10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

蕨市議会 2018-09-26 平成30年第 4回定例会−09月26日-05号

宮城県名取震災ボランティアで伺いまして、終わった後に寄りました閖上地区にある日和山、今でもさまざまな鎮魂の碑が建つ復興シンボルであります。標高は6.3メートルなのですが、本来であれば周りの建物に埋もれて、お世辞にも景色がよくなかったのですが、その日見た景色は地平線まで見える家の基礎部分と瓦れきが広がる世界でありました。

川越市議会 2017-09-13 平成29年第7回定例会(第10日・9月13日) 本文

名取への会派視察で学んだ中で、震災前から市内建設業との協定とともに実訓練がされており、その結果、いち早く瓦れき撤去がなされ、復興スピードが県内でも速かったとのことでありました。  そのことから、川越市としても市内事業者は県土整備事務所と細かく協定を結んでいるようなので、県道復旧を請け負う事業者に県道付近の市内優先道路を担当してもらうなど、協定を結ぶべき提案もさせていただきました。

草加市議会 2017-03-08 平成29年  2月 定例会-03月08日-05号

このようなことを考え、宮城県名取や白石市、石巻市などでは、通学路であるスクールゾーンに面した危険ブロック塀やフェンスなどを除去する場合に、その費用の一部について各自治体が一定額を補助する制度を設けていると聞いております。このような制度があれば、通学路であるスクールゾーンに、今にも壊れそうな危険ブロック塀やフェンスがあった場合にも、有効に役に立てるのではないかと思っております。

川越市議会 2015-12-09 平成27年第5回定例会(第13日・12月9日) 本文

十円単位で丸めてほぼ最低賃金だということがわかりますし、宮城県名取、調理補助パート、七百三十円で募集がありました。宮城県では七百二十六円で最低賃金が定められております。  ほかにもさまざま調べましたが、最低賃金に非常に近い金額で、このグループは少なくともパートの人たちは募集をされているんです。

川越市議会 2015-02-26 平成27年第1回定例会(第10日・2月26日) 本文

さて、昨年、我が会派で視察をした宮城県名取では、災害協定を結んでいる地元建設会社との実訓練を東日本大震災前から行っていたことで、震災時にはいち早くがれき撤去などが行われたそうであります。災害時には、地元建設業との連携は不可欠です。名取では市内にどれぐらい重機があり、どれぐらいの技術者がいるなど把握されておりました。

草加市議会 2014-06-09 平成26年  6月 定例会-06月09日-02号

次に、落札業者である沖電気工業株式会社契約実績ですが、本工事と同じく消防救急デジタル無線及び消防指令システム整備工事双方を一つの契約として締結した実績を申し上げますと、平成24年度に宮城県名取契約締結した消防防災施設災害復旧事業消防救急デジタル無線及び消防指令センター整備工事がございます。この工事における契約金額は7億8,750万円でございました。

春日部市議会 2013-02-22 平成25年 3月定例会−02月22日-03号

防災かすかべデジタル化、防災無線の話ですけれども、震災地に視察で伺ったときに、たしか名取だったと思うのですけれども、肝心の防災無線が壊れて、消防職員とか職員とか市議会議員もそうなのだけれども、防災無線が鳴らないものだから、自分で知らせに行ったのです。その結果、津波が来て、消防職員とか市議会議員も亡くなった人が出たと。

狭山市議会 1997-12-08 平成 9年 12月 定例会(第4回)−12月08日-04号

もう1カ所は名取に民間の家屋を借りスタートしました。名取に問い合わせたのですが、入居者が9名、スタッフ9名、社会福祉法人に運営を委託、国・県からの補助を受けています。宮城県は今後さらに普及させていきたいという考えです。  埼玉県でも、厚生省グループホームの援助事業の創設を受けて、本年度2カ所設立分の運営費の予算措置をしております。今現在、名乗りを挙げている自治体はありません。

  • 1