7969件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川越市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第34日・3月25日) 本文

そちらのほうの抽出の観点でございますけれども、七項目上がっているところでございまして、三十年度の予算が百万円以上の事業ですとか、過去三年間の決算額が同額である事業、補助率が十割、定額補助、それから市の単独補助もしくは国の制度補助であるか、市で上乗せ補助があるといったこと等々、こういった観点で選定をしておるということでございます。  

川越市議会 2020-03-23 令和2年 2020年東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会 会期中(第1日・3月23日)本文

64 建設部長 そちらについては、道路愛称の制度がありまして、以前にそういった御質疑もありまして準備をしていたところですが、現在まだ愛称がいろいろルールがあって決め切れないというところで、状況としては手続ができるようなところまで準備をして、愛称を実際につけるという話は止まっております。  

川越市議会 2020-03-19 令和2年 産業建設常任委員会 会期中(第2日・3月19日)本文

19 桐野 忠委員 今、課長のほうから空き店舗登録の関係の御答弁もございましたが、その制度も前からやっていらっしゃって、また商工会議所とも連携を取りながらやっていらっしゃったと思うんですが、全体的にその成果、先ほど空き店舗登録事業補助金の成果をお聞きしましたが、効果というか、全体を捉えて、今後も含めてこの市内の空き店舗対策についてどのように考えているか、

川越市議会 2020-03-19 令和2年 保健福祉常任委員会 会期中(第2日・3月19日)本文

また制度開始当初の平成二十年度と比べてどのくらい増えているのかについてでございます。後期高齢者医療制度の開始当初の平成二十年度の人数二万三千五百人と比較いたしますと一・九七倍増となり、約二倍増となりまして、昨年度の同時期の人数四万四千二百六人と比較しますと、二千三十六人増えておりまして、一・〇五倍増となっております。

春日部市議会 2020-03-19 令和 2年 3月定例会−03月19日-06号

そもそも指定管理者制度は、公の施設の管理運営を民間株式会社を含めて民間に丸投げするという制度で、その目的は経費の節減を図ることです。障害児の療育は時間もマンパワーも経費もかかり、ほとんどの自治体指定管理者制度ではなく、直営か社会福祉法人などへの委託という手法で運営しています。春日部市は、障害児の療育を経費節減の対象にしていいのかと問われるところです。

蕨市議会 2020-03-18 令和 2年第 1回定例会−03月18日-06号

ブロック塀等撤去工事補助金の利用状況及び新年度の利用見込みと課題並びに工事費用の概算、また制度の利用をふやすための改善策、さらに通学路に面した危険箇所の有無について。  第2項道路橋りょう費、第1目道路橋りょう維持費に関しては、舗装道等補修工事の実施箇所における路面性状調査のランクについて。旧中山道道路改修工事の完了時期について。蕨高北通りの改修予定について。  

草加市議会 2020-03-18 令和 2年  2月 定例会-03月18日-付録

具体的には、中高年が参加しやすくなるような居場所づくりやボランティア活動など就労に限らない多様な社会参加の場の確保、さらには家族に対する相談や講習会などの取り組みを促進すること 3 「8050問題」など世帯の複合的なニーズやライフステージの変化に柔軟に対応できるよう、「断らない相談支援」や「伴走型支援」など、市区町村がこれまでの制度の枠を超えて包括的に支援することができる新たな仕組みを構築すること

川越市議会 2020-03-18 令和2年 総務財政常任委員会 会期中(第2日・3月18日)本文

9 行政改革推進課長 事務の効率化という点で申し上げますと、十月から幼児教育保育の無償化制度が始まりますので、そちらに移行されます。補助金という制度自体は廃止される形になりますので、その点については、効率化という点で申し上げると、ちょっとお答えになるか分からないんですが、制度移行に伴って従来の補助金交付事務は消滅するという形にはなります。      

狭山市議会 2020-03-17 令和 2年  3月 定例会(第1回)-03月17日-06号

狭山市では、国や県の制度融資をPRするとともに、いち早く市の制度融資について、条件緩和1,000万円の融資枠引上げへと実施をしていただきました。ぜひ市内事業者の皆さんに利用していただけるよう積極的なPRを図っていただきたいと考えますが、現時点で、どの程度の件数、予算を想定されておられますか。これらの予算については、予備費からの流用等で対応されるのでしょうか。

蕨市議会 2020-03-16 令和 2年第 1回定例会-03月16日-05号

本市におきましては蕨市環境基本計画において、官民を問わず、太陽光発電を初めとする再生可能エネルギー導入の推進を掲げており、市民向けにはこれに先駆け、平成24年度から地球温暖化対策設備等設置費補助金制度を実施しており、太陽光発電システム補助金は、制度開始後8年間で215件の交付実績がございます。  

草加市議会 2020-03-11 令和 2年  3月 建設環境委員会−03月11日-01号

また、特別損失といたしまして、固定資産売却損、災害による損失、過年度損益修正損を計上したほか、その他特別損失1億2,966万9,000円を地方公営企業法適用による会計制度変更に伴う初年度対応といたしまして、法適用以前に発生した費用で令和2年度に支払うものについては、特別損失で計上する必要があることから、消費税及び地方消費税企業債償還金の支払利息、期末及び勤勉手当法定福利費について、それぞれ対象となる

草加市議会 2020-03-11 令和 2年  3月 総務文教委員会−03月11日-01号

こちらは、幼児教育保育の無償化により私立幼稚園就園奨励費の補助制度が廃止となることから、これに合わせて同制度に係る独自利用事務を廃止するものでございます。  また、同事務の廃止に伴い、同事務に係る庁内連携の規定を廃止いたします。  次に、庁内連携を行う事務の追加でございます。  

蕨市議会 2020-03-06 令和 2年 3月教育まちづくり常任委員会−03月06日-01号

あと、制度として当初の目的を達成するためにもうまく運用しているのか。また、課題はないのか。令和2年度の利用の見込みについても教えていただきたい。 ◎飛澤 次長  来年度の狭隘道路拡幅整備の対象場所については、現段階で事前相談として6件ほど相談を受けている。その分を来年度の予算については増額をしている。