168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和光市議会 2021-03-18 03月18日-09号

また、重点事業として、和光市の都市基盤の将来の骨格を通していくための一連の事業として、駅北口開発事業、また国道254号線和光富士見バイパス延伸事業和光北インター周辺開発事業和光版MaaS事業と一体となって自動運転サービス導入とめじろ押しです。果たして、全て今、行わなければならない事業なのでしょうか。地域住民に対し十分な説明をし、理解を得ることが必要です。

和光市議会 2021-02-12 02月19日-01号

そして、和光市駅周辺に並ぶもう一つの交通の要衝である和光北インター周辺につきましては、大規模な産業誘致に成功した和光北インター地区土地区画整理事業に続き、県が進める一般国道254号和光富士見バイパス都内延伸と併せて、市内産業活性化税収確保に資する産業拠点を創出すべく、和光北インター東部地区まちづくりを推進してまいります。

志木市議会 2020-12-16 12月16日-06号

次に、一般国道254号和光富士見バイパスについて、ご報告を申し上げます。 去る12月7日に、埼玉朝霞土整備事務所より、令和3年度に予定しておりました部分開通について、残る用地の取得が難航しているとのことから、令和4年度以降になる見込みとの報告がございました。市といたしましては、今後も、早期開通に向けてさらなる事業進捗が図られるよう、県と協力しながら取り組んでまいりたいと存じます。 

志木市議会 2020-12-09 12月09日-03号

最後に、大きな4番、一般国道254号和光富士見バイパス工事について、都市整備部長にお聞きいたします。 初めに、(1)として、工事中の交通安全対策についてお聞きいたします。 一般国道254号和光富士見バイパス工事ですが、既に上宗岡地区工事がいよいよ始まっており、さらに中宗岡地区へと工事が順次始まっていくということであります。

朝霞市議会 2020-09-18 09月18日-04号

以前にも議会で質問をさせていただいているところでございますが、国道254号和光富士見バイパス、朝霞大橋開通に伴って、老朽化している内間木橋撤去に関する計画が昨年度出されました。これに伴って、本年度は撤去設計業務委託を行うとともに、昨年の台風の影響で多少遅延したものの、国による代替ルート整備を経て、7月より内間木橋の通行止めが実施されているところでございます。

和光市議会 2020-09-17 09月17日-04号

国道254号和光富士見バイパス延伸計画については、関越自動車道をはじめ、首都圏中央連絡道路東京外郭環状道路などの幹線道路と連結する道路ネットワーク上、重要な幹線道路となっております。現在、旧富士見有料道路終点地から北インターまでの工事が進んでいます。このような状況の中、都内に向けたルート令和2年3月に都市計画決定されました。進捗状況と今後の予定はどのようになっているのかを伺います。 

和光市議会 2020-02-14 02月21日-01号

これらに着実に取り組むとともに、工事が進む東京外環自動車道延伸柳下市長時代から取り組み、ようやく動き始めた、長年、市民生活影響を及ぼしてきた市内交通渋滞を解決し得る国道254号和光富士見バイパス延伸、そして、何より東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会地元開催など、和光市に吹く追い風に適切な帆を上げ、和光市の地理的な位置の優位性を十全に生かした積極的な活性化策にも取り組むことで

志木市議会 2020-02-07 02月14日-01号

一方、一般国道254号和光富士見バイパスにつきましては、事業主体である埼玉県において、国道463号から県道さいたま東村山線までの区間について、令和3年度までに供用を目指すとの方針が示されていることから、生活道路における渋滞も十分に注視しつつ、引き続き国や県に対し、道路財源確保バイパス早期完成を働きかけてまいります。 

朝霞市議会 2019-12-26 12月26日-04号

国道254号和光富士見バイパスは、和光市の東京外かく環状道路から富士見下南畑国道463号までの延長6,850メートルを整備区間としており、国道254号の混雑緩和首都圏中央道路自動車道東京外かく環状道路の連絡する県南地域道路ネットワーク強化により、観光振興防災機能強化等が期待されております。 国道254号バイパス延伸については、事業主体となっている県に確認をいたしました。

朝霞市議会 2019-12-25 12月25日-03号

国道254和光富士見バイパスにつきましては、昭和59年度から事業が進められてきまして、途中、なかなか事業が進まない時期もあったかなというふうには感じておりますが、最近では浦和所沢バイパスとの立体交差、いわゆる下南畑交差点付近の陸橋です、あちらのほうもつながってきておりまして、今後、志木市内道路整備も進んでいくということでございます。 

和光市議会 2019-12-09 12月09日-03号

私が申し上げましたのは、今後、国道254号和光富士見バイパス松ノ木島交差点まで完成することが見込まれています。そういった状況の中で、和光市内区間延伸が進まない場合、市内生活道路交通流入がふえて、市民生活環境が悪化するということです。このために市としては一日でも早く延伸事業を進めるために、県が示したルートは最適と考えており、意見する立場にはないというふうに申し上げたところでございます。

和光市議会 2019-09-25 09月25日-05号

さきの議員にお答えしたとおり、市といたしましては、国道254号和光富士見バイパス松ノ木島交差点まで全線開通した場合、市内生活道路への交通流入がふえて市民生活環境の悪化につながることを懸念しているところです。このため、国道254号バイパス延伸区間早期事業化により、交通の受け皿をしっかりと確保することがまずは重要であると考えております。 

和光市議会 2019-09-24 09月24日-04号

(1)国道254号和光富士見バイパス延伸計画について。 先般8月初旬に、埼玉県と和光市の共催による国道254号バイパス都内に向けた延伸に関する都市計画変更素案説明会が開催され、長年、地域住民の懸念となっていた国道254号バイパス延伸ルート案が示されました。この説明会には私も参加させていただきましたが、参加された市民からは多くの質疑が寄せられました。

志木市議会 2019-09-20 09月20日-05号

加えて、50年前に建設された公共施設老朽化により、多額の更新費用も見込まれることから、公共施設マネジメントに果敢に取り組むとともに、宗岡地区にあっては一般国道254号和光富士見バイパス早期開通による地域の価値の向上、さらには長寿社会を見据えた地域包括ケアシステム時代に即したAI、RPAの活用など次代を見据えた施策を展開してまいりたいと考えております。 

志木市議会 2019-09-19 09月19日-04号

また、平成10年に4市の消防が合併する際の申し合わせ事項において、新たな署を設置する場合は、所在市において土地を調達し、建物を建設したうえで組合に無償で貸し付けることとなっておりますことから、鈴木議員のご提案のとおり、宗岡分署を設置する場合は土地建物を本市が負担することとなりますので、建設用地の買収につきましては、一般国道245号和光富士見バイパス工事着工前に購入したほうが土地の価格が抑えられることが