16079件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

狭山市議会 2019-09-30 令和 元年  9月 定例会(第3回)-09月30日-07号

健康遊具施設を生かすための取り組みへの考えはとの質疑に、健康センターの事業やすこやかさやま連絡協議会の事業の中で、健康遊具を利用した事業を実施していきたいと考えている。また、おりぴぃ健康マイレージ事業においてもPRを継続し、今後の事業に取り入れていきたいと考えているとの答弁。  

川越市議会 2019-09-27 令和元年第4回定例会(第26日・9月27日) 本文

               請願書  日程第 四 議案第 五五号 平成三十年度川越市水道事業の利益の処分について  日程第 五 議案第 五六号 平成三十年度川越市公共下水道事業の利益の処分に                ついて  日程第 六 議案第 五七号 平成三十年度川越市一般会計歳入歳出決算認定につ                いて  日程第 七 議案第 五八号 平成三十年度川越市国民健康保険事業特別会計歳入

新座市議会 2019-09-26 令和 元年第3回定例会-09月26日-12号

今委員長のほうからるる細かい説明がございましたけれども、私が不勉強なのか、この請願者の健康安全スポーツをする会という、この会の存在を知らないものですから、もしそんな議論があれば教えていただけたらと思うのですが、また70名の署名を添えて請願ということで、大変重い請願書だというふうに感じました。  

新座市議会 2019-09-25 令和 元年第3回定例会-09月25日-11号

基本健康診査の受診率、目標へ届かないということでいろいろ考えていただいていることも高く評価したいと思います。  行政文書、これから税率改正もしっかりと考えていこうという計画の段階ですから、なおのこと国民健康保険税を皆さんから納めていただいて、新座市民健康をしっかりと守っていて、また予防にも力を入れてやっていくのだということがもう少しわかるような書き方、一工夫、二工夫してほしいと思います。

新座市議会 2019-09-24 令和 元年第3回定例会−09月24日-10号

広報やホームページにも掲載しているほか、国民健康保険の特定健診の個別通知に案内を掲載させていただきました。あとは、国民健康保険の総合健診時に、希望者が同時に実施できる旨を電話受け付けの際に案内を行っております。  あとは、がん検診の集団健診のときに、やはり同時に実施できるということを案内チラシや問診票と一緒に同封しております。  質問

川越市議会 2019-09-24 令和元年 文化教育常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

生きる力というものが確かな学力であり、豊かな心であり、健康な心身でありということ、それに向かって指導方法の改善であるとか、いじめ防止を含めた生徒指導の充実であるとか、それから教員の質、情報教育環境を整えるとか、そういったようなところがまだまだ理解されていないというところがあろうかと思います。

川越市議会 2019-09-24 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

それでは、次に、今回の一般質問の中でも喫煙に対する規制あるいはもっとしっかりとやらなければいけないという質問がありましたが、今決算の中でも約二十億円のお金が入っている中で、健康づくり支援課と議会事務局のほうで調べていただいたんですが、県下の四十市の中で庁舎の敷地内で喫煙できるところが二十七市、喫煙不可能が十三市というようになっております。

川越市議会 2019-09-20 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

健康づくりにつながる事業といたしましては、各種予算規模の大きいものもありますが、まず重点としては、歩いて健康になるということで、健康マイレージ事業、それから市長も推しておりますラジオ体操の普及啓発の事業などを当初予算の主要事業に絡めまして取り組んでまいりました。  

新座市議会 2019-09-19 令和 元年第3回定例会−09月19日-09号

5点目、国民健康保険税の引き下げについてです。この間の国民健康保険にかかわる質問から、ほかの健康保険保険料と比べて高過ぎる国民健康保険税は引き下げる必要があるというふうに認識を市長も持たれているのだなというふうに私は思いました。  今議会の補正予算では、財政調整基金に3億1,644万8,000円を積み立て、基金残高は11億9,800万円になったということがわかりました。

川越市議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第17日・9月18日) 本文

次に、健康づくり事業に取り組んだ効果でございます。  健康マイレージ事業につきましては、参加者の歩数データの変化、アンケート調査及び医療費分析により検証を行いました。  医療費分析につきましては、参加者のうち国民健康保険加入者三百二十八人を参加群とし、健康マイレージに参加していない対象群九百八十四人の医療費と比較いたしました。

新座市議会 2019-09-17 令和 元年第3回定例会-09月17日-07号

                          部   長   総合福祉                    こども未来           鈴  木  義  弘              一 ノ 関  知  子   部   長                   部   長   いきいき                    都市整備           竹 之 下     力              広  瀬  達  夫   健康部長

狭山市議会 2019-09-17 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月17日-04号

歳出 (3)民生費 (4)衛生費 (10)教育費        (採決) 午前 9時05分開議 ◇出席委員 7名  笹 本 英 輔  委員長      西 塚 和 音  副委員長  三 浦 和 也  委員       内 藤 光 雄  委員  金 子 広 和  委員       綿 貫 伸 子  委員  大 沢 えみ子  委員 ◇欠席委員 な し ◇説明のための出席者  福祉こども部長長寿健康部長

川越市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第16日・9月17日) 本文

三つ、元気で健康である。四つ、昔はもっと大変だった。五つ、若いうちは努力をするべきで、それは一時的な苦労だ。これらの五つは誤りであるというふうに指摘されています。社会福祉士としての経験から若者の支援の必要性を訴えています。就職氷河世代を正しく理解し、必要な支援を行っていってほしいと考えます。  そこで、次に、就職氷河世代の方へ市はどのような支援を行っているのか伺います。