19984件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

春日部市議会 2019-07-05 令和 元年 7月 5日広報広聴委員会−07月05日-01号

続きまして、鬼丸議員「東埼玉道路と周辺開発について」と、それに合わせて私、古沢の「3年後を見据えた豊野地域交通整備を」の2名につきましては、東埼玉道路の資料写真等が限られてしまうため、あらかじめ鬼丸議員と私が選ばせていただいて、鬼丸議員の意見をまず聞いてから決めさせていただいたのですが、この2つとさせていただきますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

蕨市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

近年、高齢運転者による交通事故が増加しています。高齢運転者の主な交通事故の原因は、安全の不確認や前方への注意不足による発見のおくれ、相手の動静への不注意、予測不適による判断の誤り、ブレーキやアクセル操作の不適切などによる操作上の誤りが原因とされています。加齢による認知判断能力及び運動機能の低下は交通事故を引き起こす危険性を高めます。  超高齢社会に入った日本では、認知症を発症する人もふえています。

蕨市議会 2019-07-04 令和 元年第 2回定例会-07月04日-04号

近年、不幸にも高齢者加害者となり、運転する車が意思に反して急発進したり、とまれなかったりして、自転車や歩行者にアタックするという交通事故がふえております。毎月のように起こる悲しい事故に多くの方が心を痛めています。  警察庁の資料「平成30年における交通死亡事故の特徴等について」によりますと、75歳以上の高齢者人口10万人当たりの事故件数は、実は減っています。

蕨市議会 2019-07-03 令和 元年第 2回定例会-07月03日-03号

一方、鈴木議員は、三輪議員代表質問で検討を強く求めていたデマンド型交通について、利用者が限られ、利用者負担も大きくなること、人口密集地域での運行には向かないことなどを指摘しました。そして、三輪議員が求めている交通政策とは何かと聞きましたが、議員は、「専門家が調査し、専門的な高度な見地からよく検討してほしい」との述べるのみでした。  

草加市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会−06月20日-06号

一つ、書籍、ドラえもんはじめての英語図鑑、二つ、山崎通郡山宿椿之本陣宿帳、三つとして、ゼンリン住宅地図、四つ、ノートパソコン、五つ、駐車場代、六つ、文房具、七つ、コピー用紙、八つ、コピー代、九つ、大津市において1泊2日で行われた研修会の研修費、10項目としてその宿泊費、11項目としてその交通費、以上11項目です。自分の都合のよいように事実をねじ曲げる弁明にほかなりません。  

草加市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会−06月20日-付録

病院事業管理者 │ │  │       │4 公契約について         │ 56 │総務部長    │ │  │       │5 避難所のトイレ確保について   │ 60 │上下水道部長  │ │  │       │                  │  │副市長     │ ├──┼───────┼──────────────────┼──┼────────┤ │ 4 │ 8番    │1 交通安全対策

狭山市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月20日-05号

十分な公共交通の整備が図れていない現状で、投票に行けなかった方がたくさんおられたことと思います。公共交通の整備は市民の切実な願いに感じられます。  狭山市では65歳以上の方が現在の人口の30%を占めています。超高齢化社会に向けて、今から整備をしていかなければならないのは市民交通手段でございます。

狭山市議会 2019-06-19 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月19日-04号

具体的には、体験的に学ばせるために、警察交通安全指導員と連携した交通全教室の中で、交通安全指導員が死角や内輪差などを等身大の模型やパネルを使って説明するとともに、安全道路渡り方等の模範演技を行い、その後、児童生徒が実際に通学路を通行するとともに、模擬道路を横断することも行っております。  

川越市議会 2019-06-19 令和元年 産業建設常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

 房 夫                  参事公園整備課長 大 成 一 門          参事兼川越駅西口まちづくり推進室長 野 口 幸 範                     都市計画課長 小 林   武                     都市景観課長 福 釜 周 二                     都市整備課長 町 田   猛                     交通政策課長

川越市議会 2019-06-19 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

                    収納対策課長 犬 竹 幸 喜             【市民部】                         部長 細 田 隆 司                   副部長市民課長 久津間 則 子               参事地域づくり推進課長 宇津木 寿 子                       広聴課長 忍 田 久 夫                  防犯交通安全課長

戸田市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-06号

また、交通規制が行われる区域内の住民の方や企業を訪問し、祭り開催の周知と御協力をお願いしているところでありますが、周辺住民の方への周知や来場者駐輪場の確保、ごみのポイ捨て等の対策を検討し、開催に当たって周辺住民の方へ御迷惑をかけることのないよう準備を進めております。  次に、(6)今年度の戸田ふるさと祭りの成功を判断する指標についてお答えいたします。

川越市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第15日・6月18日) 本文

しかしながら、市議会議員一般選挙のように約八メートルの長さにもなる掲示板を設置できる場所でなければならないことや、交通等の死角にならないこと。また、恒久的に設置できる場所であることが望まれることから、設置できる場所が限られてしまい、結果的に学校等の公共施設への設置が集中してしまっているというのが実情でございます。

狭山市議会 2019-06-18 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月18日-03号

狭山市交通政策について市長にお伺いいたします。今回、私は、路線バスと茶の花号ということで、バス路線に主眼を置き質問してまいりました。ですが、公共交通バスだけではなく、電車やタクシーなどもあります。いずれにいたしましても、便利な公共交通というのはまちづくりにおいて不可欠な要素であるというふうに捉えております。狭山市の利便性の向上に向けた今後の交通政策について、市長の所信をお伺いいたします。

春日部市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-08号

議案第56号 令和元年度春日部市一般会計補正予算(第2号)、建設委員会所管分についてを議題とし、執行部の説明を省略し、質疑を求めたところ、産業基盤整備事業について、県道春日部松伏線の安全面の確保や道路の整備で何か考えていることがあれば伺いたいとの質疑に対し、平成31年3月の説明会でいただいた地域の方々からのご意見を踏まえ、今後、補正予算の中で実施する交通量調査をもとに、交差点予備設計により右折レーン

戸田市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会-06月17日-05号

一般質問におきましても、自治体クラウド、防犯交通安全対策、また、子供高齢者の見守りなど、ICTの利活用による課題解決について、幾つか提案もさせていただいております。  今回は、新たな時代に入りまして、まさに新時代の戸田市のICTによる業務の効率化、また、市民サービス向上などへ向けた業務改善について、さらなる期待を込めて、以下、質問をさせていただきます。  

新座市議会 2019-06-14 令和 元年第2回定例会−06月14日-07号

公共交通システム等検討委員会ではどのような協議をしているのでしょうかというので資料を出していただきました。この資料については、また後で質問もしたいと思います。  ご承知のように石神は公共交通会議でも資料は出ていますけれども、空白区域という最も市内では人口の多いのが石神三・四丁目の地域です、のところがたくさんの公共交通の空白区域というところにあります。

川越市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

続いて、同じく計画の中で、川越市障害者支援計画の基本目標六、住みよい福祉のまちづくりでは、道路、建物、公共交通機関等をバリアフリーの視点から改善していく必要があります。居住する全員が不便を感じることなく外出や活動を行い、障害のある人が社会の一員としての生活を可能にする環境の整備を推進しますとあります。