20910件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川越市議会 2019-05-16 令和元年第2回臨時会(第1日・5月16日) 本文

昭 彦                      財政部長  井 上 秀 典                      市民部長  細 田 隆 司                  文化スポーツ部長  田 中 三喜雄                      福祉部長  後 藤 徳 子                   こども未来部長  永 堀 孝 明                    保健医療部長

川越市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第33日・3月25日) 本文

本年度のテーマは、保健医療部の財務事務についてというテーマでございます。このテーマでございますが、テーマ選定の理由のところを御説明させていただきます。  近年の市民の保健医療行政に対する期待がますます多様化、高度化するなど、取り巻く環境が変容しつつあると、そういったような状況でございます。

草加市議会 2019-03-19 平成31年  2月 定例会−03月19日-付録

─────┼─────┼──────┼─────┼────┤ │議第 2 号│食品ロス削減に向けてのさらな│ 31. 3.19 │ −−−−− │ 31. 3.19 │原案可決│ │議   案│る取り組みを進める意見書  │     │      │     │(全員)│ ├─────┼──────────────┼─────┼──────┼─────┼────┤ │議第 3 号│妊婦が安心できる医療提供体制

草加市議会 2019-03-19 平成31年  2月 定例会−03月19日-08号

また、こども医療費・ひとり親家庭等医療費支給事業のうち電算委託料の増額理由はという質疑については、平成32年より入院にかかる費用の支給対象年齢を、現在の中学校卒業までの年齢から高校卒業の18歳まで拡大する予定であることから、システムの改修等が必要になることに伴い、その経費を計上したためとのことであります。  

草加市議会 2019-03-12 平成31年  3月 総務文教委員会-03月12日-01号

次に、障害者自立支援医療費負担金についてでございます。こちらは、身体障害者更生医療費に係る給付について、人工透析療法の対象者が見込みを上回ったことに伴い、778万1,000円を追加するものでございます。負担率は2分の1でございます。  次に、障害児入所給付費等負担金(障がい福祉課)についてでございます。

春日部市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-10号

プラスでは、例えば横浜市のように昨年7月、ベトナム医療系大学5校と介護人材呼び込みのために留学生の学費を市と介護施設で折半し、住宅費も一部負担して、奨学金の返戻も免除しております。しかし一方、マイナスもあると思います。例えば平成30年総務省の人口動態調べで人口に占める外国人比率の高い自治体で全国ナンバー3の群馬県大泉町、大変有名ですね。この大泉町でどんなことが起きているのか。

春日部市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-09号

この人は血圧が高いとか、あるいは糖尿があるとか、心臓の既往があるとか、そういう医療の情報が全くないということで、手が動かせる、足が動かせる、一人で起きられるという、その身体的機能のみで判断をするという、そこはこれは介護をする方々にとって、たとえ家事援助だけだとしてもですよ、お料理をつくって帰るという、それだけのことだったとしても、やはりその方の持病などの情報がないというのは非常に不十分だというふうに

草加市議会 2019-03-08 平成31年  2月 定例会-03月08日-07号

また、小規模多機能型居宅介護につきましては、医療ニーズの高い要介護者に対応できるよう、小規模多機能型居宅介護のサービスに看護サービスを加え、より機能を充実させた看護小規模多機能型居宅介護として1カ所の整備を予定しております。  平成31年度においては、市が指定いたします小規模特別養護老人ホームと看護小規模多機能型居宅介護について、事業者の公募、選定作業を進めてまいります。  

春日部市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会-03月08日-08号

そこで次に、災害時医療体制についてですが、平成29年度末に医療関係5師会などとともに策定した春日部市災害時医療救護活動マニュアルでは、災害の発生に備え、医療救護所の設置などの災害時医療の体制などを定めていると伺っております。平成30年度における災害時医療に対する取り組みについてお伺いをいたします。 ○荒木洋美 副議長  折原健康保険部長。

草加市議会 2019-03-07 平成31年  2月 定例会-03月07日-06号

次に、法定外繰入金の継続についてでございますが、国民健康保険の被保険者数及び国民健康保険税調定額は、少子高齢化の影響を受け、年々減少している一方で、1人当たり医療費については上昇傾向を示しておりますことから、国民健康保険財政につきましては、今後ますます厳しさを増していくものと考えております。  

川越市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第15日・3月7日) 本文

   茂                      財政部長  荘   博 彰                      市民部長  細 田 隆 司                  文化スポーツ部長  福 原   浩                      福祉部長  後 藤 徳 子                   こども未来部長  永 堀 孝 明                    保健医療部長

狭山市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月07日-07号

こうした高齢者の現状を踏まえた課題につきましては、介護サービスの面では、特に今後、後期高齢者の増加が予想される中では、将来を見据えた介護サービス基盤の適切な整備とともに、医療・介護・予防・住まい・生活等に係る支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が課題であると考えております。  

春日部市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-07号

また、その受診率につきましては、県内でトップクラスとなっており、さらに近隣のほとんどの自治体では専門業者1社のみで対応している特定保健指導について、春日部市では医師会のご協力をいただき、特定健康診査実施医療機関全てで実施できるようになっているところでございます。

草加市議会 2019-03-06 平成31年  2月 定例会-03月06日-05号

調査においては、介護職員、医療職、施設管理者などから綿密に聞き取り調査を行うことにより、虐待の事実が確認されなくても不適切な介護が複数見つかることがあるため、指摘事項を施設の管理者などにフィードバックし、再発防止のための職員向け研修計画の提出や介護記録、事故報告書の改善、人員体制の改善、業務マニュアルの整備などの改善案の提出を求め、さらに改善が図られているかの再確認を行っております。  

狭山市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月06日-06号

包括ケア体制における連携について、医療の関係者は介護の状況、また、介護の関係者は医療の状況について、人と人との交流や情報交換を行うことにより、お互いを深く理解することが可能となり、円滑なケアシステムの構築につながると思いますが、医療と介護の関係者の相互理解を深めるための具体的な取り組みはどのように行われていますでしょうか。 ○新良守克 議長 三ツ木長寿健康部長。