10488件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

人間の数の多い、少ないというはかりの中で決めてはいけないことでもあります。  例えば、一般的にいわゆる障害があるといわれる子どもが家族と一緒にスーパーに行きます。スーパーの場で異性の親と一緒にトイレに入りたがったりという事実があります。幾ら親が一緒に入れないんだよと教えても、それを理解するのは感覚的に難しいのです。それは原因の1つとして、ふだんから男女一緒のトイレに入っていることも考えられます。

蕨市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-03号

策定した本人が答えるべきなのに、また、その財源についても当然つくった人間が答えるべきなのに、市の執行部が答えるということは全く支離滅裂、これは問題外です。その点もう一度、この市長マニフェストは、市長本人がつくったのか、それとも市の執行部と共同でつくったものかどうか、それをもう一度確かめてください。

狭山市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月20日-05号

そうした中で、やはりスポーツ文化活動を通じて、異年齢での交流を図り、先輩方からの熱いサポート、そして、後輩たちからの一心に先輩たちに注ぐ敬意や、そして技術的な憧れですとか、そうした人間関係の構築をはかっていきながら、すばらしい自己肯定感や責任感、連帯感、学習意欲の向上を育んでいただけるようなすばらしい活動であります。

狭山市議会 2019-06-19 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月19日-04号

障害者だって人間です。人を愛する思いもあるし、性欲もあります。一緒に暮らしたいと思うこともあるだろうし、それが結婚という形になるかもしれません。障害者の子どもは障害者だという優生学を信じ込む必要はないし、例え障害者として生まれたとしても、本人が不幸だということではありません。障害者子育ても、支援があれば乗り越えられることも多いと思います。  

戸田市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-06号

私、この質問をしたときに、人間ですから、もしかしたら議場で勘違いだとか、そういうこともやっぱりあり得るので、3つ反応があるかなと思っていたんですね。一つは勘違い、一つは私の質問内容がどうもうまく御理解できない、伝わっていないということから生まれるミスコミュニケーション、それから3つ目は、聞いたことに対して論理的整合性のとれない言い方をわざとなさっている、この3つかなというふうに思っていたんです。

春日部市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-08号

児童生徒は、心身ともに成長期にあり、長い時間を過ごす学校では、学習スポーツはもとより、心豊かな人間として成長をしてほしいものです。そうした子供たちの人格形成にかかわる教師の方々は、仕事に対する使命感や誇り、子供に対する愛情や責任感を強く持ち、日々臨んでいただきたいと強く望みます。  

戸田市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会-06月17日-05号

人間関係とか病気とか、そういったところにつながっていくわけですけれども、かつて、ひきこもりの大半が、不登校経験者がひきこもりになるということでありましたけれども、今は、社会人になってから引きこもる人がふえてきているということでございます。私も最近、二、三、この問題で相談を受けました。いわゆる8050問題というふうに言われております。

新座市議会 2019-06-17 令和 元年第2回定例会−06月17日-08号

保育人間関係が多くの部分を占めますから、先ほどお話ししたように、厚生労働省の運営指針でも示しているように、やっぱり支援員が安定をして継続していることが大事、それは大前提だというふうに思うのです。そういう点で、今新座市として支援員不足は解消し、安定したというふうにお考えになっているのかということをお聞きをいたします。  2番目、研修についてということです。

新座市議会 2019-06-14 令和 元年第2回定例会−06月14日-07号

あらゆる国家は、社会は、政治は、行政は、学校は、そして人間は、その根絶に向けた不断の努力を行い続けなければなりません。  さて、正しく機能しているか、適切に運用されているかはともかくとして、18歳未満の子供には児童養護施設が、女性にはいわゆるDVシェルター存在します。加害者から心身の安全を図るとともに、その後の自立に向けた支援を行うことを目的とする施設であります。

