8709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草加市議会 2019-12-19 令和 元年 12月 定例会-12月19日-06号

また、今回の改正に伴い、全世帯で増税となるとのことだが、特にどのような世帯が影響を受けるのかという質疑については、国民健康保険税は家族構成、年齢所得などさまざまな状況によって変わるが、被保険者均等割額が増額されていることなどから、特に家族構成の多い世帯が影響を受けるとのことであります。  

草加市議会 2019-12-16 令和 元年 12月 福祉子ども委員会-12月16日-04号

保険年金課長 影響を受ける世帯でございますが、保険税は家族構成、年齢所得状況などさまざまな状況で変わってまいりますので、具体的な数字までは把握しておりませんが、今回の改正では均等割が上がっておりますので、御家族が多い世帯に影響が出る可能性があるのではないかと想定しております。  以上です。 ○委員長 石田委員。

草加市議会 2019-12-12 令和 元年 12月 定例会-12月12日-05号

厚生労働省では、介護病気引きこもりなど、複数の生活上の問題を抱える人や家族への一体的な対応を目指し、市町村が一つの窓口で相談を受け付けられる体制整備を進めていくとしております。住民が問題ごとに別々の窓口をたらい回しにされるという現状を改め、ワンストップで対応する断らない相談窓口への転換を図るもので、来年の通常国会で関連法の改正を目指しているところであります。

草加市議会 2019-12-11 令和 元年 12月 定例会-12月11日-04号

中高年の自殺には鬱が起因しているものが少なくない状況ですが、鬱病の症状について本人が自覚しにくいことも多く、家族や周りの人も気づきにくい傾向にありますことから、そのチェックが行えるよう、鬱病を疑うサインとして、本人が気づくサイン11項目、家族や周りの人が気づくサイン8項目を掲載しております。  

草加市議会 2019-12-10 令和 元年 12月 定例会-12月10日-03号

次に、障害者虐待防止法の周知徹底及び実効性の確保のための取り組みについてでございますが、障がい者への虐待は、一般的に、障がい福祉サービス事業者や民生委員、御本人や御家族等から市に相談が入る場合と、警察から直接市に情報提供がされる場合がございます。いずれの場合にも、市において状況を確認しながら緊急性を判断し、関係機関とともに早急な対応を図っているところでございます。

新座市議会 2019-09-25 令和 元年第3回定例会-09月25日-11号

(2)障がい者(児)やその家族地域で安心して生活できるように、児童発達支援センターにおいても相談支援体制の充実を図るべきである。  (3)障がい者の就労支援や社会参加を推進すべきである。  (4)虐待防止や育児不安の解消に向け、情報交流、相談機能の充実を図り、子育て支援体制を引き続き拡充すべきである。  (5)待機児童の解消に向け、認可保育園の新増設・改修を計画的に進めるべきである。

新座市議会 2019-09-24 令和 元年第3回定例会−09月24日-10号

この3つの事業者は、どこもご自宅を使って、例えば家族の方で家庭保育室を運営していたり、またお友達の方同士で協力して運営しているという状況なので、新たに保育士雇用してというのがなかなか難しいということで移行が進んでいないという状況です。家庭保育事業は1施設のみです。個人の方がやられているような事業所ですが、少人数で保育を必要に応じて行っているという状況です。  

川越市議会 2019-09-20 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

そこではがん患者さんや、その御家族の方が一堂に集まっていただいて、悩みですとか、そういうことを話しながら、今後の療養生活を前向きに生きていくための話し合いをする場を提供するという形での支援を行っておりまして、そこには病院医師も来て、がん患者さんに直接病院では聞けないような質問等もされて、患者さんとしてもかなりふだんでは病院では聞けないようなことが聞けるということで、がん患者の支援としてはそのがんサロン

草加市議会 2019-09-20 令和 元年  9月 定例会−09月20日-付録

選択的夫婦別姓制度の導入は、「家族で同じ姓のほうが一体感が深まる」と考えるカップルはこれまでどおり夫婦同姓で結婚でき、必要なカップルは夫婦別姓を選べるようにするものである。男女が改姓による不利益を案ずることなく結婚・出産し、老後も法的な家族として支え合える社会を実現することにつながり、少子化対策の一助にもなる。

