12281件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-19 草加市議会 平成31年  2月 定例会−03月19日-08号 草加市政の基礎を支える職員体制も、次の時代を担う人材によってこそ、基礎をより強固なものとし、厳しい時代のもとでも市政を前進させる推進力になるものと確信しているところでございます。   もっと読む
2019-03-14 春日部市議会 平成31年 3月定例会−03月14日-11号 また、賛成の立場から、働き方改革の推進に向けた民間労働法制の改正を受け、国では、人事院勧告により職員の健康維持や人材確保の観点から超過勤務の縮減に取り組んでいく必要があるとして、超過勤務命令を行うことができる上限が示されたところでございます。このようなことから、今回の条例改正は、均衡の原則に基づき、国が行う措置を踏まえ、適切に対応するための必要な改正であると考えます。 もっと読む
2019-03-14 狭山市議会 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月14日-08号 このうちICTを活用した危機管理体制に関する情報システムの構築についてはある程度進み、市職員でもシステムが運用できており、人材の育成も兼ねて進んできたと感じている。情報にかかわる調達コストの最適化に関しても、職員みずから見積もりを精査できる視点が醸成されてきたと感じているとの答弁。   もっと読む
2019-03-12 川越市議会 平成31年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文 55 栗原瑞治委員 最後に、研修をしっぱなしではなくて、事業所とのマッチングをしていただいているということで、介護の業界も人材不足だと思いますので安心しました。  また、ハローワークのほうで介護の面接会とかもやっているかと思いますので、その辺との連携もしっかりとっていただいて進めていただければと思います。   もっと読む
2019-03-12 川越市議会 平成31年 産業建設常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文 190 樋口直喜委員 これは説明にも書いてあるように、東京二〇二〇オリンピックに向けてということで、ガイドができる人材を育成するというのが趣旨だと思いますので、やはり前年である二〇一九年にどれだけしっかりその体制が整えられるかというのは重要なことだと思いますので、その辺は他部とも関係があると思いますので、そちらとも一緒に御検討いただければと、それは申し上 もっと読む
2019-03-12 川越市議会 平成31年 文化教育常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文 課題につきましては、人材の確保というところが今後課題になってくるかなとは考えております。 もっと読む
2019-03-12 春日部市議会 平成31年 3月定例会−03月12日-10号 これらの外国人材の活用ということで見ると、プラスとマイナスがあるというふうに思います。プラスでは、例えば横浜市のように昨年7月、ベトナム医療系大学5校と介護人材呼び込みのために留学生の学費を市と介護施設で折半し、住宅費も一部負担して、奨学金の返戻も免除しております。しかし一方、マイナスもあると思います。 もっと読む
2019-03-12 川越市議会 平成31年 総務財政常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文 一方で、地方のほうは人材を供給しているにもかかわらず、交付税による財源措置がなかなか十分でないというところももしかしたらあるかもしれませんので。そういったところもなかなか制度としては一長一短あるのかなと思います。   もっと読む
2019-03-11 春日部市議会 平成31年 3月定例会−03月11日-09号 これらの人材を生かすとともに、教職員の業務を見直し、工夫改善を図りながら、子供たちのために教育環境を整えてまいります。  以上でございます。 ○鬼丸裕史 議長  坂巻勝則議員。 ◆4番(坂巻勝則議員) 教育委員会でも長時間労働解消に向けてスクールサポートスタッフとか、支援助手を派遣するとかおっしゃっていました。 もっと読む
2019-03-08 草加市議会 平成31年  2月 定例会-03月08日-07号 また、草加柿木フーズサイトへの進出企業の人材確保については、市内事業所の人材不足が喫緊の課題となる中、草加柿木フーズサイトへの新たな事業所の進出によりさらに3,200人規模の雇用が創出されると伺っております。   もっと読む
