22080件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日高市議会 2059-06-20 06月20日-一般質問-03号

その取り組みの進捗と今後の対策について、12月議会での他の議員質問と重複しないようにお聞きしていきます。   1点目、再発防止策の中の現金、通帳、印鑑、キャッシュカード、有価証券等管理体制の強化については、12月議会の時点で既に改善されているとのことでしたが、気になるのは、外郭団体会計事務についてです。

熊谷市議会 2048-09-11 09月11日-一般質問-04号

2つ目交通弱者交通手段確保として、市はどのような取り組みを行っていますか。 3つ目交通弱者交通手段として、タクシーの役割が重要と考えていますが、タクシーサービス向上利用促進に関する市の取り組みをお聞かせください。 壇上での質問は以上とします。なお、再質問、意見、要望等につきましては質問席にて行います。 ◎戸森重雄市民部長 中島議員さんの御質問1、がん対策についてお答えいたします。 

美里町議会 2026-06-13 06月13日-一般質問-02号

このように個人取り組みが共感を呼び、加速度的に生産者がふえている現在、この取り組みが一時的なもので終わることがないよう、温州ミカン栽培を、ブルーベリーやエゴマ栽培を目指したときのように、中山間地域耕作放棄地対策として、また町の景観を守る作物として、町が何らかの方法でかかわることができないか伺います。  以上です。 ○大島輝雄議長 町長、答弁願います。          

吉見町議会 2025-12-04 12月04日-一般質問-02号

防災に関する取り組みの先進地では、自助、共助が確立されていると感じております。吉見町でも個人や家庭、そして地域団体等が連携して日常的な減災に取り組めるよう努めてまいります。 次に、荒川市野川に対する認識についてでございますが、吉見町は三方を荒川及びその支川市野川、さらにはその支川の滑川に囲まれており、いわゆる輪中の地でございます。

熊谷市議会 2025-09-10 09月10日-一般質問-03号

質問の8、家族支援の視点からの取り組みについて、以下3点お伺いをいたします。 1点目、窓口来訪者の傾向について。 2点目、家族への支援重要性に対する認識。 3点目、具体的な取り組み内容。 質問の9、アウトリーチ訪問支援取り組みについて、以下3点を伺います。 1点目、国が示すひきこもりの評価支援に関するガイドラインや所管府省からの通知等において、どのような取り組みが求められているのか。 

日高市議会 2024-12-09 12月09日-一般質問-03号

また、自分の身は自分で守る自助取り組みが基本であり、最も重要なことであることの啓発に努めてまいります。   3点目の住民の主体的な避難を促すための方策につきましてお答えいたします。市民の皆様に各種防災情報を周知し、啓発することは非常に重要であると考えております。あわせまして、災害時の緊急対応には訓練が重要でございます。

東松山市議会 2024-06-18 06月18日-04号

まちなかリノベーションプロジェクトは、若者の柔軟な考えを生かした中心市街地活性化とにぎわいの創出を目的に、平成29年度に取り組みを開始したものでございます。これまでに大東文化大学、立正大学、武蔵丘短期大学、東京電機大学、山村学園短期大学の5つの大学から、延べ78人の学生がこの活動に参加をされました。  

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

平成30年度に、健康長寿に関する優秀な取り組みを行った市町村を表彰する健康長寿優秀市町村表彰式が7月に行われ、美里町のミムリン健康ポイント事業優秀賞を受賞しました。  取り組みの背景には、特定健康診査受診者のうち高血圧症糖尿病で指導や医療の必要な受診者が増加していることから、平成26年度より高血圧症及び糖尿病予防教室が実施されました。

久喜市議会 2023-11-29 11月29日-02号

これらの取り組みにより、本市の接種率平成26年度から29年度の4年間の平均で39.4%と、全国平均の35.7%を上回っております。本市といたしましては、対象者への周知徹底予防接種を受けやすい環境を整えることが接種率向上につながるものと考えており、今後もこれらの取り組みを継続してまいりたいと考えております。  次に、(2)でございます。

熊谷市議会 2022-12-18 12月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

また、ここ数年の夏の暑さは、災害級のレベルとなっており、暑さ対策日本一を掲げる本市にとりまして、トップランナー賞の受賞は、継続的な取り組み民間企業との連携が評価された結果と受けとめております。ことしの5大ニュースに共通するのは、流行語大賞にも選ばれましたワンチームです。