5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川口市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会 埼玉県川口市議会-12月13日−05号

会議原則の第1に『発言自由の原則』が挙げられるのもそのためである」というところから始まっています。そして、「地方議会議員免責特権はないが、その趣旨や精神地方議会においても同様であって、もしも言論の自由がなくなれば、議員は、その職責を果たすことは、とうてい不可能である」としています。

蕨市議会 2018-08-27 平成30年第16回議会改革推進特別委員会-08月27日-01号

改めて調べて、これも解釈となるが紹介すると「議案については、法令等により明確に規定されていないものの、『議案不可分の原則』あるいは『議案一体の原則』が会議原則として妥当するものとされている。したがって、一つの議案は一つの委員会に付託することになる」ということであり、法に基づいた考え方として、違法性が指摘されているということになるのかと思う。

深谷市議会 2009-03-23 平成21年  3月定例会(第1回)-03月23日−06号

なお、請願第20号及び請願第21号の再審査に先立ち、再度議題とすることは一事不再議に当たるのではないかとの意見が出されましたが、本会議会議原則の一つとして一事不再議会議規則第15条に規定されているが、当委員会においては規定がない。委員会において本会議の第15条に相当する規定を設けないのは、一事不再議を厳格に適用することは委員会の性格上なじまないと考えられたことによるものであると言われている。

鳩山町議会 2006-09-15 平成18年  9月 定例会(第3回)-09月15日−06号

それから、次に、この9名の賛成者というのは、会議原則からいっても非常に疑義があるところでございます。ご存じかと思いますけれども、会議原則とはすべての会議はこのように行うべしとする法則でございまして、中でも会議原則の中で支配力、拘束力の極めて強いものとしましては、地方自治法の規定と鳩山町会議規則の規定がございます。それに従うことが義務づけられております。

  • 1