運営者 Bitlet 姉妹サービス
12940件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月04日-03号 今後は、認知症サポーター養成講座につきましては、もっと若い世代に多く広く周知と、あと養成のほうを行っていきたいなというふうには私ども考えておりまして、現在は栄小学校のほうで毎年認知症サポーター養成講座のほうはさせていただいているのですが、これをぜひとも中学校や小学校にもうちょっと広く進めて、認知症サポーター養成講座をやっていきたいなというふうに考えております。 もっと読む
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月厚生常任委員会−03月01日-02号 平成30年度当初予算においては、4事業を合わせて細々目18子育て世代包括支援として823万4,000円でしたが、31年度は1,340万4,000円で517万円の増額となっております。その理由としては、利用者支援(母子保健型)で子ども支援課に助産師を配置したことによる増額と、産前産後サポートのパートナー型が30年度当初180件のところ、実績により350件に増加していることによるものです。   もっと読む
2019-03-01 新座市議会 平成31年 3月総務常任委員会−03月01日-02号 この辺を職員の方へ、例えばシティプロモーションなんかでも、30歳以上、子育て世代、戸建てを持つ子育て世代を対象に呼び込むのだみたいな、そういう方針も立てておられるようなので、本当に職員の皆様に新座市に住んでいただきたいなと思います。だから、例えば企業の社員優待制度みたいな、銀行の利子補給とかいうのがありましたよね、企業なんかだと。 もっと読む
2019-02-28 新座市議会 平成31年 3月総務常任委員会-02月28日-01号 まず、個人市民税の部分なのですが、これは部長が本会議のほうでもご答弁しましたように、世代によって人口の増減があります。45歳から59歳の世代は毎年増員していまして、1,200人程度毎年増えています。一方で、25歳から44歳、いわゆる子育て世代は、毎年減っている状況になっております。 もっと読む
2018-12-20 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−06号 八潮市議会議員 郡司伶子                   賛成者 八潮市議会議員 鹿野泰司                   賛成者 八潮市議会議員 池谷 正                   賛成者 八潮市議会議員 福野未知留  八潮市議会議長 朝田和宏様      後期高齢者医療の窓口負担の引き上げに反対する意見書  財務省は10月9日開催された財務制度等審議会の分科会に示した提言で「団塊世代 もっと読む
2018-12-20 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−資料 八潮市議会議員 郡司伶子                   賛成者 八潮市議会議員 鹿野泰司                   賛成者 八潮市議会議員 池谷 正                   賛成者 八潮市議会議員 福野未知留  八潮市議会議長  朝田和宏様      後期高齢者医療の窓口負担の引き上げに反対する意見書  財務省は10月9日開催された財務制度等審議会の分科会に示した提言で「団塊世代 もっと読む
2018-12-19 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−05号 もう一方の行政サービスの向上という視点では、三菱総合研究所というのが言っていることなんですけれども、AIを活用する市民側のメリットとしては、先ほど答弁にもありましたけれども、24時間利用できるようになるという部分だったりとか、電話や窓口よりも気軽に相談できる、キーワード検索が簡単でわかりやすいということで、子育て世代とか若年層にとっては、行政と用意につながる手段の1つではないかなと考えます。   もっと読む
2018-12-18 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−12月18日-06号 我が国は今後、少子高齢化により現役世代が減っていく一方で、高齢者はふえていく。社会保険料など、現役世代の負担が年々高まりつつある中で、社会保障給付の財源のため、所得税や法人税の引き上げを行えば、一層現役世代に負担が集中すると思われる。   もっと読む
2018-12-18 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号 ②世帯で健康管理に取り組めるように、若い世代に「スマホdeドック」導入の考えについて。  質問事項2、危険ブロック塀の撤去・改修補助制度について。  質問要旨1、2018年6月18日、大阪府北部地震が発生し、小学生の女の子がブロック塀の下敷きになり、とうとい命が奪われました。本日はちょうどこの日から半年となります。 もっと読む
2018-12-17 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月17日-09号 今後も子育て世代支援としての保育園、待機児童対策などのための事業充実をお願いいたします。衛生費では、市営墓園の公衆トイレの段差解消等のバリアフリー化を図る改築工事に対して高く評価をいたします。 もっと読む
