7330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

狭山市議会 2019-09-30 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月30日-07号

そして、市内の大学と連携し、届け出挙式などを実施されました。先ほど申し上げたとおり、慣例と常識にとらわれずに若い世代の発想を積極的に取り入れ、さらに狭山のファンをふやし、交流人口や定住人口増加につなげてくださいますようにお願いをいたします。  次に、東京オリンピック・パラリンピックの推進につきましては、大会に向けた機運の醸成を図るため、オリンピアン等を招聘した各種イベント開催がされました。

新座市議会 2019-09-25 令和 元年第3回定例会-09月25日-11号

ちょうどこのときに十文字学園女子大学の先生や生徒が来て、非常におもしろい授業をやっておられて、なかなかすばらしいなというふうに思いました。立教大学の方たちの協力も得たり、地域の人たちの協力も得て、ココフレンドも年々充実をしていき、来年全校に設置をする予定だということで、これは保護者の皆さん方からも強い期待を出されているので、一層の充実を図ってもらいたいと思っています。  

新座市議会 2019-09-24 令和 元年第3回定例会−09月24日-10号

大学病院までの通院は約5,000円弱と、一回に結構な金額がかかります。年に6回としても交通費だけで約3万円弱かかります。状態によっては回数がふえます。特に退院後は、いつもより短い期間での診察になります。難病の通院だけでも大変なのに、その他でも通院が必要な状態です。せめて難病での出費だけでも抑えたいものです。何ともやりきれない話です。

狭山市議会 2019-09-20 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月20日-06号

少し長い引用になりますが、ともに公立はこだて未来大学教授である松原仁、田柳恵美子、両氏の共同論文「公共交通の課題解決と今後の展開」によれば、新たな公共交通システムの実現の阻害要因になっているものの一つとして、社会的な要因の中で公共交通についての議論や意思決定にかかわる人たち、例えば政治家自治体職員、地元経済人などの大多数が日ごろ公共交通をほとんど使っていないことと思われる。

狭山市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月19日-05号

また、今年度は1学期に大学教授を講師として招聘し、各小学校の視聴覚・情報教育主任等を対象にプログラミン教育に対する理解を深めるための研修を実施し、また2学期には教育委員会が委嘱した教員で構成する研究委員会プログラミン教育研究授業を実施し、この中でプログラミン言語を覚えるだけではなく、プログラミン教育の狙いである児童の論理的思考力を育むための指導法を検討し、各小学校への普及を図ってまいります

狭山市議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月18日-04号

また、農業の活性化につきましては、ブランド野菜として首都圏市場で評価をされている里芋やホウレンソウ、枝豆などを広く消費者にPRするとともに、狭山茶につきましても、企業大学等と連携して新商品の開発等に取り組んでまいりました。また、長年の課題でありました入曽駅周辺整備事業に取りかかり、駅前広場や橋上駅舎、自由通路の整備に向けて、地元調整や基本計画の策定等に取り組んでまいりました。

川越市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第16日・9月17日) 本文

文化振興の観点から、城下町川越を意識した事業等については実施しておりませんが、地域社会活動の参加促進を図ることを目的組織された団体であります川越シニア大学「小江戸塾」との共催による、川越シニアカレッジ「ふるさと塾」事業の中で、川越城と本丸御殿をテーマに、川越城の歴史について学ぶ講座を開催し、川越城、本丸御殿の現地学習会等を毎年行っているところでございます。  以上でございます。   

新座市議会 2019-09-17 令和 元年第3回定例会-09月17日-07号

鳥取大学医学部保健学科鳥取県西部総合事務福祉保健局、そして在宅看護支援センターなどが共同で、鳥取県高齢者228名を対象に、仮名拾いテストとタッチパネル式スクリーニングテストを行い、また認知症予防教室前後に、MMSE(ミニメンタルステート検査)とタッチパネル式認知症治療評価法を用いて有効な評価を探った結果、タッチパネル式テストのほうがすぐれていることがわかったとの報告がされています。  

川越市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会(第12日・9月13日) 本文

淑徳大学の結城康博教授によりますと、深刻な問題が生じるのは二〇三五年のそれらが全て八十五歳となる時期、年齢別の要介護度の認定率を見れば七十五歳から八十歳代前半までは比較的元気である。八十五歳を過ぎれば二人のうち一人が認定を受けている。また、平均寿命は女性が八十八歳、男性が八十一歳で、八十五歳以上まで生きることは当たり前の時代となっています。  

川越市議会 2019-09-12 令和元年第4回定例会(第11日・9月12日) 本文

地方自治体のAIの取り組み状況についても事例を挙げて御答弁をいただきましたが、ほかにも、新聞報道によれば、自治体コンピューターソフトウェア開発会社大学研究室などと連携してAI導入による業務の効率化を図る事例として、渋谷区と日本マイクロソフトが組んで、LINEでAIが会話し窓口業務を担う渋谷みらいを開発したり、千葉市と東京大学が組んで、公用車のダッシュボードにスマホを取り付け、道路補修の必要性を

新座市議会 2019-09-12 令和 元年第3回定例会-09月12日-05号

新座市では、ピアサポーターとして、子供の心に寄り添うボランティアとして、臨床心理系学部等の大学生、大学院生を派遣する事業を実施、現在7名登録していただき、週1回、学校での学習支援やふれあいルームで活動されています。活動内容は、教室や相談室において、学習支援や話し相手及び遊び相手となるなど、心に寄り添う活動になっています。市内の3大学を中心に、大学から推薦を受け、教育相談センターでの研修後に活動。

狭山市議会 2019-09-11 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月11日-03号

ができるということではなくて、やはり他教科と同じように、少しずつ積み上げていって広げていって、それぞれの指導力を深めていくということと同じでございますので、当面、例えばこのプログラミン教育につきましては、今年度、昨年度と管理職を集めての指導、あるいは情報教育等を専門にしている教員をまず集めての指導、その際には、全国各地で活躍しているプログラミン教育指導にたけている、あるいは開発等に携わっているような大学教授

新座市議会 2019-09-09 令和 元年 9月総務常任委員会−09月09日-03号

その後、午後11時半、新たに今度は土砂災害、大雨ではなく土砂災害に対応する避難所として池田小、片山小、跡見学園女子大学の3か所を開設いたしております。避難者ですが、先ほど申し上げました栗原公民館に1名の方が避難されたのですが、それ以外には特に避難された方はいらっしゃらなかったようでございます。  午前6時30分に栗原公民館を除く避難所を閉設いたしました。