6133件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

近年、高齢運転者による交通事故が増加しています。高齢運転者の主な交通事故の原因は、安全の不確認や前方への注意不足による発見のおくれ、相手の動静への不注意、予測不適による判断の誤り、ブレーキやアクセル操作の不適切などによる操作上の誤りが原因とされています。加齢による認知判断能力及び運動機能の低下は交通事故を引き起こす危険性を高めます。  超高齢社会に入った日本では、認知症を発症する人もふえています。

蕨市議会 2019-07-04 令和 元年第 2回定例会-07月04日-04号

高齢化が進む中で、今後も高齢者加害者となる不幸な交通事故がふえ続けていく可能性があります。  なお、この警察庁の資料によりますと、75歳以上の人口当たり事故率は、75歳未満と比べると2.4倍となっております。この数字は平成20年も平成30年もほぼ変わりはありません。  このテーマは、過去に多くの議員が取り上げてきました。

蕨市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-03号

市当局の今後についての考えはど│   │ │   │       │  うか                  │   │ │   │       │ ④高齢者交通事故加害者になる不幸な事態│   │ │   │       │  を防ぐために、敬老祝金制度を縮減してこれ│   │ │   │       │  を原資として自主返納へのインセンティブ制│   │ │   │       │  度

狭山市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月20日-05号

そして、6月4日夜には、福岡市で発生した車8台が絡む多重衝突事故では、81歳の高齢ドライバーと助手席の妻が亡くなり、35歳の歩行者の男性が骨盤骨折などの重傷、6人の軽傷を負う交通事故が発生しております。これらの運転者は、いずれも免許証の返納を考えたものの代替の交通手段がないということで、ずるずると返納が延びていったことで今回のような事故が発生したものと思われます。

狭山市議会 2019-06-18 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月18日-03号

◆16番(猪股嘉直 議員) それではですが、市内小中学生の交通事故の推移が今どのようになっているのか、その点をお願いします。 ○加賀谷勉 議長 和田学校教育部長。 ◎和田雅士 学校教育部長 お答えいたします。  市内の小中学生の交通事故件数の推移につきましては、学校管理下における救急搬送を伴う交通事故件数は、平成28年度は6件、平成29年度は6件、平成30年度はゼロ件でありました。  

川越市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第14日・6月17日) 本文

私ごとで恐縮ですが、田舎でひとり暮らしをしていた母が、昨年川越に一時的に滞在している間に交通事故に遭い、両足を骨折して入院、四カ月で退院すると同時に同居と介護が始まりました。約一年が過ぎ、現在は介護制度のもとケアマネジャーと相談しながら、通所施設の利用で何とか日々暮らしていることに感謝しております。

新座市議会 2019-06-14 令和 元年第2回定例会−06月14日-07号

滋賀県大津市交通事故について。ことし5月8日に滋賀県大津市で信号待ちの保育園児に自動車が突っ込むという痛ましい事故が起きました。市内保育園に対し、改めて散歩時の安全確認や職員の配置などを徹底すべきと考えます。新座市の対応はどのようになっていますかという質問です。  この5月8日以降も本当に痛ましい事故が起きました。私は、市の保育園が全然何もしていないということを言うつもりは全然ありません。

川越市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

交通事故死亡者ゼロをまず通学路からという取り組みや、地域でどのような課題があり、どのような対策有効か話し合うゾーン対策などがあります。今回は紹介にとどめますが、ぜひ検討して、川越でも取り入れていくことで、歩行者が車を怖いと感じる場面を減らしていきたい、そういうふうに考えています。  外国人受入環境整備交付金の申請についてです。  

春日部市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-07号

そして、その後も高齢のドライバーによる事故など、歩行者が犠牲となる交通事故が全国で多発しております。このことを踏まえまして、今回の私の一般質問では、交通安全、そしてそれにかかわる道路整備等、これをテーマに伺ってまいります。  まずは、私の地元である豊野地域交通整備に関して伺います。

戸田市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会-06月13日-03号

次に、整備順位、こちらも戸田市の中に記載されてございますそれぞれの歩行者、自転車がかかわる交通事故が発生した路線、そして、駅、道路商業施設等、人が集中する路線、そして、交通量が多い歩行者、自転車自動車道についてです。こちらは、戸田市のほうで以前ありました資料から抜粋しました、それぞれの交通量が多いと言われる路線の目安についてです。

川越市議会 2019-06-12 令和元年第3回定例会(第9日・6月12日) 本文

登下校中の事故といたしましては、交通事故や不審者の声かけなどの事案が主なものでございます。それぞれの件数について、過去三年間の状況をお答えいたします。  まず、交通事故の件数につきましては、平成二十八年度が小学校七件、中学校十一件、平成二十九年度が小学校三件、中学校六件、平成三十年度が小学校三件、中学校八件でございます。  

草加市議会 2019-06-11 令和 元年  6月 定例会-06月11日-03号

埼玉県は全国的に見ても交通事故が大変多く、その埼玉県の中でも草加市は非常に交通事故が多く、交通事故防止特別対策地域に指定されております。  先月、大津市で大変痛ましい交通事故が起きてしまいました。重傷を負った児童のお父さん、お母さんは、マスコミの取材に対し、譲り合いの心をもう一度考え直していかなければと思いますと訴えておりました。

春日部市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会−06月10日-05号

先日、滋賀県大津市で発生した、保育園児らを巻き込んだ交通事故、また千葉県市原市公園に車が突っ込み、遊んでいた園児をかばおうとした保育士が骨折をする事故が起きるなど、登下校の際の子供の命を奪う交通事故、さらには川崎市ではスクールバスを待つ小学生らが殺傷される事件も起こりました。児童生徒らを痛ましい事故からどう守るのか、市の見解をお伺いいたします。  

春日部市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会−06月06日-04号

数カ月前ですが、新川橋付近で交通事故が起きております。牛島交差点付近の整備状況を勘案しながら着手時期を検討するのではなく、交通事故防止のためにも一日も早く工事に着手していただくことを強く要望いたします。また、一部道路拡幅に応じてくれない箇所もあるようですが、時間をかけて解決していただくことをあわせて要望いたします。以上で新川橋の質問を終わります。  次に、めがね橋について伺います。