運営者 Bitlet 姉妹サービス
11223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 ふじみ野市議会 平成31年  市民・都市常任委員会 ◆小林憲人委員 それでは、内訳明細書の519ページの水道料金のところなのですけれども、水道料金を設定していますけれども、供給費用を賄えているのかどうなのか、お願いします。 ○西和彦委員長 上下水道課主幹。 ◎内田和明上下水道課主幹 上下水道課の内田です。よろしくお願いいたします。 平成31年度予算においては、いわゆる逆ざや状態というのが続いている状況でございます。 ○西和彦委員長 小林委員。 もっと読む
2019-03-01 ふじみ野市議会 平成31年   3月 定例会(第1回) 第3に、給水原価と供給単価には多少の逆ざやはありますが、経費の節約等の努力もあり、安定的な経営が維持できていると評価いたします。 このような中で、県内でも安い水道料金となっています。また、子育て世代の転入超過が続けている、ふじみ野市というのはそういった状況です。子育て世代にとって低廉で安心安全な水は、非常に魅力的です。ぜひこの点も引き続き経営努力を継続していただきたいと思います。  もっと読む
2018-12-20 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−資料 コスト削減は「水質の悪化」や「供給の停滞」といった質の低下につながり、不利益を被るのは利用者である。  海外では民営化された水道事業が再び公営化された例がありフランス・パリやドイツ・ベルリンは、民営化された事業で料金の高騰や施設管理水準の低下による水質の悪化などの問題が起きたため再公営化されている。   もっと読む
2018-12-19 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月19日−委員長報告・討論・採決−06号 平成30年度当初ではゼロ歳児及び1歳児において供給が上回っていた状況からも、3人減の影響は少ないと考える」との答弁がありました。   次に、委員から「日曜日や夜間の保育に対する市の方向性についての考えは」との質疑に対し、「日曜日保育などの多様化する保育需要については、今回の土曜日保育の利用状況や保育士の体制などを勘案し、検討していく」との答弁がありました。    もっと読む
2018-12-13 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月13日-04号 ◆6番(前川やすえ議員) お気持ちもわかりますので、まず早急に解決をしていただきたいのが、今あるエリアからはみ出てしまうほどの方があそこで喫煙されているということは現実ありますので、あそこの場所を広くするということはもう無理だと思いますので、需要と供給のバランスがうまく行くように。   もっと読む
2018-12-11 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月11日-06号 設置された全ての学校において、非常用コンセントに電源を供給する仕組みが整備されているのでしょうか。  さらに、今後太陽光発電設備が設置されていない指定避難所たる小・中学校に対しての設置の予定があるのでしょうか、確認をいたします。  続きまして、行政問題の2点目、東久留米志木線について伺います。懸案だった東久留米志木線が多くの皆様のご努力やご協力をもってようやく開通をいたしました。 もっと読む
2018-12-07 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月07日−議案質疑−05号 原発の代替となる新エネルギーへの移行、新しいエネルギー供給体制への転換を図っていくべきであると考えています。しかし、当該請願に関しては、地元自治体が慎重になっている理由を十分に考慮する必要があります。周辺6自治体が民意を慎重に確認しているさなかにおいて、具体的な対案も出さず、観念的な訴え、脱原発のかけ声だけで意見を押し切るべきではないと考えております。    もっと読む
2018-12-05 新座市議会 平成30年12月総務常任委員会−12月05日-01号 こちらも協定書のほうを別添で添付させていただいておりますけれども、去る11月23日に本市と株式会社カインズとの間で災害時における生活物資の供給協力に関する協定を締結いたしました。この協定の締結によりまして、災害時における生活物資の提供など、被災者に対する迅速な災害対応に協力していただけることとなりました。  最後に、地域防災計画(素案)に対する意見の募集についてでございます。 もっと読む
2018-12-05 白岡市議会 平成30年  第4回(12月)定例会-12月05日−一般質問−04号 現在の日本も、世界も、電力の安定供給なくしては成り立ちません。ご承知のとおり、近年地球規模の気候変動が起こり、その対策の一環として脱炭素社会化を国を挙げて目指しております。身近なところから賢い再生可能エネルギーの活用方法を考えねばなりませんし、そのための環境づくりが急務です。 もっと読む
2018-11-28 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−11月28日-01号 9階には3日間稼働する非常用発電機を設置し、市庁舎の電源とあわせ、多重化を図り、情報システム等への電源供給をより確実なものとしています。  また、食料、水、毛布等を保管する備蓄倉庫を設け、職員が3日間は活動が可能となる機能、設備としています。   もっと読む
