11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北本市議会 2018-03-13 03月13日-04号

たしか前にも誰か質問なされましたが、例えば、川口市だと思いますが、ふれあい安心名簿条例と。要は、あるメンバー、ある情報は共有化しましょうと。それで、本当の意味の共助とかにつなげましょうというようなことも考えているようです。 もう一つ、施策の見直しの中で、3番目、行政窓口業務の一本化です。

和光市議会 2017-02-17 02月26日-01号

次に80点目、実施をとりやめた公約でありますが、2期目の市長選政策公約として掲げた55項目のうち、ワクチン接種補助強化定期接種外ワクチン接種者への対応)、それから地域活動に必要な名簿取り扱い緩和を図る名簿条例制定の2項目については、国の制度改正法改正等の関連で実施を取りやめているわけであります。 

和光市議会 2014-03-10 03月10日-05号

発言順位2、名簿条例についてです。 1、名簿条例の策定について。 私の地元団地自主防災組織では、昨年発生した火災時の対応をめぐり、安否確認に必要な名簿作成が不可欠であるとの認識から、住民組織においても各戸の住民把握ができない現況に対して、一定のルールづくりなど対策が必要であるとの議論が出ています。このような状況は、各地域での課題ともなっていると思います。

春日部市議会 2011-06-14 平成23年 6月定例会−06月14日-07号

それに備えて、ぜひ安心安全名簿条例とでもいうべき条例をつくり、災害に遭われた方、災害時に支援が必要な方の情報については、その支援に役立てる範囲で情報を第三者と共有することができるとし、それに違反した場合の罰則規定を盛り込むことで、個人情報保護法には触れずに情報提供することができるという方策も考えられます。

熊谷市議会 2010-12-15 12月15日-一般質問-03号

そんな中でちょっと目についたのが、大阪府の箕面市でふれあい安心名簿条例って、インターネットでとるとこんなに厚く説明が、解説がされているのですけれども、懇切丁寧に市民がいろんな場面で名簿をつくるときに、この条例にのっとって、こうやれば問題が起きないですよとか、丁寧に説明をされているのです。こんなにも、何十ページという説明をされております。 

春日部市議会 2010-09-15 平成22年 9月定例会−09月15日-10号

国のほうとしても、個人情報取り扱いについて、このような見守り活動については個人情報をきちんと市のほうが規制を設ければ、個人情報を共有することはやぶさかではないという通達が出ておりますし、既に大阪府の箕面市等ではふれあい安心名簿条例という条例を設けて、このようなときにきちんと情報を共用できる仕組みをつくっていますので、そういうことについて検討していただきたいと思います。これは要望になります。  

和光市議会 2010-06-10 06月10日-03号

あえてなかなか今の御時世ですので、全体的な見直しも含めた中でのこういったお話を提言させていただいたということは、実はいろいろな形で、先ほど申しましたとおり例えば名簿条例をつくったらどうでしょうかとか、要援護者名簿対策もなかなか進まないというようなことの中で、こういった方法もあるんではないでしょうかという御提案なので、ぜひ考慮していただいて、これも御検討の俎上に上げていただければと思っております。 

越谷市議会 2010-02-24 02月24日-01号

調査は、去る1月28日、29日の2日間にわたり、総務部長の随行を求め、「(仮称)「箕面市ふれあい安心名簿条例」」、「健康尼崎職員21」についての2項目調査項目とし、大阪箕面市、兵庫県尼崎市への行政調査実施いたしました。  まず、箕面市において「(仮称)「箕面市ふれあい安心名簿条例」」調査いたしました。

越谷市議会 2009-12-15 12月15日-06号

仮称箕面市ふれあい安心名簿条例、健康尼崎職員21を調査するため、箕面市及び尼崎市へ  3番 辻 浩司議員、4番 細川 威議員、10番 大石美恵子議員、11番 玉生芳明議員、22番 山本正乃議員、23番 佐々木 浩議員、24番 永井龍男議員  以上7人を平成22年1月28日から29日まで  盛岡食育推進計画及び在宅子育てサポート事業などを調査するため、盛岡市、秋田市及び三条市へ  8番 江原千恵子議員

和光市議会 2009-12-08 12月08日-06号

名簿条例(仮称)の作成で、市民安心して名簿をつくれるようルールを定め、後押しを。 災害が発生するたびに、災害時要援護者把握必要性が指摘されております。実際に、新潟県中越沖地震では要援護者名簿取り扱い問題点が発生し、自治体が保有する名簿町内会に共有されていれば、地震の死者を減らした可能性があると報道されております。

  • 1