651件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川越市議会 2020-03-19 令和2年 保健福祉常任委員会 会期中(第2日・3月19日)本文

きょう、野田市の事例の判決が出たと思うんですが、やはり虐待の陰にドメスティックバイオレンスがあって、そういうのを総合的に見抜く力というのは、やはり経験のある専門家の方でないとわからないことも多いと聞いていますので、ぜひ待遇については、これからもよくなっていけばいいなと思っています。  

川越市議会 2020-03-18 令和2年 産業建設常任委員会 会期中(第1日・3月18日)本文

その後、平成二十年一月に相手方との和解判決により確定いたしまして、その後毎月当月分の家賃及び滞納分といたしまして、その一部二万円を払っていただくということで和解をさせていただきました。しかしながら、その後平成二十年七月に相手方が仕事中の不慮の事故により死亡されました。

狭山市議会 2020-03-17 令和 2年  3月 定例会(第1回)-03月17日-06号

この記録で、4月5日に判決が確定し、当市の財政状況を鑑み、別紙是正計画に基づき、狭山市として適正に処理してまいりますとしております。今回も、入曽駅周辺整備事業の事業差止めを求める住民訴訟が提起され、判決が出るまで事業を中断することが妥当と考えます。したがって、今回の予算案には反対いたします。  以上で討論を終結いたします。 ○加賀谷勉 議長 以上で討論を終結します。   

春日部市議会 2020-03-05 令和 2年 3月 5日厚生福祉委員会-03月05日-01号

報告事項  ◎予備費充用について(生活支援課)  ◎個人情報開示処分取消請求事件判決について(生活支援課)  ◎訴訟が提起されたこと及び予備費充用について(生活支援課)  ◎事故報告について(生活支援課)  ◎第2期春日部市子ども・子育て支援事業計画について(こども政策課)  ◎予備費充用について(保育課)  ◎事故報告について(健康課)  ◎専決第20号 専決処分書(地方自治法第180条関係)

春日部市議会 2020-03-04 令和 2年 3月 4日厚生福祉委員会−03月04日-01号

報告事項  ◎予備費充用について(生活支援課)  ◎個人情報開示処分取消請求事件判決について(生活支援課)  ◎訴訟が提起されたこと及び予備費充用について(生活支援課)  ◎事故報告について(生活支援課)  ◎第2期春日部市子ども・子育て支援事業計画について(こども政策課)  ◎予備費充用について(保育課)  ◎事故報告について(健康課)  ◎専決第20号 専決処分書(地方自治法第180条関係)

春日部市議会 2020-02-26 令和 2年 3月定例会−02月26日-02号

昭和45年の最高裁大法廷判決では、権利の上に眠って請求職員たちは怠ったわけではありません。請求できなくされていた、いわゆる不当に抑制されていたものだから、権利の行使が事実上困難、事実上の障害に該当する。したがって、昭和45年最高裁大法廷判決では、時効生活支援課でいえば平成23年の分かったところからスタートするということなのですよ。つまり、未払い分は払いなさいよと。

川越市議会 2019-12-16 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・12月16日)本文

平成三十一年四月二十五日付で御報告いたしました指定取消処分取消請求控訴事件判決に対し、指定取消処分を受けた事業者が棄却との判決に不服があるとして、令和元年五月八日付最高裁判所上告の提起及び上告受理の申し立てをしたものです。  二項目めの訴訟の経緯です。  まず、平成三十一年四月二十五日に、東京高等裁判所から判決の言い渡しがありました。

狭山市議会 2019-12-11 令和 元年 12月 定例会(第4回)−12月11日-05号

平成24年2月29日、自治協力員に対して支払ってきた報酬は、報酬等の支給方法を条例で定めていなかったため、違法として2,669万円を仲川市長に請求することを求める埼玉地裁の判決がありました。この判決後、狭山市条例を改正し、過去にさかのぼって遡及するとした議会議決があり、東京高等裁判所では地裁の判決が破棄され、仲川市長に返還を求めることはありませんでした。  

川越市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4日・12月5日) 本文

これが裁判となり、九条俳句を記載しなかったことは違法であるという判決が出ました。行政には憲法を遵守する義務があり、また、市民の立場に立った対応が求められます。直接市がかかわっていれば担当が判断することができたと思いますが、指定管理という運営を民間に任せたことで、こういったことが起きてしまっております。  