2018-10-03 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-10月03日−委員長報告・討論・採決−06号 石綿セメント管の更新につきましては、多額な費用と期間を要するものと伺っておりますが、ぜひ水道水の安定供給のため、計画的かつ速やかな工事完了を望むものであります。   また、平成28年度から平成29年度にかけて実施しました高岩浄水場の次亜注入機更新事業につきましては、計画的な施設更新により、安全で安心な水を安定して供給するとともに、施設の充実化が図られたものであります。    もっと読む
2018-09-27 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月27日-13号 加えて、地方の急激な人口減少に伴い、50人以上の飲料水供給施設の要件に当てはまらない集落も増えており、補助要件の緩和が求められるところである。  そこで、政府におかれては、地方公共団体等とこれまで以上に連携を深めながら、国民の命を守るインフラである水道の戦略的な基盤強化に取り組むため、下記の事項に取り組むことを強く求める。            もっと読む
2018-09-26 志木市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月26日−06号 都市近郊の農業、農地は、自然環境の保全はもとより、災害等の避難場所、地下水の提供、新鮮な農産物の供給、次世代への食農教育の提供など、地域社会に多大な貢献を果たしています。しかし、農業経営における高齢化、後継者問題、遺産相続の過大な負担などにより、年々農地が減少しています。  このたびの陳情は、失われつつある貴重な農地、緑地の保全を求める内容であります。   もっと読む
2018-09-26 新座市議会 平成30年第3回定例会-09月26日-12号 新座市の安全、安心なおいしいお水を供給してくださっていることに関して、改めて感謝申し上げたい。有収率、無駄なお水をなくすためにまだまだ望める数字のようでありますので、さらに有収率についてご努力いただきたいと思います。個々の諸工事については、例えば老朽化した管の布設がえなどなど、順調に進んでいるようでありますので、いつ何どきどんな災害が、震災が来るかわかりません。 もっと読む
2018-09-26 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月26日-05号 西日本豪雨災害では、浄水場が土砂に埋もれて送水ができなくなるという問題から、水の確保の重要性が、また、このたびの北海道胆振東部地震では電力の供給の問題が改めて浮き彫りになりました。  いかに想定をしても実際の災害はどのような形で起こるかは発災してみないとわからないというのも事実で、現実であると思います。 もっと読む
2018-09-25 蕨市議会 平成30年第 4回定例会−09月25日-04号 まず災害発生時の水道水の確保につきましては、平成29年度に作成いたしました蕨市水道事業業務継続計画において、必要な水量と供給可能な水量のシミュレーションを行ってございます。   もっと読む
2018-09-21 蕨市議会 平成30年第 4回定例会-09月21日-03号 ご質問の入り口フロントと事務室のエアコンにつきましては、6台ある室外機のうちの1台が経年劣化により故障しており、メーカーの保守や部品の供給が終了しているため、部品交換等による修繕ができない状況となっております。   もっと読む
2018-09-21 小川町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 そうして、今日どういうふうになっているかというと、そうした皆さんが小川高校の生徒と一緒に太陽光パネルを手づくりをして、小川高校前の町道にLEDの光を注ぐだとか、あるいは高谷や増尾で太陽光パネルによる市民発電所を設置して、社会に再生可能エネルギーを供給するだとか、こうした先進的な事例を私どもが日常目にするようになり、例えば今学校給食においても給食センターの廃食油から再生をしたエネルギーによって学校に給食 もっと読む
2018-09-19 狭山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)−09月19日-05号 次に、災害時に使える井戸につきましては、生活雑用水の供給を目的に、市の施設である災害用給水井戸を指定避難所等8ヵ所に設置しているほか、一般住宅等にある井戸を指定防災井戸として89ヵ所指定しているところであります。また、災害時における井戸水の供給に関する協定を締結しております市内企業13ヵ所の井戸を、災害時の井戸として確保しているところであります。以上であります。 もっと読む
2018-09-18 新座市議会 平成30年第3回定例会-09月18日-08号 本市といたしましては、現在協定を締結しておりますイオンリテール株式会社、イオン新座店及び株式会社セブン―イレブン・ジャパンから災害時に乳児用のミルクなど、生活必需物資の供給を受けられることとなっており、備蓄ではなく、こちらで対応してまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。   もっと読む