12063件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日高市議会 2059-06-20 06月20日-一般質問-03号

広域化により単独で保有していた特殊車両共有化を図り、組合内の車両適正配置を行うことで、消防力の低下を招くことなく重複投資を回避し、整備することができました。   なお、車両につきましては、埼玉西部広域消防本部時代に25台だったものが、埼玉西部消防組合となった現在は、31台の車両が各署に配備されており、消防力の強化が図られております。

熊谷市議会 2048-09-11 09月11日-一般質問-04号

今回進めていただいている協定が気象予報までとはいかずとも、分単位で予測可能な機能を有している熊谷基地が近接していることで、本市とも情報共有ができ、さらには避難を受け入れていただけることが実現できることを切に願い、要望とさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。 次に、順番を変えて、3の小・中学校太陽光発電装置についての再質問に移ります。

鶴ヶ島市議会 2040-09-13 09月13日-03号

その辺も含めまして、埼玉鶴ヶ島ジャンクション周辺地域基本計画に基づくいろんな5G、IoT、AIを含めた、どういう活用ができるかという、それをいかに活用していくかというのが今後の課題かなと思ってございますので、その辺どこまで第6次総合計画に位置づけられるかは別にしても、これはいろんなところで、今後他市に遅れをとらないような形で進めていくには、やっぱり県の協力を得ながら、情報共有しながら進めていきたいというふうに

熊谷市議会 2032-06-19 06月19日-一般質問-05号

また、検討委員会活動状況ですが、平成27年度から現在まで12回開催し、関係各課との情報共有や緊密な連携を図っています。この具体的な取り組みとしましては、本年1月、市立商工会館大ホールにおいて、マイホーム借上げ制度セミナー関係課とともに開催いたしました。 以上です。 ◎矢吹浩一総務部長 続きまして、固定資産税についてお答えします。 

美里町議会 2026-06-13 06月13日-一般質問-02号

ハザードマップ策定の意義といたしましては、関係者が日ごろから災害発生に関する情報共有し、災害発生時には、迅速かつ的確な避難を行うことが可能になるとともに、地域住民の日ごろの防災減災意識の醸成が必要です。今後も万が一を想定し、減災対策に努めてまいりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。  以上です。 ○大島輝雄議長 8番、田端恵美子議員、2回目の質問を許します。

吉見町議会 2025-12-04 12月04日-一般質問-02号

今後も関係機関情報共有に努めてまいります。 次に、自衛隊の災害派遣についてでございますが、熊谷気象台の資料では、台風19号が秩父市の浦山にあるアメダスの観測地点で10日木曜日から12日の土曜日の53時間に687ミリの雨量が観測され、熊谷市の観測所でも256.5ミリの雨量が観測されました。荒川や市野川では水位が上昇し、氾濫危険水位を超えるなど氾濫の危険が高まりました。

熊谷市議会 2025-09-10 09月10日-一般質問-03号

質問の7、関係機関との連携情報共有及び集約化についてですが、情報提供ルート集約先情報共有の範囲、対応とフィードバックはどのようになされているか。情報集約に関しましては、前回答弁におきまして情報の取り扱いに十分な配慮を伴いますので、関係機関等意見交換をしてまいるとされていますが、現在どのような状況か伺います。 

熊谷市議会 2024-11-29 11月29日-議案説明-01号

平成31年2月には、東三河地域防災協議会の主催でドローンにより集められた映像を活用した情報共有訓練を実施し、被害状況をリアルタイムで共有し、映像情報有効性を検証したとのことでした。 また、ドローン市内又は市域周辺状況を撮影し、迅速かつ効果的に情報を収集するために豊川市防災ローン航空隊SKY GUARD FOXを結成しました。

東松山市議会 2024-06-18 06月18日-04号

また、新たな取組といたしまして、平成30年度に東松山警察署市内小学校担当者間で不審者情報等を直接共有する仕組みを構築し、緊急対応が可能な体制づくりを確立いたしました。  以上です。 ○福田武彦議長 高田正人議員。 ◆5番(高田正人議員) やはりここでもさまざまな取組が進められているということがよくわかりました。

美里町議会 2023-12-12 12月12日-一般質問-02号

次に、関係機関との連携についてでございますが、消防団災害対策本部設置後、団長は本部に詰め、情報共有しながら団の指示を行い、避難勧告等注意喚起、また危険箇所確認等をしていただきました。児玉警察署広域消防本部美里分署、また東京電力やNTTとは、前日から連絡をとり合い、緊急時の連絡手段等確認対応者確認等を行いました。

川口市議会 2023-09-12 09月12日-03号

平成30年度に延べ32回開催いたしました実務者会議では、児童相談所警察署など、実際に対応している機関実務担当者が要保護児童等についての情報共有、支援方針確認や見直しを行いながら、継続的な支援を実施しているところでございます。 以上でございます。 ◆32番(江袋正敬議員) 市長、御答弁ありがとうございました。 

越谷市議会 2023-09-09 09月09日-03号

今後につきましても、関係各課埼玉警察本部情報共有しながら、ヤードの実態の把握と適切な火災予防対策を推進してまいります。 ○伊藤治議長 ただいまの答弁に対し、続けての質問はありませんか。(6番 浅古高志議員「6番」と言う)  6番 浅古議員。 ◆6番(浅古高志議員) ご答弁ありがとうございました。それでは、順次再質問に移らせていただきます。  

越谷市議会 2023-06-20 06月20日-06号

そのときに重要なことは、もちろん行政や地元皆さん合意形成は必要ですけれども、市民皆さんがあの施設自分たち施設なのだと、自分たち共有財産なのだと。だから、運営とか管理市民と一緒に、市民が参画してと言ってもいいですけれども、というような形で運営していくということがこれから望まれると思いますので、その受けとめ方を最後にお聞かせをいただきたいと思います。