2018-12-17 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−03号 また、健康に配慮した食の提供や、親子ふれあい広場やスポーツ・レクリエーション広場での家族で健康の大切さに触れる機会などを通して、改めて幅広い世代に健康について考えていただくことができたものと感じております。  次に、質問要旨1の②埼玉県コバトン健康マイレージの成果についてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-14 蕨市議会 平成30年第 5回定例会−12月14日-05号 以前から一般質問でも取り上げていますが、子育て世代包括支援センターでは、地域のつながりの希薄化等により妊産婦等の孤立感や負担感が高まっている中、妊娠期から子育て期までの支援を切れ目なく提供するために相談支援等を行うとしています。蕨市ではその整備に向けて検討が始められていります。   もっと読む
2018-12-13 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月13日-04号 教育委員会といたしましては、これらの課題に対し、各地区において開催している支部体育祭や球技大会を初め、トップアスリートの指導によるスポーツ体験教室など、多世代がスポーツに親しむきっかけづくりとなる事業を進めるとともに、現在、保健センターなどで行われている事業の状況等も把握しながら、関係部署と連携し、スポーツを通じた健康増進を図ってまいりたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-12 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月12日-07号 まず初めに、子育て問題の1、子育て世代包括支援事業についてお聞きをいたします。   (1)として、現在の状況についてお聞きをいたします。6月1日より利用支援事業の基本型1か所がスタートいたしました。現状について、また課題についてお聞かせいただきたいと思います。  基本型は、利用者支援と地域連携の2つの柱で構成されております。 もっと読む
2018-12-12 蕨市議会 平成30年第 5回定例会-12月12日-03号 だから、古い今までの歌はきちんと残しておいて、未来志向の形で、やはり今後蕨市がどういう方向で頑張っていくのか、未来志向の観点で新しい歌詞を設けて、新しい世代の方からいろんな意見を聞いて、新市歌をやはり60周年に向かって少し検討してほしいと思うんですよね。   もっと読む
2018-12-11 八潮市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−02号 その観点からも、10月から開設しております子育て世代包括支援センターの一環という形で相談室を新たに設けておりまして、母子健康手帳発行あるいは母子に関する相談などを窓口として10月から設けております。その中でも特に今回のこの件につきましては注意喚起をしていただきたいということで、担当者に情報共有を図りながら、皆さん市民の方に注意喚起をしているところでございます。   もっと読む
2018-12-11 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月11日-06号 第2次世界大戦が終結して70年以上が経過し、風化しつつある戦争体験を次の世代に引き継ぎ、戦争の悲惨さと平和のとうとさを伝えることで、平和の意識の高揚と平和な社会の発展に寄与することを目的に平成5年8月に開館。以来常設展示や企画展示、また戦時中の体験を聞く会、講演会、映画会など、さまざまな普及事業を実施しています。 もっと読む
2018-12-07 新座市議会 平成30年第4回定例会−12月07日-04号 一方で、開設後は例えば大広間で年何回か世代間交流の機会を設けて、既存の老人福祉施設としての位置づけを維持しながら、子供たちも利用できるようなソフト面の充実を図ってまいりたいと思います。高齢者の皆様と子供たちが交流できるような場をつくっていくということも考えていきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(島田久仁代議員) 7番、平野茂議員。 ◆7番(平野茂議員) ありがとうございました。   もっと読む
2018-12-06 新座市議会 平成30年第4回定例会-12月06日-03号 本市では、今年度中に策定予定であるシティプロモーション方針において、本市が抱える課題や、本市が持つ強みを明確にするとともに、定住人口に向けたメーンターゲットに首都近郊で戸建て住宅を取得しようとしている30代の子育て世代を想定し、この世代に有効な子育て、教育など、魅力となる施策について検討を進めております。 もっと読む
2018-12-05 新座市議会 平成30年12月厚生常任委員会−12月05日-01号 次に、細々目18子育て世代包括支援について、非常勤一般職員報酬について、こども支援課においても母子健康手帳の交付や相談業務を実施することに伴い、当初の見込みを上回るため増額いたしました。また、医師等謝礼金について、産前・産後サポート事業(パートナー型)の実施件数が当初の見込みを上回ったため増額いたしました。さらに、平成29年度国庫支出金の精算に伴う返還金を新たに計上いたしました。  以上です。 もっと読む