伺いしたいと思います。   (2)、駅前広場の方向性は。

富士見市議会 2016-10-03 平成28年  第3回 定例会-10月03日−一般質問−04号

また、鶴瀬駅東口においても、区画整理事業等の中で暫定駅前広場が供用開始、そして中心には東通線の開通で富士見バイパスにつながりました。さらには、ららぽーとの開業によって富士見市の表玄関としてのにぎわいが出てまいりました。という中で、最終的には鶴瀬駅東西口をつなげることによりさらなる発展につながるものと思っております。   そこで、①として、鶴瀬駅東西口の立体化についてであります。

朝霞市議会 2016-03-07 平成28年  3月 総務常任委員会-03月07日−01号

御案内のとおり、課題として捉えているものとして国道254号の富士見バイパス沿道の問題、それから暫定逆線引き地区5地区の問題、それから水害の軽減の問題、それから国道254号線沿道の四小を含む関係のまちづくり、商業化活用での課題、それから基地跡地の問題、それからあわせて積水跡地の問題等々ございます。  

富士見市議会 2016-02-23 平成28年  第1回 定例会-02月23日−委員長報告・議案説明−01号

これまでの良い流れを変えることなく、新たに訪れる交流人口を定住人口に結びつける施策に取組み、富士見・川越バイパスと和光・富士見バイパスを、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに接続し、バイパス沿線の土地利用を進めるとともに、市内の駅から羽田・成田空港へのバス発着誘致を行うなど、富士見市のさらなる発展につなげてまいります。   

志木市議会 2016-02-15 平成28年  3月 定例会(第1回)-02月15日−01号

次に、一般国道254号和光富士見バイパスにつきましては、市内の主要道路渋滞緩和や生活道路への車両流入抑制が期待され、広域交通の利便性や防災機能が向上することはもとより、沿道のにぎわい創出や地域産業の活性化に大きく寄与するものであることから、国や県に対し、早期完成が図られるよう働きかけをしてまいります。  

朝霞市議会 2015-12-28 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月28日−05号

また、両路線は国道254号和光富士見バイパスと県道朝霞蕨線をつなぐ路線として、自動車交通量が今後増加していくことが予想されますので、市といたしましても歩行者、自転車安全対策が必要な路線と認識してございます。  このため、市道6号線につきましては、積水化学工業東京工場跡地側に約2.5メートルの歩道を整備していただくよう事業者と協議を行っているところでございます。  

朝霞市議会 2015-12-22 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月22日−02号

それから4点目、今後の土地利用について市長は何を考えているのかということですけれども、総合計画都市計画の課題にまとめられてございますように、国道254号和光富士見バイパスの整備ですとか、あるいは旧暫定逆線引き地区の市街地形成に加え、基地跡地の有効活用や旧第四小学校跡地などの遊休公共用地の活用、それから大規模な工場跡地の周辺地域の活性化に寄与する機能を持った土地利用など、引き続き土地利用に当たっての

富士見市議会 2015-09-16 平成27年  第5回 定例会-09月16日−一般質問−05号

しかしながら、やっぱり今の実情というのを、ではそれがいつできるのかということを考えると、本当にまだまだ先のことであって、鶴瀬駅の東西口、富士見市の表玄関と言われますけれども、富士見バイパスと川越街道が1つの線でつながっていくことが本当に富士見市の発展にもつながっていくのだろうというふうに思います。さらなる努力をお願いしたいと思います。   

朝霞市議会 2015-03-09 平成27年  3月 建設常任委員会-03月09日−01号

今回認定する路線は、一般国道254号和光富士見バイパス整備事業に伴う側道整備が完了したため、認定するものでございます。  市道2394号線、幅員5.1から12.5メートル、延長320メートルで、議会議決後、当該路線に関し、路線認定・区域決定・供用開始の告示を順次行う予定でございます。よろしく御審議の上、御承認くださるようお願い申し上げます。