14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

春日部市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会−12月11日-06号

私は、9月議会でも7月豪雨災害の岡山県倉敷市真備町の小田川決壊の教訓から、天井川である中川改修を強く求めてまいりました。その後、地方自治体の災害への取り組みを学ぶ学習会に参加し、直接兵庫県議会議員による西日本豪雨災害への現場からという報告を聞く機会がありました。その中で、なぜ真備町の災害が死者が51人にも及んだのかなどお聞きしました。

川島町議会 2016-12-07 12月07日-03号

情報発信の中の輪中の郷と川島町の将来像と展望ということで、ちょっとお話しさせてもらいたいと思うんですが、輪中の郷ということで丁寧にご説明あったんですが、インターネット等で調べますと、輪中の郷というと、ちょっと低湿地で水が入っちゃったらなかなか抜けない、天井川云々という濃尾平野にいろいろあるんだということが出ています。 

さいたま市議会 2007-09-11 09月11日-03号

天井川と言われる切敷川流域の都市型水害解消するためには、雨水幹線の整備が重要と考えます。昨年の議会計画を検討していく答弁がございました。どのように検討されたかお聞かせください。 次に、大宮開成高校付近の芝川による住宅浸水道路冠水等水害対策について、新橋のかけ替え工事も含め工事進捗状況と今後の予定についてお答えください。 以上、質問を終わります。

北本市議会 2003-06-17 06月17日-03号

昨年、我々平成会で視察に行きまして、草津市と記憶していますが、これは記憶ですから定かでないんですが、天井川のかわりに新しい川ができたので、そこに2万本ほどの桜を植えたいというような話がありまして、蒲ザクラの苗を使ってくださいというような話もしたんですけれども、いずれにしろ、市の方としてはどのくらい外部に声をかけておられるのかなと、そのようなことも教えてください。 

戸田市議会 2001-12-14 平成13年12月定例会(第5回)−12月14日-06号

事業の認可については、上戸田改修計画の合意が前提ということで、地元の要望である上戸田川の天井川解消という地元との約束を果たすため、これまで戸田市と蕨市で協議を重ね、調整池を設置し、上戸田川の流出抑制を図り、水位を約60センチメートル程度の低下を図ってきたという経過の中で、今年度、地元との協議に入り、上戸田懇談会を開催し、ほぼ地元理解が得られてきたとのことであります。

深谷市議会 2000-09-14 09月14日-03号

特に一番下の唐沢川については、一たん大きな改修ということで拡幅もしましたけれども、いまだに、例えば天神町などは本当に天井川を見上げているようなことで、雨が降るたびに不安に感じるというふうなことだそうであります。

狭山市議会 2000-09-08 平成12年  9月 定例会(第3回)−09月08日-05号

引き続いて、パラペットによるかさ上げが行われた光景は、私たちが昔社会科で学習した天井川とか輪中とか、堤防が高くて住まいが下だと、そういう光景を思い出させるわけでありまして、あくまでも仮設というか、将来的には調整池機能拡大大森調整池機能向上を働きかけ、最終的には外してもらうような、そして展望のいい不老川の再来を願ってやまないものであります。  

草加市議会 1993-09-09 平成 5年  9月 定例会-09月09日-06号

関東流というのは、どちらかといえば高地から水が流れるときにだんだん溢れながら、溢れを少しずつ増しながら、そして流れを弱めながら全体的に水を流していくというのが伊那流というか、そういう形だと思うんですけれども、もう時代が変わりまして、これからの治水というのは、やはり紀州というんじゃないんですけれども、要するに天井川というのは嫌だという。  

草加市議会 1993-03-15 平成 5年  3月 定例会-03月15日-07号

伝右川が天井川になっているためです。水かさが増せば、道路の側溝より逆流してくる状態であります。根本的な浸水対策には、伝右川の水位を下げることしかないわけですけれども、市でも神明の排水機場の増設、あるいは一の橋放水路改修等計画を進めていると思いますが、その進捗状況、供用の見通しはどうなっているのか、ご答弁をいただきたいと思います。  次に、公園建設についてであります。  

草加市議会 1991-12-06 平成 3年 12月 定例会-12月06日-05号

先般の台風18号に対しては、今回の定例会でも新たな激特事業に内示があった、そういう朗報を得て、また心強く思っているわけですけれども、私がきょう通告しています手代町、吉町地域、この地域伝右川、また綾瀬川天井川になっているような状況手代中町団地は、この間の浸水状況は、外からの水が家に入ってきたんじゃなくて、家の中から水があふれて床上になった、畳が全くだめになった、そういう市民の言葉が、嘆きの声がありました

  • 1