64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

久喜市議会 2018-06-20 平成30年  6月定例会-06月20日−02号

まず、前市長の多選に対する批判と長期政権の弊害をどう認識されているかです。市長選挙で、梅田市長は「長期政権の弊害、しがらみだらけの久喜市」等の言葉でこれまでの久喜市政を批判してこられました。それに対して、「新しい風」というフレーズも使われました。市民が現市長に期待したのは、まさにそこだと思っています。

久喜市議会 2017-12-01 平成29年 11月定例会-12月01日−02号

そのことにより、多選による批判も耳にいたしているところです。私としては、多選についてはよい面、悪い面の両面を有すると感じていますし、何より選挙で選ぶのは市民等であります。そして、田中市長は、公約として市民の皆様に約束をし、新久喜市長として2期目、通算で6期目の選挙に当選されてきました。   そこで、市長にお伺いをいたします。

春日部市議会 2016-03-18 平成28年 3月定例会−03月18日-11号

次に、陳情第2号 多選自粛条例を自ら破った現埼玉県知事の辞職を求める意見書の提出に関する陳情を議題とし、意見を求めたところ、みずから制定した条例を無視した点はいかがなものかと思いますが、その後の選挙において県民から選ばれていますので、辞職を求める必要はないと思いますとの意見がありました。  以上で、陳情第2号についての意見交換を終結しました。  

春日部市議会 2016-03-04 平成28年 3月 4日総務委員会−03月04日-01号

年度春日部市一般会計予算総務委員会所管分について  (請願)  ◎請願第1号 安全保障関連2法(国際平和支援法、平和安全法制整備法)の廃止を求める意見書採択についての請願  ◎請願第2号 年金を毎年下げ続ける「マクロ経済スライド」を廃止することを求める意見書採択についての請願  (陳情)  ◎陳情第1号 外国人扶養親族の透明化とさらなる改善を求める意見書の国に対する提出に関する陳情  ◎陳情第2号 多選自粛条例

春日部市議会 2016-03-03 平成28年 3月 3日総務委員会−03月03日-01号

年度春日部市一般会計予算総務委員会所管分について  (請願)  ◎請願第1号 安全保障関連2法(国際平和支援法、平和安全法制整備法)の廃止を求める意見書採択についての請願  ◎請願第2号 年金を毎年下げ続ける「マクロ経済スライド」を廃止することを求める意見書採択についての請願  (陳情)  ◎陳情第1号 外国人扶養親族の透明化とさらなる改善を求める意見書の国に対する提出に関する陳情  ◎陳情第2号 多選自粛条例

八潮市議会 2016-02-29 平成28年  3月 定例会(第1回)-02月29日−01号

陳情書」、「八潮市役所庁舎において市旗、県旗及び国旗の総ての掲揚を求めることに関する陳情書」、「市職員執務室の個室等の除去に関する陳情」、「外国人扶養親族の透明化とさらなる改善を求める意見書の国に対する提出に関する陳情書」、「国及び県に動物殺処分禁止にすることを求める意見書の提出に関する陳情書」、「保健所等における動物殺処分に係る施設見学を義務教育課程に含むことを求めることに関する陳情書」、「多選自粛条例

杉戸町議会 2015-12-07 平成27年 12月 定例会(第6回)-12月07日−議案質疑・討論・採決−05号

小畑孝平君から陳情書、多選自粛条例を自ら破った現埼玉県知事の辞職を求める意見書の提出に関する件、国及び県に動物殺処分禁止にすることを求める意見書の提出に関する件、外国人扶養親族の透明化とさらなる改善を求める意見書の国に対する提出に関する件及び保健所等における動物殺処分に係る施設見学を義務教育課程に含むことを求めることに関する件が提出されてまいりましたので、本日お手元に配付しておきました。  

八潮市議会 2015-09-16 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月16日−04号

「今回の選挙において、首長多選禁止」と書いてありますけれども、これを「自粛条例」ということで訂正をお願いいたします。  2点目、その下ですね、質問事項4、埼玉県に対する要望について、質問要旨1の同じく②です。「交通機関道路・橋脚」と書いてありますけれども、「橋梁」に訂正をお願いいたします。  それでは、一般質問をさせていただきます。  質問事項1、本人通知制度についてお伺いいたします。  