新座市議会 2019-12-04 令和 元年12月建設常任委員会−12月04日-01号

しかしながら、東京高等裁判所平成28年9月7日の判決において、下水道の供用が開始され、受益者として負担金を課すことができる状態になった日の翌日から起算して5年を経過していれば、もはやその賦課及び徴収をすることができないと解すべきであるとの判決が示されました。これは、起算日が供用開始日の翌日であると示されたものでございます。

春日部市議会 2019-11-29 令和 元年11月29日厚生福祉委員会−11月29日-01号

報告事項  ◎生活保護変更決定処分取消請求控訴事件判決の確定について(生活支援課)  ◎第8期春日部市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画に係るアンケート調査の実施について(高齢者支援課)  ◎第4期春日部市障害者計画に係るアンケート調査の実施について(障がい者支援課)  ◎免震用オイルダンパーの経過について(管理課)  ◎年末年始の診療について(医事課)  厚生福祉委員長  水 沼 日出夫

川越市議会 2019-11-20 令和元年 総務財政常任委員会 閉会中(第1日・11月20日)本文

まず、殺人罪ではなくて傷害死罪起訴すること、それから判決は可能な限り軽くする、これが日米合同委員会で決まり、そのとおり裁判が進みました。結果、この米兵は懲役三年執行猶予四年、ほぼ無罪に近いような判決アメリカにとっとと帰ってしまったということがありました。  

狭山市議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月18日-04号

国が、調査・研究を始めた当初、スクールロイヤーは、いわゆる裁判での判決例などを示しながら、いじめは重大な人権侵害であるとか、刑事罰の対象になる可能性があるなどと教える、いわゆるいじめ予防教育、これを担うことが期待をされていたわけであります。  実際に取り組んだ三重県、また大阪府箕面市の実施校からは、子どもたちのいじめに対する理解が大きく深まったとの声が多数寄せられているということでもございます。

川越市議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第17日・9月18日) 本文

しかし、アメリカでは、グリホサートについて、がんを発症した原告訴えを受け、企業に賠償を命じる判決が相次いでいます。また、一九九〇年初めからヨーロッパで、また、二〇〇九年には日本でもミツバチの大量死などが報告され、多くの研究の結果、二〇一二年の時点で、ハチの大量死はネオニコチノイド系農薬が主原因だとわかりました。

新座市議会 2019-09-13 令和 元年第3回定例会−09月13日-06号

民法第717条など、関係する法的根拠や裁判での地方裁判所判決も載せて周知をされております。また、わかりやすく道路、歩道へ樹木が張り出している写真も載せ、高さ、民地、道路境界、道路区域、伐採部分と、図入りで説明もされております。所有者の方の中には、このような民法道路法、法的根拠を知らずに、剪定や伐採をされないで放置しているケースもあると思います。

草加市議会 2019-09-11 令和 元年  9月 定例会−09月11日-05号

そのような中、平成27年12月に最高裁判所において、選択的夫婦別姓の導入についての判決が出されております。そこでは、夫婦同姓規定を合憲とする一方、選択肢が設けられていないことの不合理については、裁判で見出すことは困難とされ、国民的議論や民主主義的なプロセスにより検討されるべきであるとして、民法の見直しを国会に委ねております。しかしながら、今日に至るまで議論が進まない現状がございます。  

春日部市議会 2019-09-06 令和 元年 9月 6日厚生福祉委員会−09月06日-01号

報告事項  ◎生活保護変更決定処分取消請求事件判決及び上告について(生活支援課)  ◎第2期春日部市子ども・子育て支援事業計画の進捗状況について(こども政策課)  ◎債権放棄について(介護保険課)  ◎債権放棄について(医事課)  厚生福祉委員長  水 沼 日出夫 開会  9:57 ○水沼 委員長   ただいまから、昨日に引き続き厚生福祉委員会を開会いたします。  

狭山市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 建設環境委員会(第3回)−09月06日-01号

ついせんだって、8月28日にこの訴訟案件の判決が言い渡されております。主文については、本件訴えをいずれも却下する。訴訟費用原告の負担とするということで、まず、行政サイドに非はなかったという、判決文が示すとおりだというふうに考えております。現在は、この一審判決が出た以降の控訴期間ということになっておりまして、控訴が出るかどうか様子を見ている状況になります。