2019-03-08 春日部市議会 平成31年 3月定例会-03月08日-08号 また、教養試験、グループディスカッション、個別面接試験等を通しまして、この職員像にふさわしい人材を採用しているところでございます。  さらに、高度化、多様化する市民ニーズに的確に対応していくため、今年度再任用制度の見直しを行いました。 もっと読む
2019-03-07 草加市議会 平成31年  2月 定例会-03月07日-06号 ただし、この取り組みは、活動資金の不足や、活動をマネジメントする人材の不足、活動効果が明瞭でないことなどが原因で、継続的に運営していく際の課題や問題点も明らかになっております。この課題への取り組みも始まっております。  ただ、飯田市では、1999年、タウンマネジメントの手法を企画、実行し、まちづくりを行っております。 もっと読む
2019-03-07 川越市議会 平成31年第1回定例会(第15日・3月7日) 本文 アクティブシニア応援施策につきましては、平成二十八年以降に、姫路市、小田原市など生涯現役人材バンクを実施している他市の取り組み状況を確認しております。   もっと読む
2019-03-07 狭山市議会 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月07日-07号 また、生活支援コーディネーターの有効活用につきましては、コーディネーターの持つ地域の情報やネットワークは、地域包括ケアシステムの構築に向け重要な要素となることから、今後、生活支援体制の整備のみならず、地域包括ケアシステムを構築していく上でも有用な人材になり得るものと考えております。以上であります。 ○新良守克 議長 12番、加賀谷勉議員。 もっと読む
2019-03-06 春日部市議会 平成31年 3月定例会−03月06日-07号 施政方針において石川市長が述べられていましたが、昨年12月から、子供たち一人一人が未来を担う人材へと成長できるよう、春日部市では未来を育む奨学金がスタートいたしました。子供たちに夢について尋ねた調査を考察してみますと、なりたい職業は時代背景などによって異なるものの、やはり男子児童はサッカー選手、野球選手、女子児童は看護師や保育士などが人気のある職業として上位に位置しております。 もっと読む
2019-03-06 狭山市議会 平成31年  3月 定例会(第1回)−03月06日-06号 さらに、協働によるまちづくりを担う人材の育成を目的に、さやま市民大学では、これまでに延べ1,900名の修了生を輩出するとともに、修了生を中心に36の市民活動団体が新たに結成され、地域の課題を解決するための活動に積極的に取り組んでおります。   もっと読む
2019-03-06 草加市議会 平成31年  2月 定例会-03月06日-05号 交通指導員は、天候にかかわらず年間約200日にわたる立哨活動から身体的な負担を危惧される方も多くいらっしゃるため、新たな人材の確保に大変苦慮している状況でございます。このようなことからも、御提案をいただきました配置方法を含め、さまざまな手法を検討してまいりたいと考えております。  最後に、中学生に対する通学時の安全対策についてでございます。   もっと読む
2019-03-06 川越市議会 平成31年第1回定例会(第14日・3月6日) 本文 一方で市は英語観光ボランティアガイド事業も行っておられますが、シルバーガイドのスキルを共有できれば、川越の歴史文化をもっと知ってもらえるのではないかと思うのですが、公益社団法人川越市シルバー人材センターとの観光事業による連携について伺います。  川越市中心市街地活性化基本計画の目標といたしまして、回遊性の向上が挙げられております。 もっと読む
2019-03-05 狭山市議会 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月05日-05号 出入国管理及び難民認定法、いわゆる入管法の改正に対する認識につきましては、今回の法改正は、その目的として生産年齢人口の減少と都市部への集中及びこれによる地方の過疎化、さらには人手不足による企業の倒産の増加などを背景に、人材を確保することが困難な状況にある産業分野への外国人労働者の受け入れを図るため、外国人に係る新たな在留資格を設けたものであり、また、外国人労働者を受け入れる業種としては、介護業、ビルクリーニング もっと読む
2019-03-05 草加市議会 平成31年  2月 定例会-03月05日-04号 介護人材確保の取り組みをより一層進めるため、経験、技能のある職員に重点化を図りながら介護職員のさらなる処遇改善を進めるもので、具体には介護サービス事業所における勤続年数10年以上の介護福祉士について、月額平均8万円相当の処遇改善を行うものなどでございます。   もっと読む