136件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

狭山市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 建設環境委員会(第3回)−09月06日-01号

まず、今回の原告となりました宗教法人との関係でございますが、平成24年8月27日までさかのぼることとなります。これ以降、宗教法人が選定している事業型の墓地を行いたいという相談地が2回ほど変更となっております。その間、表の真ん中からちょっと上、平成28年3月1日ですが、市としては、この事業型墓地に関して総量規制を行いたいということで、事務処理要領の改正を行っております。

狭山市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月20日-05号

武蔵村山市の大手自動車工場閉鎖後の跡地利用につきましては、約139ヘクタールのうち、現在約21ヘクタール商業施設として利用されておりますが、残りの大部分、約99へクタールは宗教法人が所有しており大半が更地の状態にあります。以上であります。 ○加賀谷勉 議長 18番、大島政教議員

狭山市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 建設環境委員会(第2回)−06月13日-02号

本案は、狭山市大字水野地内の市道B第493号線に隣接する個人及び宗教法人から当該路線の終点付近の一部道路敷地につきまして申し出のありました買い取り申請により、市道路線を廃止いたしたくご提案するものでございます。  それでは、ご提案いたします路線の概要につきましてご説明を申し上げます。  議案参考資料の市道路線廃止位置図をごらんいただきたいと思います。  

春日部市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-06号

内訳といたしましては、宗教法人等が設置する墓地が72施設個人墓地が214施設、その他共同墓地が82施設ございます。  続きまして、墓地の経営主体についてでございますが、平成12年の厚生省生活衛生局通知による「墓地経営・管理の指針等について」におきまして、墓地経営主体市町村等の地方公共団体が原則であり、これによりがたい事情があっても宗教法人、または公益法人等に限られることとなっております。

狭山市議会 2018-09-19 平成30年  9月 定例会(第3回)−09月19日-05号

その他難民を助ける会、生協などを初め、多くの宗教法人労働組合など、全国各地の被災の現場での活動の経験を持つ方々が奮闘してくださっている姿を拝見します。当然のことながら、被災自治体職員は、大規模災害の対応はほぼ初めてに近いものとなり、さらには、こなさなければならない証明業務も膨大なため、経験が豊富なNPOやボランティア団体と連携、協働を図ることが災害対応にとって大変有効であります。

越生町議会 2017-12-05 平成29年 12月定例会(第4回)-12月05日−一般質問−03号

墓地の経営主体につきましては、地方公共団体宗教法人公益法人が認められております。町営樹木葬墓苑事業について、町長は、町民の要望があり、町民福祉と町の歳入増になると考えて、町営樹木葬墓苑事業を進めるということです。   平成29年10月19日木曜日に、町営樹木葬墓苑に関する説明会がありました。説明会の最後に、町長から次のような発言がありました。1つ目は、「私は、ツツジを植えればいいと思っていた。

川越市議会 2017-06-21 平成29年第5回定例会(第16日・6月21日) 本文

富士見櫓跡地につきましては、平成十一年度に宗教法人からやぐら台部分の土地千四百二十一平方メートルについて寄附を受け、平成十二年度に隣接する土地八百五十七平方メートルについて追加取得し、現在、市所有地は二千二百七十八平方メートルとなっております。  次に、富士見櫓復元にかかる費用についてでございます。  

越生町議会 2017-06-02 平成29年  6月定例会(第2回)-06月02日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

近隣では、鳩山町や川島町で宗教法人が運営しております。また、東京都小平市では、公営として樹木葬が行われておりますが、募集を開始してすぐに何倍もの申し込みがあったと聞いております。   樹木葬とは、墓地として許可を得た区画に遺骨を埋蔵し、墓石などを設けずに、そのかわりにツツジなどの樹木を植えて故人を追善するもので、自然葬という新しい供養の形として注目されているものでございます。

川越市議会 2016-03-03 平成28年第2回定例会(第14日・3月3日) 本文

平成十二年に宗教法人から富士見櫓整備用地の寄附を受けまして、関係部長文化財保護審議会埼玉県教育委員会建築専門家組織する復元検討委員会を設置し、復元に向けた検討を進めてまいりました。具体的には、平成十五年度に富士見櫓復元整備詳細調査を行い、平成十七年三月に川越城富士見櫓復元基本設計が完了しております。

新座市議会 2015-09-10 平成27年 9月文教環境常任委員会−09月10日-03号

木造観智国師坐像、これは宗教法人法台寺に所蔵されているものでございますが、そちらにつきまして文化財保護審議委員会の審議を経まして、市の指定化をしたものでございます。この観智国師につきましては、法台寺で時宗というのでしょうか、を学びまして、その後浄土宗をきわめて増上寺の12代のご住職となられた方でございます。

新座市議会 2015-02-05 平成27年 2月文教環境常任委員会−02月05日-01号

次に、この間宗教法人法の規則の変更ということで、県との関係では認証が済んだということを聞きましたけれども、最初の計画を出すときに市のほうで書類を提出していただいて、その添付された書類について、資料でこの委員会に出されていまして、特に財務関係の資料で、私なんかが見てもこの中身は、なかなかわからないのですけれども、実際どういう経営状況なのかどうかとか、そういうところまではなかなかわからないのですけれども

新座市議会 2014-12-16 平成26年第4回定例会-12月16日-05号

第3条は、この墓地は宗教法人の区画が9割、全部売れた場合に墓地の区画を拡張することができるというふうに決めています。また、第5条もそのとおりです。  附則のところは、去年の3月議会で余り気がつかなかったわけなのですけれども、墓地の区画を拡張できない場合は宗教法人境内地以外に墓地を新設することができるということを書いてあります。  

新座市議会 2014-12-08 平成26年12月文教環境常任委員会−12月08日-01号

◎渡辺 環境対策課長  代理人は、宗教法人番星寺の持つ権限について代理すると。例えば窓口の申請ですとか、実際に窓口に来る人とか、来る人が、そういったものの変更が今回7月にあったということで、事業計画は番星寺が今まで計画していたものが当然に継続されているものでございます。その中で、変更とか、そういったものについては、現在正式に報告は受けていないということでございます。

新座市議会 2014-11-18 平成26年11月文教環境常任委員会−11月18日-01号

まず、1点目、宗教法人法に基づく番星寺の規則変更認証の手続についてどうなったかということなのですが、こちらにつきましては平成26年10月22日付埼玉県知事から規則変更の認証がされたということで報告を受けております。  続きまして、2点目、今後の事務の流れでございますが、規則の変更認証を受けまして、番星寺としては従前から求めておりました他の法令に基づく手続、これを進めているという状況でございます。

新座市議会 2014-09-25 平成26年第3回定例会-09月25日-11号

また、環境のほうでは墓地の許認可権を平成12年から市は得ていますが、宗教法人の事業者の財政状況や、宗教法人法によって墓地経営の規則変更を確認するなどといった厳格な審査をしてこなかったことも判明いたしました。雑木林とせせらぎのまち、観光都市にいざを目指すのであるならば、しっかりとした厳格な審査を行い、墓地のまちにしないようにしていくことが求められているというふうに思います。  

新座市議会 2014-09-10 平成26年 9月文教環境常任委員会−09月10日-03号

◆朝賀英義 委員  番星寺を参考人として呼ぶかどうかということで、今並木委員は呼ばなくていいのではないかということでの意見を述べられましたけれども、この間、常任委員会の前のときからの審査やっているわけで、その経過も私も何回か質疑しているのですけれども、例えば宗教法人法による規則に事業名が記載されていない状況とか、特別会計の関係も、当局は前年度のは認めていますとはいいますが、その前の、要するにこれは新座