春日部市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-07号

とあり、現在学校給食食育と大きく位置づけられ、食は、感性、知性、理性の発達を触発し、人間学び基礎であると言われています。子供たちの豊かな人間性を育むものだと思います。  2012年から無償化に踏み切っている栃木県大田原市教育委員会が発行した「学校給食費無料化の概要」の中で、「子どもたちを心身共に健康な大人に育て上げることは保護者だけではなく市民全体の責務でもあります」と書かれています。

戸田市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会-06月14日-04号

教育長を初め、教育委員会教育に携わる関係者の方々の御努力と御苦労に感謝申し上げますとともに、これからも戸田っ子たちが未来に夢と希望を持ち、たくましく生き抜いていくために、さらなる人間教育を推し進めていただきたいと思います。私は、教育の第一義は子供幸福にある、学門は自他ともに幸福にあるためにあると思っています。

春日部市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-06号

各地の河川海水野生動物にも蓄積されているため、人間の血液からも検出されております。そのため、発がん性や免疫系障害、生殖障害などが報告され、最近では高コレステロール、妊娠性高血圧、甲状腺疾患、精巣がん、腎がん、そして潰瘍性大腸炎と徐々に明確になってきております。  PFOSは2009年に国際条例禁止され、2018年4月1日以降は、全ての製品の、製造への使用禁止されております。

草加市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会-06月13日-05号

生徒たちは、部活動を通して、技術、体力はもちろん、他者を思いやる優しい心、幅広い人間性、公共性など、これからの長い人生をたくましく生き抜いていく上で、大切な多くのことを学んだことだと思います。  私も部活を通して丈夫な体や体力をつけ、自己犠牲の精神やチームの盛り上げ方、厳しい先輩とのつき合い方、意味なく怒鳴られる理不尽さなど、大人になっても役に立つすべを身につけることができました。

新座市議会 2019-06-13 令和 元年第2回定例会−06月13日-06号

それ以外の場所は先ほど市長のほうから答弁で説明があったとおりで、若干汚れが目立ったりとか薄かったりとか、実際についてはいるのですけれども、だんだん人間ってなれてきたりするものですから、ちょっと変化が欲しいなというところで、これどうしても公園に入っていくところで今丸をしていただいている3つの、三方から来る場所が非常に危険な場所で、地域の方は知っているので、ここは本当にほどよく徐行で、車も自転車も多分みんな

草加市議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会-06月12日-04号

不登校の要因は、学力不振や人間関係のほか、家庭環境発達障がいなど多様化、複合化しているとも言われております。不登校の要因が多様化、複合化し、全国的に不登校児童・生徒数がふえてきている今、不登校は深刻かつ喫緊の問題であると考えております。  今後、草加市においても不登校児童・生徒数をふやさない対応や不登校になった児童・生徒への対応がこれまで以上に求められます。  質問に移ってまいります。  

新座市議会 2019-06-09 令和 元年第2回定例会−06月09日-05号

往々にしてこれをきっかけにして人間関係が悪化するということになってしまいます。この両者の気持ちを取り持つ一つの解決策として地域猫という発想があります。つまり餌やりの人には決まったルールで餌をやり、そして排せつをさせるということを徹底してもらうように指導すること、そして不妊・去勢手術を受けさせることにより、野良猫をこれ以上増殖させないように努めることなどを実行してもらうことです。  

春日部市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会−06月06日-04号

これらの芸術家の皆様の作品でございますが、例えば市立医療センターには、人間国宝の増村紀一郎先生を初め絵画金森良泰先生、彫刻の加藤豊先生の作品が、教育センター、市民文化会館などには、金森先生、加藤先生などの作品が展示されております。  以上でございます。 ○金子進 議長  卯月武彦議員

春日部市議会 2019-06-05 令和 元年 6月定例会−06月05日-03号

今後につきましても、教職員がみずからの人間性や創造性を高め、子供に向き合う時間が確保できるよう取り組んでまいります。  以上でございます。 ○金子進 議長  松本浩一議員。 ◆10番(松本浩一議員) 具体的に、昨年度、確かに、いわゆるお盆の期間、閉庁にしたりして、それはよかったなというふうに思いました。教職員健康子供たちに向き合えるように、引き続きよろしくお願いしたいと思います。