運営者 Bitlet 姉妹サービス
18031件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号 それからあと、13番の高齢者肺炎球菌は、ことしの1月10日前後ですか、厚生労働省で決まったのが。そのぐらいになってしまうと、ちょっと予算には反映できないという、そういうことなのでしょうか。一生懸命公明党で頑張ってやった成果だと思っていたので楽しみにしていたのですが、予算にはのっていなかったということだったので、ちょっとわかったら教えてください。それからもう一回聞きます。   もっと読む
2019-02-28 新座市議会 平成31年 3月総務常任委員会-02月28日-01号 こうして労働者の数、どれだけ新座市内がふえているのかというのは統計上は何もないのですけれども、埼玉県の事業所規模5人以上の勤労統計調査というのがありまして、ここに載っている労働者数を見てみますと、平成27年までは一般労働者が減っていまして、パートタイムの労働者の数がふえています。 もっと読む
2019-02-28 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−02月28日-01号 ◎井口 国保年金課長  国民健康保険税と協会けんぽの保険料を比較してのご質問でございますが、厚生労働省が示している資料等におきましても、所得に対する保険税の負担率としては、国民健康保険が一番高いということは承知しているところでございます。  ただ、協会けんぽにつきましては給料がある方、それなりの所得がある方から保険料を徴収するということで、所得のみに対してこういう料率を設定して保険料を集めている。 もっと読む
2018-12-20 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−06号 5 労働基準法に同一価値労働・同一賃金を明記し、均等法・パート労働法・有期労働契約法・派遣労働法などの法改正を行うこと。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   もっと読む
2018-12-20 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−資料 そのためには、すべての女性労働者が、離職せず、仕事も生活も大切にしながら働き続けられるジェンダー平等法制を整備することが、ハラスメントをなくす大前提です。  現在、労働政策審議会の雇用環境・均等分科会において、ハラスメント対策、女性の活躍推進法・男女雇用機会均等法の見直しが行われていますが、法改正にあたっては、下記の内容を法に反映していただくよう強く要望します。                  もっと読む
2018-12-19 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−05号 続きまして、質問要旨2の③厚生労働省によるがん検診受診率向上施策ハンドブックの中にもある特定健診との連動によるオプトアウト方式による検診申し込み方法導入についてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-18 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−12月18日-06号 私たちは、所得税の課税強化は主張していませんし、法人税の引き上げといっても、対象は過去最大の利益を上げ、政府の大盤振る舞いの優遇税制を存分に活用し、内部留保をため込み続けている一部の大企業であり、それも安倍政権発足前の水準に戻すだけで4兆円の財源が確保できると言っているもので、それは現役世代の負担になるどころか、逆に、労働法制などの改善によって内部留保の社会への還元を図ることで、大企業労働者の賃金の もっと読む
2018-12-18 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号 2011年の3.11の東日本大震災で震度5弱の揺れに襲われて、それによる損傷と老朽化、それから職員の労働環境の悪化と、本署に統合することで消防、救急体制が強化されるというのがその理由でした。  それから今日まで6年と8カ月になります。私は、潮止橋を渡った大瀬出張所の中川小学校区内に住んでいますが、そこでこの間、大瀬出張所が廃止されて以降、私が目撃し、立ち会った住宅火災だけで3件あります。 もっと読む
2018-12-18 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−12月18日-付録 深刻な消費不況の中で消費税を│     │ │  │        │       │増税すれば、自営業者、非正規労働│     │ │  │        │       │者、年金生活者な、所得の少ない人│     │ │  │        │       │どに、生活苦を押し付けることにな│     │ │  │        │       │る。               もっと読む
2018-12-17 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月17日-09号 になるということで、シフト交代制と書かれているのですが、この勤務体制はどうなっているのか、週何時間労働というような形でなっているのでしょうか。 もっと読む
2018-12-17 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−03号 また、厚生労働省からは、各都道府県に対し、本年7月30日付の文書で、被保険者証と高齢受給者証の一体化の推進に当たり、都道府県主導のもと実施に向けた検討や市町村への支援等について通知があったところでございます。 もっと読む
2018-12-14 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−12月14日-05号 2017年の日本の子どもの出生数は94万6,060人で、過去最少を更新したことが厚生労働省の統計でわかりました。女性1人が生涯に産む子どもの推定数、合計特殊出生率は1.43と2年連続で減少しました。少子化に歯どめがかからないどころか、転換への兆しも見えません。子どもを産んで育てたいと願っても、それが実現できない社会から脱却できないことは、日本の未来にかかわる大問題です。 もっと読む
2018-12-13 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月13日-08号 ◎いきいき健康部長(竹之下力) 市長の答弁のとおりなのですけれども、やはり厚生労働省ががん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針というのを定めておりまして、市町村による科学的根拠に基づくがん検診を推進しているところでございます。新座市におきましてもこういったものを基準として、当然医師会等もいろいろと調整をしながらがん検診については進めているところでございます。 もっと読む
2018-12-13 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月13日-04号 国レベルでは、やはり同じような問題意識を1つの契機として、文部科学省と厚生労働省の仕事を引き継ぐ形で、平成27年度にスポーツ庁という新しい役所が設けられております。 もっと読む
2018-12-12 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月12日-07号 都県境ということで待遇差が出てしまうですとか、なかなか保育士という仕事自体が長時間労働になってしまうという、職場環境だったりいろいろあると思うのですけれども、その辺どういう分析をされていて、まちとしてどういう取り組みをしていきたいということをお考えなのかという点をまずお聞きしたいと思います。 ○議長(島田久仁代議員) こども未来部長。 もっと読む
2018-12-12 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月12日-03号 行政の事務量が減らないのに、人ばかり減って労働強化になっているのではないか、また、住民に接する時間が減っているのではないか、住民福祉の向上にかかわる時間が減っているのではないかとの声が全国的にも出されています。  私は、さまざまな行政課題がある中で、福祉にかかわる部門の職員の維持・増員を図ってほしいとの思いから質問します。   もっと読む
2018-12-11 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月11日-06号 厚生労働省の2016年度の調査によると、母子世帯の年間平均就労収入は200万円です。離別した相手から養育費を受けている世帯は24.3%、受けたことがある世帯は15.5%、受けたことがない世帯は56%で、皆さんは厳しい生活をしていることが想像できます。養育費を受けている24.3%の世帯でもいつ不払いが発生するかわかりません。 もっと読む
2018-12-10 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月10日-05号 まず、障がい者就労支援センターですが、これは1993年に当時の労働省の埼玉県西部地域障害者雇用支援モデル事業というモデル事業がありまして、それに合わせて新座市も障害者雇用推進委員会を立ち上げて、1997年に提言を出している。それに基づいて、2000年の12月1日に新座市は独自に障がい者就労支援センターを開設されました。   もっと読む
2018-12-07 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月07日-04号 平成26年度厚生労働省科学研究成果として、在宅における就労移行支援事業ハンドブックが策定されています。このハンドブックは、障がい者の就労移行支援事業を利用者が在宅で円滑に利用できるようにポイントがまとめられており、在宅利用に特化した重点のみを記載されています。 もっと読む
2018-12-07 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月07日−議案質疑−05号 一部の人が、その方だけではないですけれども、過重労働されていないかと思いまして質疑しているところでございます。   心身の健康の維持及び増進または家庭生活の充実を図る場合、7月から9月の期間内に原則として連続する5日の夏季休暇をとれ、最大で土日、祝日を入れると9日以上の休暇がとれることになります。若手や中堅職員の皆さんはとれているでしょうか。 もっと読む