125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新座市議会 2019-06-09 令和 元年第2回定例会−06月09日-05号

ただ、東京都の杉並区で、ねこけん動物病院というのがありまして、そこはクラウドファンディングの資金で、ここに持ち込む去勢・不妊手術というのは無料にしているらしいです。そういうところもありますので、大いに活用できるかと思いますので、一つの材料として、ぜひとも検討材料としては残してほしいと思います。  それから、県の助成金につきましても嵐山町、吉川市は先ほど申し上げました。

新座市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会-03月18日-12号

おりの中に餌を入れて、その中に捕獲されていたら、県が手配している提携動物病院に持っていく形です。平成31年度は、見込みも含めて半数程度の5頭ですが、平成30年度の取り組み状況が今後どういう形で反映していくか注視したいです。  質問。296ページ、集団資源回収。中国の廃棄物輸入制限が行われていて、日本雑誌古紙、雑紙等が対象になって、市場価格は変動があると思う。

新座市議会 2019-03-01 平成31年 3月文教生活常任委員会−03月01日-02号

捕獲方法なのですけれども、見かけたものを捕獲というよりは、おりの中に餌を入れておいて、ネズミ取りではないですけれども、翌日なりそのおりの中を確認して、そこの中にアライグマが捕獲されていたら、それを県が手配している提携動物病院のほうに持っていくと、そういう形での捕獲です。  

上尾市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会-12月13日−一般質問−04号

この前も迷子の犬を探していますと動物病院にチラシを持って訪ねてきておりました。探している方は必死に探していることだと思います。飼い主からは、西貝塚や市の窓口である生活環境課などに問い合わせが来ていると思います。そこでお伺いをいたします。   1、行路死亡動物への対応はどのようになっているのか、それから西貝塚と環境衛生課の連携についてお伺いをいたします。   

久喜市議会 2018-12-04 平成30年 11月定例会-12月04日−03号

また、毎年開催される総合防災訓練におきましても各地区輪番ではございますが、市内動物病院獣医師埼玉県彩の国動物愛護推進員とともにペット防災啓発ブースを設け、避難所での飼育方法の提案や災害事例の紹介、相談などに応じております。今後におきましても広報紙や市ホームページ等を通じ、ペットの飼い主に対する周知、啓発を行い、飼い主に対する災害時の適正飼育の支援を図ってまいりたいと考えております。   

上尾市議会 2018-09-26 平成30年  決算特別委員会-09月26日−02号

狂犬病予防注射につきましては、飼い主が個別に動物病院でするのが原則ですが、上尾市は上尾伊奈獣医師協会と共同で集合注射を市内32カ所の会場で実施しております。   続きまして、決算書159ページ中段をお願いします。5目環境対策費の主な事業について説明いたします。初めに、小型合併処理浄化槽転換補助事業でございますが、公共下水道が整備されていない地域の生活環境対策としての補助事業でございます。

川越市議会 2018-09-18 平成30年第4回定例会(第19日・9月18日) 本文

二点目といたしまして、動物病院によって手術費用が異なっておりますので、自己負担額が変わってくることでございます。三点目といたしまして、現在、一部の動物病院でも補助金の申請書の配布を行っておりますが、動物病院においては申請書の受理は行っておらず、手続を行っている場所が保健所だけであることから、利用者にとって利便性の向上が課題として挙げられるところでございます。  以上でございます。   

川口市議会 2018-09-14 平成30年9月定例会 埼玉県川口市議会-09月14日−04号

動物病院とも連携を図り、動物愛護団体ボランティアが手術を終えた猫を捕獲した場所に地域猫として戻すようにした結果、全国の市区町村で初めて殺処分ゼロを達成し、平成23年より7年連続で殺処分ゼロを継続しているそうです。里親探しにも力を入れており、175匹が譲渡されています。地域猫活動が殺処分ゼロにもつながっている、すばらしい取り組みです。  

上尾市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−05号

環境経済部長(猿田善勝) 本市の飼い主のいない猫の不妊、去勢手術に対する補助については、市内の協定を結んだ動物病院にご協力をいただき、手術費用の一部を市が動物病院補助するもので、申請者の負担はないものとなっております。申請者に手術費用の一部を補助している自治体もありますが、この場合残りの費用は申請者が負担することとなっております。

