18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

日高市議会 2012-09-13 平成24年  第4回 定例会-09月13日−一般質問−03号

一方、当時我が国の輸出品は、生糸と緑茶しかなく、欧米列強との貿易不均衡が拡大する中、農家出身の茶業に関心のあった高林翁は、医業で蓄えた豊かな財力を原資に一念発起し、製茶機械の研究に着手、明治18年、1885年には、生茶葉蒸器械、焙茶機械、製茶摩擦器械等の特許を取得いたしました。

宮代町議会 2011-06-03 平成23年  6月 定例会(第2回)-06月03日−04号

それで、1920年代以降、つまり第1次世界大戦後欧米列強には、その反省から、権益独占をやめるということとか、民族自決の考え方を認める、こういうような合意ができておったというふうに聞いております。日本はそれを破って、英米と対立してでも、中国における権益を独占し、またドイツと手を組んで、東南アジア植民地を独占しようとしたわけであります。  

久喜市議会 2011-02-28 平成23年  2月定例会-02月28日−06号

アジアアフリカが西欧列強植民地、あるいは半植民地となった中、アジアの一角にある日本は、軍隊を持ち、西欧列強に対し、独立を保っていましたが、欧米の、特に当時のアメリカの理不尽な要求に対し、座して死を待つのではなく、打って国の独立を保とうとしたものであり、またアジアの国々を西欧列強の支配から独立させ、ともに栄えることを目標に戦ったものであります。

狭山市議会 2010-12-14 平成22年 12月 定例会(第4回)-12月14日-06号

いずれにしろ、国際法の論理とされている無主地先占の法理は、帝国主義列強による領土獲得と植民地支配の論理でした。無主地先占の法理によって、アイヌなどの世界の先住民の土地が強奪されたのです。尖閣諸島領有権は、日本の侵略戦争の一環として確定されたことを明らかにし、歴史的に反省する態度が必要ではないでしょうか。  そもそも国境線は近代歴史においては極めて恣意的に引かれたものです。

加須市議会 2005-03-01 加須市議会 会議録 平成17年 第1回 定例会( 3月)-03月01日−04号

当時世界中を植民地にしつつあった欧米列強日本の近海までやってきて、これは大変だ、打ち払えというものであります。外からは欧米列強の進出があり、国内では貨幣経済が浸透し、米作りだけでは生きていけなくなったわけです。そこで、日本は「明治維新」という大きな方向転換をすることになります。

久喜市議会 2003-06-27 平成15年  第 2回定例会(6 月定例会)(旧久喜市)-06月27日−06号

アジアアフリカ欧米列強と言われた国の植民地であって、日本植民地支配していた国と戦争をしたのであります。当時の日本と米、英との関係は、座して死を待つか、一戦を交えるかの選択でありました。そして、開戦したものであります。日本は、3年8カ月の戦いの結果、敗戦となりました。しかし、アジアアフリカの国々は独立を果たしました。これは、日本戦争をしたからであると自分は考えます。   

草加市議会 2001-09-12 平成13年  9月 定例会-09月12日-04号

この大東亜戦争という名前は、東条英機元首相も含んでおりまして、1941年12月10日、これは真珠湾攻撃が始まって2日後でありますけれども、そのとき戦争の最高司令部である大本営政府連絡会議と、そういうところで大東亜戦争ということを命名して、アジア欧米列強から解放するものとして名前をつけたという経過があります。  

熊谷市議会 2000-06-12 平成12年  6月 定例会(第3回)-06月12日−一般質問−03号

日本は、明治大正昭和欧米列強に追いつき追い越せを合い言葉といたしまして、強力中央集権行政システムを築いてきました。中央依存であり、官僚中心の政治システムであります。中央を中心とした状況の中で、ややもすると地域社会地方自治を制約し、3割自治と呼ばれて久しいものがあります。

狭山市議会 1997-06-10 平成 9年  6月 定例会(第2回)-06月10日-03号

近代国家への努力は、欧米列強の中でどんな思いで施行されてきたか全然伝わってきません。世界じゅうで流血の一番少なく近代をなし遂げたのがどこかおわかりでしょうか。アジア各国への西洋列強植民地化の動きの中で、インドインド統治法によってイギリス植民地になったのは明治維新のわずか10年前、マレー半島もイギリスの侵略を受けるのが維新前年です。

羽生市議会 1997-03-25 平成 9年  3月 定例会-03月25日−05号

光の部分は何かということは、やはり日本の正しい歴史といいますか、日本明治維新以来、太平洋戦争までの歴史の中で、いわゆる西洋列強の物すごい圧力の中で江戸幕府は開幕をさせられたと、いわゆる明治維新を達成していったと。そういった物すごいエネルギーの中でいろいろな偉人といいますか、立派な方が出ております。  

狭山市議会 1996-09-10 平成 8年  9月 定例会(第3回)−09月10日-06号

世界史でいえば産業革命以降、人類の国際化はそれまでの比較にならぬほど急激に進み、それが列強諸国の植民地支配や世界戦争を招き、南北問題などそのひずみはいまだに解決されていないこと、資本主義経済国際社会の日はまだ浅いこと、その現代社会の歩みを教えることこそ歴史教育の最重要課題だと思います。  そこで、歴史教育現代の時間の充実を強く望みます。

桶川市議会 1995-09-18 平成 7年  9月 定例会(第3回)-09月18日−02号

ところが、あのような戦争列強国はどこでもやったことで、日本だけが悪いのではない、こういうような国会決議が六月に通ったように、侵略戦争の間違いを弁護し、正しく反省をしない動きも現在あらわしてきております。すなわち、過ちは二度と繰り返さないために、侵略戦争責任を真剣に反省をし、従軍慰安婦個人補償の問題等についても、国の責任で明確にこれを果たしていく必要があるわけでございます。

朝霞市議会 1995-06-16 平成 7年  6月 定例会(第2回)-06月16日−04号

そしてどっちもどっち論、いわゆる世界の列強がすべてやったことだと、だから日本だけが悪いんじゃないんだと、こういう内容です。しかも、侵略的行為というこういう言葉を使って侵略戦争を認めない。さらに問題なのは、反省はするけれども謝罪はしない、謝らない反省なんかあるもんじゃないんですよ。こういうことを日本の国会という最高機関がやったことは、私はもう本当に憤りを持っています。

北本市議会 1980-06-07 06月07日-05号

1868年、明治維新を迎えた我が国は、欧米列強国に追いつき追い越せを国是に、国民の大多数がまさに心を一つにして国家運営に力の限りを尽くしたことは、皆様よくご承知のとおりであります。眠れる獅子と言われた清国と日清戦争、現在産経新聞に再掲載されておりますが、「坂の上の雲」のテーマは日露戦争であります。この日露戦争を経て世界の列強仲間入りをしたことも、これまた皆様方よくご承知のとおりであります。 

  • 1