草加市議会 2019-09-20 令和 元年  9月 定例会-09月20日-06号

また、平成30年度からスタートした日中一時支援事業の事業内容、登録事業所数、登録者数及び実利用者数はという質疑については、日常的に介護をしている家族が急な事情で介護ができなくなった場合等にも対応できるよう、障がいのある方等に対し、おおむね午前9時から午後5時まで障害福祉サービス事業所等で活動の場を提供し、見守りや社会に適合するための日常的な訓練を行うとともに、食事や送迎サービスの提供も登録事業者が任意

新座市議会 2019-09-19 令和 元年第3回定例会−09月19日-09号

小学校低学年など幼い子供たちに性の多様性について教育をするのは、時期尚早で不適切なのではなく、むしろ小学校低学年以前から、心の性の多様性や家族の多様性、好きになる性の多様性について学ぶ機会を保障することが発達の段階を踏まえるのではないか」と述べています。全ての子供を対象に、性には多様性があることを考える機会が必要だと思いますが、どのように考えていますか。  

狭山市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月19日-05号

友人関係や部活、学習進度などうまくいかなかったときに相談に乗ってくれた教師や家族、友人など多くのかかわりや時間が経過する中で不信感を募らせ、自分なんてどうでもいいと、そういう自己否定に陥っていると思われます。  大人との信頼関係を取り戻し、この人だったら話を聞いてもらえるという状況をつくるための支援が必要であり、社会への適応回復につながると思いますが、見解を求めます。

川越市議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第17日・9月18日) 本文

昨年の六月議会において、障害児や医療的ケア児とその家族も安心して暮らせる環境整備をと題して一般質問を行いました。重症心身障害児や医療的ケア児とその御家族のための整備を市としても進めると同時に、国や県へも働きかけていただくよう質問をいたしましたが、今回は、障害者、つまり大人の障害を抱えた方の特に入所施設について取り上げていきたいと思います。  この質問をするに当たり、きっかけがありました。

新座市議会 2019-09-18 令和 元年第3回定例会−09月18日-08号

個人的に調べたところ、新座市に隣接しているその他の市区町の状況として、所沢市は1年間のところバス無料乗車定期券、または家族も利用できる無料乗車回数券50回分、三芳町は自主返納した75歳以上の方に最大1万円の還付、練馬区はタウンサイクルの利用が無料、西東京市、東久留米市、清瀬市は独自の事業はないと思います。

狭山市議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月18日-04号

私は新しい令和という時代の中で、市民の皆様とともに豊かさを実感できる社会を、また、地域のきずなや家族のきずなによって一人一人が支え合う地域社会、これを築いていきたいと考えております。そして、狭山市で生まれ育った子どもたちには豊かな人間性と、そして確かな学力を、また、若者たちには自分の将来をみずから切り開いていく、そのような力を身につけてほしいと願っています。  

川越市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第16日・9月17日) 本文

二つ、家族が助けてくれる。三つ、元気で健康である。四つ、昔はもっと大変だった。五つ、若いうちは努力をするべきで、それは一時的な苦労だ。これらの五つは誤りであるというふうに指摘されています。社会福祉士としての経験から若者の支援の必要性を訴えています。就職氷河世代を正しく理解し、必要な支援を行っていってほしいと考えます。  

新座市議会 2019-09-17 令和 元年第3回定例会-09月17日-07号

現在本市では、新座市介護予防ガイドブック及びホームページで、本人や家族が簡単にスクリーニングができる認知症の気づきチェックリストを掲載をしております。日常の中で役立てていただいているところでございます。機器の導入につきましては、導入に係る費用対効果など、先進自治体の状況を調査研究して判断していきたいと思います。もうしばらくお待ちいただきたいと思います。  

草加市議会 2019-09-13 令和 元年  9月 福祉子ども委員会−09月13日-03号

2目任意事業費につきましては、高年者やその家族を支援する家族介護支援事業といたしまして、常時おむつを必要とされる方に支給するおむつ支給事業、ひとり暮らしの高年者から緊急時の通報を受けて対応するあんしん見守りネットワーク事業、徘徊が見られる高年者の家族に小型電波発信機を貸与する徘徊高年者家族支援事業、支援員が認知症高年者の居宅を訪問し、見守りや話し相手をすることで家族精神的、身体的負担を軽減いたします