上尾市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−04号

環境経済部長(猿田善勝) 申請者以外の第三者の方の確認は、誤って飼い猫を手術しないようにするために行っており、市内の一部の動物病院との飼い主のいない猫の不妊・去勢手術実施協定に基づくものでございますので、現在の制度を継続してまいりたいと考えております。 ○議長(道下文男議員) 16番、秋山もえ議員。 ◆16番(秋山もえ議員) 私、お隣のさいたま市に伺いました。

春日部市議会 2018-09-04 平成30年 9月 4日建設委員会−09月04日-01号

事故後に飼い主がたまたま近くにいましたので、飼い主と一緒に動物病院まで市の職員も別の車両で同行しまして、そこで死亡が確認されています。 ◆井上 委員   今の事故の関連なんですけれども、最初のほうの内谷陸橋の事故ですけれども、これやっている業者が、あそこを長期的にやっていますよね、コーナーのところ、改修工事を。それで落っこちてしまったと。

久喜市議会 2018-06-22 平成30年  6月定例会-06月22日−04号

上尾市においては、地元の動物病院に不妊、去勢手術をしてくれる獣医さんいらっしゃるかということで呼びかけたところ、9名の獣医さんが市民が困っているならということで無料で協力してくださったそうです。たしか28年度からだったと思うのですけれども、今年度からは猫の手術の数が大体年間100匹ということで、数がわかったので、1匹5,000円の予算措置をつけて推進しているそうなのです。

草加市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会−06月14日-05号

また、補助を受けた方が、実際に動物病院にお支払いいただいた費用の平均につきましては、雄の去勢手術は約1万円、雌の不妊手術では約2万円となっております。  次に、地域猫の周知、啓発につきましては、地域猫活動実践ガイドブックの配布や、草加市野良猫等の不妊去勢手術費補助事業を行うに当たり、広報「そうか」や市ホームページなどで周知を行っております。  

新座市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会−06月13日-05号

また、一概に不妊、去勢手術といいましても、猫を捕らえ、動物病院まで連れていき、手術料を払うという労力とお金が必要です。お金の面に関しましては、公益財団法人どうぶつ基金の活用ができることを前回お話しいたしました。  捕獲、その他の労力につきましても、ボランティアである愛護団体協力を得ることができつつあります。しかし、解決のためには、地域住民と一部のボランティアだけでは十分進めることはできません。

蕨市議会 2018-03-20 平成30年第 1回定例会-03月20日-06号

3番目の飼い主のいない猫への不妊・去勢手術費補助金の交付実施に向けた広報・周知の1点目、新年度から実施される同補助金の実施内容と手続につきましては、補助金の交付を受けようとする者が対象となる猫の調査票を兼ねた補助金交付申請書を事前に市に提出し、交付決定を受けた後、自身の敷地内等において猫を捕獲し、動物病院において不妊・去勢手術及び耳先カット手術を受けさせるもので、当該手術が完了した後に補助金交付請求

蕨市議会 2018-03-16 平成30年第 1回定例会-03月16日-04号

次に、4点目のうち、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費補助金事業の詳細な内容についてでありますが、事業内容といたしましては、補助金の交付を受けようとするものが対象となる猫の調査票を兼ねた補助金交付申請書を事前に市に提出し、交付決定を受けた後、自身の敷地内等において猫を捕獲し、動物病院において不妊・去勢手術及び耳先カット手術を受けさせるもので、当該手術が完了した後に補助金交付請求書を提出し、補助金の交付

上尾市議会 2018-03-05 平成30年  文教経済常任委員会-03月05日−02号

一般的に動物病院で接種するという人もいると思うのですけれども、これ集団的にやるというのは、ほかの市でもまだこういう集団接種みたいな、巡回接種みたいな制度でやっているところがほとんどなのかどうかということと、それからその割合、接種の割合はどういうふうになっているのかというのを1つ聞きたいということ。   

草加市議会 2018-03-02 平成30年  2月 予算特別委員会-03月02日-04号

◆中野 委員  狂犬病のところで聞きたいんですけれども、登録を出して犬を飼っている方には毎年春に狂犬病の案内が来るんですけれども、この実際に狂犬病を来て受ける、または動物病院で受けているというお知らせも来ると思うんですが、この全体の飼い主登録と狂犬病を実際に打っているという方の比率というか割合を教えていただきたいんですけれども。 ○委員長 くらし安全課長