36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

久喜市議会 2020-12-03 12月03日-04号

令和3年3月からスタートするマイナンバーカード健康保険証利用に向け、国民健康保険では現在世帯単位付番している被保険番号個人単位化し、これらの被保険者データを各医療保険資格情報が集約された中間サーバーへ登録したところでございます。今後は、データ移行確認検証テストを踏まえ、令和3年3月からの運用開始を迎える予定となっています。  

草加市議会 2020-09-18 令和 2年  9月 福祉子ども委員会−09月18日-04号

保険年金課長 マイナンバー連携等システム改修についてでございますが、国民健康保険オンライン資格確認等システム改修を行っておりまして、その内容につきましては、マイナンバー国民健康保険保険者資格を一元化するため、現行の世帯番号に2桁を追加し、被保険番号個人単位化するものなどでございます。執行額は987万300円となっております。  以上でございます。 ○委員長 大里委員

熊谷市議会 2020-09-15 09月15日-一般質問-03号

少し挙げてみると、運転免許証番号パスポート番号基礎年金番号健康保険証保険番号、住民票コード雇用保険保険番号といった具合です。私的な番号では、電話番号携帯電話番号銀行口座番号クレジットカード番号と、挙げていたら切りがないほどの番号を持っています。反対意見や不安もあるでしょうが、福祉や災害対策といった重要な役割を持つ番号であれば、ぜひ有効活用していただきたいと思います。 

行田市議会 2020-03-19 03月19日-07号

国の方針によると、将来的には医療保険保険番号個人単位化し、マイナンバーカード健康保険証として利用できるよう推進していくが、個人健康情報マイナンバーの数字はリンクさせないという考えを示しているとの説明がありました。 これら質疑の後、続いて討論に入りましたところ、本案に反対の立場から、予算案では一般会計からの繰入金が昨年度比4,000万円減額、法定外繰入金も2,700万円減額している。

杉戸町議会 2020-02-26 02月26日-議案質疑・討論・採決-06号

このオンライン資格確認の導入に伴い、被保険番号個人単位化することが予定されており、現在国民健康保険では世帯単位の被保険者記号番号で管理されていることから、今後個人単位で管理することができるよう、新たに個人を識別する2桁の番号付番管理機能、被保険者証への印字機能情報集約システムとの連携機能といった個人単位の被保険番号を管理対応するためのシステム改修費用となっているところでございます。  

鳩山町議会 2020-02-19 03月02日-01号

款3国庫支出金、項1国庫補助金、目4節1社会保障税番号制度システム整備費補助金118万4,000円の増額でございますが、先ほど歳出でご説明いたしました社会保障税番号制度システム整備に伴うシステム改修費と当初予算歳出で計上していました個人単位保険番号付番に伴うシステム改修費が、社会保障税番号制度システム整備費補助金の対象となることから、合計額を増額するものでございます。 

鴻巣市議会 2019-12-18 12月18日-07号

2点目は、資格適用適正化を図るため、現在、記号番号及び生年月日、性別で判定をしている被保険者について、同じ生年月日で同性の人、双子やそこに新たに転居された同一生年月日の人についても個人の特定ができるように、被保険番号の後に2桁の個人を識別する番号を付設します。このような情報を取り入れるために改修を行うものですとの答弁がありました。  続いて、議案第123号については質疑がありませんでした。  

和光市議会 2019-12-11 12月11日-05号

オンラインでの資格確認を行うためには、個人単位の被保険番号資格情報とを1対1で対応させた上で、社会保険国民健康保険などの保険者をまたがって資格情報を一元的に管理する必要があり、市では、今年度、被保険番号個人単位化するために、現在の世帯ごと番号に2桁の番号を採番し、管理するためのシステム改修を予定しており、この12月議会補正予算に計上しているところでございます。 

本庄市議会 2019-12-03 12月03日-01号

一般事務費315万1,000円は、レセプト点検事務に従事する臨時職員賃金が不足すること、また医療機関医療を受ける際、被保険者資格確認オンラインでできるように被保険番号個人単位とするためのシステム改修、及び外国人在留資格等連携項目を追加するためのシステム改修が必要なことから、委託料を追加するものです。  

秩父市議会 2019-11-29 11月29日-議案質疑-02号

もう一つは、マイナンバーを活用したオンライン資格確認等の実施に伴いまして、世帯単位である被保険番号に加え、個人を識別する2桁の枝番を付する等の改修でございまして、これが302万5,000円でございます。合計いたしますと478万5,000円ということでございます。委託先につきましては、全て株式会社両毛システムズということになっております。  以上でございます。

三郷市議会 2019-09-19 09月19日-06号

在宅介護の不安は、お金の問題と同じくらいに、初めてのことばかりの自分に何ができるのかという不安が押し寄せ、退院したその日から介護が必要な場合もあり、入院中の介護保険申請手続介護保険保険者証の有無、被保険番号マイナンバー等日常あまり気にとめない言葉がたくさん出てきてよくわからないとの声を伺います。 

坂戸市議会 2019-03-07 03月07日-一般質問-05号

さて、国民保険制度を採用している我が国では、既に個人を特定するためのIDとして、公的医療保険保険証についている被保険番号があります。しかし、被保険番号保険者ごとに発行されるため、結婚や就職、転居、転職や退職、あるいは75歳で後期高齢者になると加入する保険者が変わり、番号も変わります。番号が変われば過去の履歴は途絶えてしまいます。

久喜市議会 2018-09-12 09月12日-05号

厚生労働省は、2020年末までに国民健康保険証の被保険番号世帯単位から個人単位に切りかえようとしています。これによって、患者が保険証医療機関の窓口に提出すると、オンラインで瞬時に資格確認がされることになります。また、マイナンバーの併用によって特定健診データの閲覧もあわせ持つものになります。そこで、次の項目についてお伺いいたします。  

和光市議会 2017-12-15 12月15日-06号

保険者の会社とかの保険番号本人はあるんだけれども、そのレセプト本人住所地のひもづけがないと。そのときにマイナンバー問題とか、いろいろ出るのですが、今、話が来ているところでいきますと、来年1月ぐらいに、市内の方のNDBのデータについては、一定程度ビッグデータとしての活用が可能という情報も入っておりますので、早急にそれを取り入れると。

三芳町議会 2015-09-17 09月17日-議案質疑・討論・採決-05号

今までは、年金番号とか、被保険番号とか、納税者番号など、別々のシステムでありましたけれども、こういったものを一本化するというマイナンバー制度でありますけれども、実際に町内事業所においても、いろいろな設備を整備していかなければならないシステムになっております。その辺については、町のほうとしては、町内事業者に対してのこういったものについては、どの辺まで把握していらっしゃるのか、お尋ねいたします。

  • 1
  • 2