久喜市議会 2014-06-18 平成26年  6月定例会-06月18日−02号

14番目、最後ですけれども、市長、いわゆる多選の弊害を生まないために、常に自省と自戒の念を持っていただきたい。田中市長の認識を求めます。合併後の新久喜市としては、田中市長は2期目にすぎませんけれども、県内誰も市長が2期目だなんて思っておりません。県市長会の会長に推されたのだって、田中市長のこれまでの経験年数が評価されたからにほかなりません。

杉戸町議会 2014-02-26 平成26年  3月 定例会(第1回)-02月26日−一般質問−05号

次に、その見直しの内容なのですけれども、その中には区長の定年制や多選性などについても課題に上がっていると思うのですが、その見直し内容について明らかにしてください。 ○濵田章一議長 当局の答弁を求めます。   住民参加推進課長。        〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕 ◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。   

久喜市議会 2014-02-18 平成26年  2月定例会-02月18日−06号

済みませんが、ちょっとでは言わせてもらいますけれども、猪股議員多選批判をどうかというのがありました。私はまちの姿勢を問うているものですから、そのときに多選というのは癒着や硬直化や新しいものが生まれにくいとか、そういう弊害があるとも思いますと、自分はそういうことがないようにいつも心がけてやってまいりましたと、そうおっしゃいました。

久喜市議会 2014-02-11 平成26年  2月定例会-02月11日−02号

田中市長がその多選に当たるのは、これは事実です。昨年9月議会で、20年以上に今度なることから、市民の中にいろんな声があるという、いわばこれは私は多選批判の声があるという意味だと思いますが、そういうことも指摘をされていました。今度の選挙でも、多選が一つの論点とはなるでしょう。久喜市行政多選の弊害という現象、その兆しがあらわれてきているのではないかという懸念もあります。

所沢市議会 2011-09-12 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月12日−06号

中村議長 11番 松崎智也議員 ◆11番(松崎智也議員) 私が疑問に思ったのが、35番、左下のところなんですけれども、市長の任期を2期8年とする多選自粛条例を制定、これは結局、前の議会で否決されて達成できなかったのですけれども、こちらは3点というふうになっています。もしかすると3点ではなく2点かなと、かもしれないと思ったんですけれども。  

吉川市議会 2011-06-16 平成23年  6月 定例会(第3回)-06月16日−06号

今、ここに中野の元区長という方の署名入りで、多選市政にかかわる問題が、この文面の中から伺えると、一般質問等でどうぞ一度聞いてあげてくださいというようなことも来ておりますが、冷静にご答弁をいただければと思います。  中野、あるいは中央土地の方からもメールが来ていますが、どの程度配布されたんだろうかというふうに推測をされている。

所沢市議会 2011-03-11 平成23年  3月 定例会(第1回)-03月11日−09号

○久保田茂男副議長 27番 西沢一郎議員 ◆27番(西沢一郎議員) それでは、最後の質問なんですが、市長のマニフェストによれば、私は2期8年と、多選はしませんと、このようなマニフェストでした。先ほど、この10月の市長選での出馬表明もされていましたけれども、このマニフェストによれば、仮に来期も当摩市長はこの任期を続けるとされても4年しかないわけです。

吉川市議会 2010-12-14 平成22年 12月 定例会(第6回)-12月14日−04号

多選の弊害が問われている中で、あえて出馬をされるわけですから、来年2月の選挙では、どんなまちづくりをしたいのか具体的な政策について、そしてそれを実現するためにどう考えているのかということを、ご自身の言葉でしっかり語って選挙戦を戦っていただきたいというふうに思いますが、最後に市長の決意を聞いて終わりたいと思います。 ○議長(日暮進) 市長。

毛呂山町議会 2010-12-06 平成22年  第4回(12月) 定例会-12月06日−一般質問−04号

〔小沢信義町長登壇〕 ◎小沢信義町長 やはり私は当初からの多選批判をして選挙をやったわけでありますが、首長がかわることによって考え方も変わる、そしてまた同じ事業の進め方でもその手法もまた違うだろうと思います。必ずしもかわることがいいというわけではありませんが、それも行革の一つの大きな手法だろうと、住民が選ぶ手法だろうと、こういうふうに思います。